--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月23日 (日) | Edit |
金沢駅大友楼「利家御膳」です。

金沢といえば、加賀百万石の城下町。
その加賀藩の藩祖前田利家公の名を冠した駅弁です。
まだ比較的新しい駅弁で、2002年のNHK大河ドラマ
「利家とまつ」にちなんで作られたものだそうです。

利家御膳01

パッケージは大名籠をデザインしたもの。
籠を担ぐための棒にあたる部分にはお箸が入っています。(^o^ )
ちょっと見た感じでは分かりにくいんですが、2段重ねになっています。
下段がご飯、上段がおかずです。

利家御膳02


ご飯はひょうたん型に盛り付けられた白ご飯と、梅型に盛り付けられた
茶飯の2種類です。

おかずは、まずなんといっても治部煮でしょう。
金沢の郷土料理として有名ですよね。
お店でたべる治部煮と遜色ないくらいの味わいです。
ちなみに治部煮というのは小麦粉をまぶした鶏肉や鴨肉を
季節の野菜やすだれ麩と煮合わせて、小麦粉でとろみをつけた料理で、
加賀藩でも食べられていた歴史のある料理のようですよ。

おかずは他にもレンコンの肉詰揚げ、棒についたかまぼこ、うなぎの蒲焼、
イカの酢の物、玉子焼き、昆布の煮しめ、生姜が入っています。
どれもちょっと駅弁らしくないくらい丁寧な味付けでとっても美味でした。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ちなみにこの駅弁を製造している大友楼さんは加賀藩の御膳所を務めた
伝統ある料理屋さんなのだそうです。
駅弁屋としても100年の歴史があるそうなので、加賀料理としても、
駅弁としてもまさに「本物」なんですね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。