--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月28日 (水) | Edit |
秋田駅関根屋「あきたこまち釜めし」です。

「あきたこまち」は秋田の有名なブランド米。
粘り気が強く、冷めても美味しいのが特徴だそうです。
ちなみに、平成28年産の品種(水稲うるち米(醸造用米、もち米を除く))の作付面積順位は、
1位 コシヒカリ」
2位 ひとめぼれ
3位 ヒノヒカリ
4位 あきたこまち
5位 ななつぼし
とのこと。
あきたこまちは人気品種なんですね。
ついでに、お米の品種名にひらがなとカタカナがあるのは、
カタカナ→国の育成品種
ひらがな→都道府県の育成品種
とのこと。
ただし1991年以降は自由化されており山形の「つや姫」のような漢字入りの名前も見かけるようになりました。

さて、話を駅弁にもどして、今回はあきたこまちの名を冠した釜めしです。

あきたこまち釜めし 01

パッケージはほぼ正方形の箱型。
全体的に黄色で、案山子と稲穂、遠くの山並みが描かれています。
収穫時期の水田を表現しているんですね。
「秋田県産あきたこまち米使用」と書かれています。
確かに「あきたこまち」は品種名なので、産地はいろいろ。
実際に全国各地(四国や九州でも)栽培されているということなんで、地産地消であるためには「秋田県産」の方が大事なんですね。

あきたこまち釜めし 02

中身は釜めしなので、当然ご飯のうえにおかずがごろごろのったタイプです。
この「おかずのゴロゴロ感」が釜めしの醍醐味!
この駅弁の場合、おかずのラインナップ的に、ゴロゴロ感はやや控えめながら、郷土色豊かで楽しいです。
真ん中にハタハタの甘露煮、それから鮭の切り身、マイタケ、ふき、玉子焼き、トンブリ入りのかまぼこなどなど。
お漬物はいぶりがっこ
秋田らしいおかずが沢山のっていて、いいですよね~。
ご飯はもちろん「あきたこまち」
残念ながら駅弁のご飯で米の品種を味わいわけるほどの舌は持っていませんが、もちもちしていて美味しかったです。







にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2016年12月23日 (金) | Edit |
1年近く前になりますが、富士吉田市吉田うどんを食べてきました。
場所は富士急 富士山駅の近くにある「えきまえ」というお店。

富士山駅について時点でお腹ペコペコだったんで、一番近いお店に入りました。

吉田うどんというのは、山梨県の伝統料理、「ほうとう」と並ぶ麺の郷土料理。
特長はなんといっても太く硬くコシがつよい麺
江戸時代から昭和の初期にかけて発達した料理で、昔、機織や養蚕で忙しい女性のために、男衆が作ったからだとか。
力任せにこねていたからこんなになっちゃったんですかね?
ちなみにこのあたりの男衆は普段は行商で稼いでいたそうです。
家にいるときはご飯を作っていたんですね。

えきまえ

肉うどん(450円)の大盛(+200円)をオーダー。
丼からはみ出さんばかりのうどんがなかなかすごいです。
主役のうどんは極太
断面が四角くなるくらい硬く、コシの強いめんです。
これは噛みごたえあり
よく噛まないとお腹にきそうなくらい。
スープは比較的優しめの田舎うどんといった感じ。
具はエノキとニンジンとお肉など。
お肉は馬肉だそうです。
馬刺し以外で馬肉を食べるのは初めてです。
煮込んであるからなのか、ホロホロしてて美味しいですね~。
馬刺しとはまた違う感じで。

がっつりと食べごたえのある、腹持ちのよさそうなうどん。
行ったのが寒い季節だったので熱々のうどんが染みました~。
美味しかったです。


えきまえ
富士吉田市上吉田2-3-8







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2016年12月19日 (月) | Edit |
鎌倉市大船駅前にある「観音食堂」に行ってきました。

このお店は僕の父が好きで、10年前くらいまではちょいちょい食べに行っていたお店です。
以前から人気店でしたが、いつのころからかとても混むようになって、なかなか入れなくなってしまったので、しばらくご無沙汰でした。
当時は予約は受けてなかったと記憶しています。
このお店は魚屋さんがやっている食堂とのこと。
角地にあり東に面して魚屋さん、北に面して食堂の入口があります。
中ではつながっているみたいですね。
当然、魚介系のメニューが充実しています。
お刺身はもちろん、フライ系、焼き魚系、干物系の各定食がとてもおいしいんです。
単品ももちろんあります。
お刺身はメニューに書ききれないくらいの種類があるんじゃないかな?
入口前のホワイトボードにいろいろ書いてありますが、とれも覚えきれません。
「観音」は大船駅の反対側にある大船観音からのネーミングでしょうね。
以前はとてもご高齢の女性が魚をさばいているのが印象的でした。
女将さんなのかな?
現在は100才を超えて、さすがにお店には出ていないものの、お元気とのこと。
すばらしい!

