--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年04月30日 (日) | Edit |
横浜市港南区にあるラーメン屋さん「麺場 ちゃっちゃか」に行ってみました。

場所は横浜市港南区日野、横浜市営地下鉄ブルーライン「港南中央」駅から徒歩7~8分。
県道21号線、通称「鎌倉街道」に面した場所にあります。

まだ比較的新しいラーメン屋さんなんじゃないかな?
タウン誌に広告が出ていたのでそこについていたトッピング無料券を握りしめて行ってみました。

ラーメン(中)をオーダー。
(トッピング無料券で中にしました)

麺場 ちゃっちゃか

ラーメンのタイプとしては、誤解を恐れずに言えば「鶏」で作った「家系」。
もちろん豚骨醤油ではないので家系とは全然違うんですが、鶏の出汁と醤油ダレの組み合わせで、最終的な出来上がりは家系にちょっと似ているかもっていう感じです。
鶏出汁というとスッキリ淡麗系のスープをイメージしてしまいますが、ここのラーメンはかなりの濃厚まろやか系
鶏ガラじゃなく、丸鶏スープというやつでしょうかね。
とっても美味しいですよ~。
麺は中太麺。
かなりシコシコつるんな感じで、歯ごたえも十分。
こちらもスープにぴったり合ってとっても美味しいです。
具は脂身少な目のチャーシュー、ほうれん草、海苔、うずらの卵です。
トッピングでうずらの卵を選ぶと、ゴロゴロと沢山入れてくれるようですよ。

多くの家系と同様、麺のかたさ、スープの濃さ、油の量の調整が可能です。
たいていは「普通」にするんですが、ここは麺やわらか目、油少な目がいいかな~と思いました。

とても美味しかったし、サービスもいい感じなんで、通いたいな~と思います。
(ちょっと場所が分かりにくいですが、駐車場ありです)

なお、近くに「粉場 ちゃっちゃか」というお好み焼き屋さんもあり、系列店のようです。
そこではランチにから揚げが食べられるとか。
さらに別の場所で焼き鳥屋さんもやっているという話。
とことん鶏を味わい尽くす美味しいグループなんですね~。


麺場 ちゃっちゃか
横浜市港南区日野1-8-15
TEL:045-843-0777



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2017年04月25日 (火) | Edit |
新潟駅三新軒「新潟牛トン弁当」弁当です。

「牛」は牛肉。
「トン」は豚肉。
牛肉と豚肉を両方楽しめるなかなか贅沢な駅弁です。

しかも牛は「新潟和牛」、豚は「越後もち豚」だそうです。
「新潟和牛」というのは新潟県内で飼育された黒毛和牛のことで、コシヒカリの稲わらなどで飼育したもの。
特定の品種というわけではないのかな?
「越後もち豚」は、ずいぶん前になりますが、越後湯沢駅の「越後もち豚 すきすき弁当」でもご紹介しましたね。
新潟県が長年の研究の末開発、改良を重ねたブランド豚
飼育だけでなく、流通網にまで改良を重ねたという力の入れようです。

新潟牛トン弁当 01

パッケージは黒地の長方形の箱に駅弁の中身の写真と、駅弁名、牛豚それぞれの調理法、さらにはグレーの木版画調で牛と馬の絵で構成されています。
牛の方は「ごぼう煮」、豚の方は「タレカツ」だそうです。

新潟牛トン弁当 02

中身はご飯の上にメインのおかずがのった丼スタイル
ただし、ご飯の上にのっていないおかずもいくつかついてきます。
「丼+小鉢」的な構成。
ご飯は白ご飯。
米どころ新潟の駅弁だけに、当然「新潟産」とは書いてありますが、品種までは書いていません。
ご飯の上にのったメインのおかずはパッケージにも書かれていた「新潟和牛ごぼう煮」「越後もち豚タレカツ」です。
「新潟和牛ごぼう煮」はゴボウと牛肉を甘しょっぱく煮合わせて白ごまをかけたようなおかず。
「越後もち豚タレカツ」は豚肉の味噌漬けを使ったとんかつを、少し甘めのタレに浸したおかず。
なかなか手が込んでいますね~。
どちらもご飯にあうあう!
小鉢的なおかずは舞茸の煮物オクラとなめこの和え物鉄火豆
鉄火豆というのは大豆に鉄火味噌を絡めた少し甘い食べ物。
お蕎麦屋さんで一杯飲むときのアテのイメージかも。
お漬物は赤かぶの酢漬けです。
赤かぶ漬けは久しぶりに食べましたが、美味しいですよね~。
この後、また食べたくなって漬物屋さんで買ってしまいました。

思いのほか手の込んだ美味しい駅弁でした~。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

越後もちぶたしゃぶしゃぶ【送料無料】
価格:5600円(税込、送料無料) (2017/4/25時点)






にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2017年04月10日 (月) | Edit |
日帰りではありましたが、銚子市に行く機会があったので、銚子漁港でランチを食べてきました。

お店の名前は「浜めし」
銚子漁港のすぐ横にある、まさに漁港めしが楽しめるような定食屋さんです。

今回オーダーしたのは「刺身定食」のごはん大盛。

浜めし

お刺身はタコマグロイカの三種類に少しだけイクラが添えてあります。
お刺身のラインナップは地魚という感じではないんですが、やはり漁港にきたら、こういうのを食べてしまいます。
おかずは他にがんもの煮付けツナの佃煮みたいなものお漬物、そして味噌汁
煮物はしょっぱ目。お漬物はややあっさり目。
ご飯はお代わりは100円だったので、大盛も+100円かな~と思っていたら、追加料金無しでした。
ラッキー!(ちゃんとお店の人に確認したんで、課金忘れではないはずです)
お腹いっぱいになりました~。

このお店の面白いところは、「朝定食」
壁に貼られたメニューによると焼き魚、おしんこ、小鉢、生卵にご飯と味噌汁。
これで500円!
焼き魚はなんでしょうかね~。
このあたりだとやっぱりイワシでしょうか?
いかにも漁港めしという感じでいいですよね~。
朝から元気が出そうです。

海鮮丼系は観光客向けなのか、ややお値段高めですが、フライもの系の定食などリーズナブルなものもそろっています。
僕が訪れた時にも、市場で働く人なのか、漁船の船員さんなのか、東南アジア系と思われる若者たち5~6人が定食をもりもり食べていました。
漁港で働く人たちにも重宝されているような、そんな活気のある定食屋さんでした。


浜めし
銚子市竹町1545-8
TEL:0479-25-9030



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。