今回はランチタイムに奥様と食べに行き、予約ができそうだったので、後日僕の両親をつれて行ってきました。

観音食堂 01

僕は刺身定食(950円)
マグロ、サーモン、甘えびのお刺身と切り干し大根、お漬物、みそ汁にご飯。
写真のご飯は大盛です。
定食のお刺身なので仕方がないですが、サーモンは別のお魚にかえてもらいたいな~というのが正直な感想。
美味しくないわけではないんですが、鮭は焼いた方が好きです
5~6種類の中から2~3品選べるようだといいんですけどね~。

観音食堂 02

奥様は東丼(800円)
まぐろの中落丼といったところでしょうか?
ランチはこっちが正解かも!

後日、夕方からうちの家族と僕の両親で一杯飲みに行ってきました。
魚介メニュー中心ということは、当然居酒屋にもなりますよね~。

観音食堂 03

まず最初は、お刺身の盛り合わせ(おまかせ上5点盛だったかな?)

観音食堂 04

それから僕とムスメさんの好物、カワハギのお刺身(肝つき)。
うちのムスメさんはテレビ「ワカコ酒」でカワハギを肝醤油で食べるのを見て以来、大のカワハギ好き。
カワハギを求めて、いろいろなお店に行きましたが、ここ観音食堂は魚屋さんだけにわりといつでも食べられるみたいでありがたいです。

このあと、クジラやホヤ、カレイのお刺身、小エビのかき揚げなどなど沢山食べましたが、もう酔っぱらって写真はありません。

特別安いお店ではありませんが、豊富な魚介類が楽しめる最高の大衆食堂兼居酒屋ですよ。

また通おうと思います。


観音食堂
鎌倉市大船1-9-8
TEL:0467-45-1848




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2016年12月14日 (水) | Edit |
東京駅丸政「そば屋の天むす」です。

「丸政」さんは大正7年創業老舗駅弁屋さん
最初は中央線富士見駅構内での立売営業から始まったようです。
現在は小淵沢駅が本拠地になるのかな?

そんな老舗駅弁屋さんが東京駅で売っている駅弁を買ってみました。

ちょっと小ぶりの駅弁。
この日は急な外出で、めずらしく東北新幹線はやぶさの立席特急券。
座れないことも考えてこれを選びました。
結局すわれずデッキで食べることになったので大正解でした。

そば屋の天むす 01

そば屋の天むす 02

パッケージは赤い紙の袋。
うまく言えませんがレトロな手触りの袋です。
墨で書いたようなデザインで駅弁の名前と「の」の字を描くような模様。
この模様部分は「創業大正7年丸政そば屋の天むす」と書いてあります。
赤い袋の中には竹の皮の包みが入っています。
旅情を誘うアイテムですよね~。
何で「そば屋の」なのかというと、丸政さんは駅構内でそば屋さんを経営しているから。
駅弁が立ち食いそば・うどん屋(逆か?)というのは比較的多いですよね。
大船駅の大船軒も、沼津駅の桃中軒も、折尾駅の東筑軒も・・・どっちも旅人の強い味方です。

そば屋の天むす 03

これを開くと「おむすび」が5つがとたくあんが登場!
おむすびはコロコロ丸いタイプ。
白いご飯に何かが混ざっています。
濃い茶色の物体はキクラゲ
醤油漬けだそうです。
歯ごたえがいいアクセント。
中にはもちろん「海老天」が入っています。
美味しいですよね~、天むす。
小学生のころ友達のお母さんが名古屋出身で、作ってくれた天むすを初めて食べた時のことを思い出します。
衝撃的でしたね~。
今でこそコンビニを中心に多種多様な具のおにぎりを目にしますが、当時は梅や鮭やおかかじゃなくてもいいんだ~っていう新鮮な驚きを感じたものです。
pecopeco的に天むすは「おにぎりの具の自由」の象徴なんですよね~。

この駅弁も「おにぎりの具の自由」を謳っているような、とっても美味しい天むすでした。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2016年12月10日 (土) | Edit |
東武伊勢崎線草加駅から徒歩5分ほどの場所にあるつけ麺屋さん「麺Dining Number Nine 09」に行ってみました。

ラーメン、つけ麺、まぜそば、があるようです。
ちょっと迷ったんですが、券売機の一番左上の「濃厚つけめん」を選択。

麺Dining Number Nine 09

スープはかなりドロドロ
煮干し系の味が濃厚ながら、えぐみもなく、後味もとてもいい感じ。
バランスのよい濃厚さとでも言うのででしょうか?
これは美味しいです。

麺は太目でドロッとしたスープによく合います。

このお店で面白いのは、味の変化を自分でつくって楽しめること。
スダチを絞ってスッキリした味にしたり、チリオイルで辛みを、ビネガーで酸味を加えたり・・・

僕はそのまま最後までいただきました。
食べてるうちに味の変化のことなんで忘れてしまいました~。
まぁそれだけ美味しかったってことでしょう!

近くにあったら通いたいところですが、横浜から草加はさすがになかなか遠いですね~。


麺Dining Number Nine 09
草加市高砂2-2-6
TEL:048-922-9756



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。