2016年08月27日 (土) | Edit |
東京都千代田区にあるラーメン屋さん「麺や そめいよしの」に行ってみました。

場所はJR神田駅西口商店街を通り抜けて少しいったあたり。
神田駅から5~6分といったところです。
このあたりはラーメン激戦区ですね。

「麺や そめいよしの」は淡麗系ラーメンのお店とうことです。
今回オーダーしたのは、醤油ラーメン「特製そめいよしの」

まず、変わっているのが提供のされかた。

麺や そめいよしの 01

ラーメンと具が別々に提供されるんです。
透明度の高い醤油スープに入っているのは麺と水餃子とネギが少々。
それ以外は別のお皿に盛られています。
チャーシューメンマのり白髪ねぎ三つ葉玉子です。
これは見た目のインパクトを狙ったものなんでしょうか?
それともまずは素のラーメンのみ味わってみて!っていうメッセージでしょうか?

僕はスープを一口飲んだ後は・・・

麺や そめいよしの 02

ぜ~んぶのっけちゃいました~。
熱々のラーメンの場合はやっぱり丼に一緒に入っていて欲しいです。

スープは魚介系の味が強めながらスッキリ淡麗
スッキリした印象ながらコクのある後味・・・そんな感じでとっても美味!
麺はややウェーブのかかった細めの麺で、スッキリ系スープにぴったりでとっても美味!
チャーシューはしっかりした歯ごたえで香ばしく仕上げられており、こちらも美味!
とってもバランスのいい美味しいラーメンでした。
次は塩ラーメンに挑戦してみたいですね~。


麺や そめいよしの
東京都千代田区内神田1-18-2
TEL:03-5577-6466



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2016年08月11日 (木) | Edit |
横浜市栄区にある荒井市場食堂に行ってきました。

最近お気に入りでたまに食べに行っています。

場所はJR東海道線沿いの戸塚駅大船駅のちょうど中間あたり。
金井公園という野球場のある公園のお隣です。
戸塚駅からバスで10分+徒歩5分くらいの場所にあります。
(近隣の住宅地などへは無料循環バスがあるようです)

荒井市場というのは「荒井総合食品横浜市場」の通称。
私設市場です。
築地市場や横浜南部市場のような公設市場とは違いますが、いろいろなものが安く手に入るため、個人のお客さんはもちろん、プロの方も買いに訪れる市場のようです。
野菜や肉、魚介類はもちろんなんですが、pecopeco注目は駄菓子類。
箱単位で購入でき、また駄菓子屋さんなんかにあるくじ引きなんかも売っています。
地域のお祭りや学校の文化祭なんかでも重宝するかもしれませんねぇ。

荒井市場食堂 01

で、この荒井市場内にある食堂が「荒井市場食堂」
大きな倉庫のような建物の中に4つのお店が集まったフードコートのような造りになっています。
4つのお店の名前は、
・お寿司屋さん「市場寿司」
・お蕎麦屋さん「源太郎そば」
・定食屋さん「埼玉屋」
・定食屋さん「いちまさ」

購入方法は食券制だったり、前払いだったり、後払いだったりとお店によって異なるようです。

今回は、「埼玉屋」と「源太郎そば」を利用しました。

「埼玉屋」で注文したのは、「あじフライ定食(ご飯大盛)」「ソースかつ丼」

荒井市場食堂 02

↑これが「あじフライ定食(ご飯大盛)」。
これでなんと570円+50円=620円!
安いでしょ~。
鯵フライは中くらいのサイズのものが3尾分。
キャベツの千切り、ポテトサラダ、お漬物、味噌汁、その他選択式で小鉢がひとつ。
今回選らんだ小鉢は生卵。
大盛ご飯の終盤に玉子かけごはんに・・・というつもり。
そしてその「大盛ご飯」が素晴らしい。
潔いまでのどんぶり飯の大盛!
これはたまりませんね~。
美味しくかっ込ませていただきました~。

ちなみに、おかずはガラスのケースに作った料理が並んでいるんですが、タイミングがいいと出来立てを受け取ることができます。

荒井市場食堂 03

次に「ソースかつ丼」↑。
(「次に」といってもpecopecoの2品目ではなく、注文主はうちの奥様です)
こちらもどんぶり飯にたっぷりのとんかつとキャベツ。
そこにソースとマヨネーズをかけたがっつり系のひと品。
とんかつはやや薄目に伸ばしてあげたタイプでサクサクした歯ごたえ。
小皿に乗っているのは磯部揚げです。
ソースかつ丼はなんとなく甘く見てたんですが、とっても美味しかったです(残した分を少しもらいました)。

荒井市場食堂 04

ムスメさんは「源太郎そば」「カレーうどん」↑を注文。
そば屋のカレーらしく、出汁の効いた独特のカレーが美味!
(一口だけもらえました)

荒井市場食堂は日曜日はお休みです。
土曜日なんかはうちのような家族連れも結構いますが、やっぱり圧倒的に多いお客さんは「働く人々」
営業途中のスーツ姿のサラリーマン風、近くの工場からみんなで食べに来た人たち風、作業着姿の大男達、トラッカー、タクシー運転手、警備員さん、農家風、近くの商店のおばちゃん風・・・などなど。
皆さんがガッツリと食べている中にいると、自分ももりもり食べちゃいますね~。
ガッツリ食べてパワーをつけて、午後の仕事へ!っていう感じでしょうか。
日本経済をささえているのはこんな食堂なのかもしれませんねぇ。

「市場寿司」と「いちまさ」は改めてレポートということで。


荒井市場食堂
横浜市栄区金井町467
TEL:045-851-6661




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2016年08月07日 (日) | Edit |
横川駅おぎのや「峠の釜めし」です。

これはもう説明は不要なくらいの超有名駅弁
益子焼の土釜に入った横川駅の名物駅弁は有名ですよね。
1958年に誕生したそうなんでもう60年近い歴史があるんですね~。

横川駅は現在は信越本線の終着駅ですが、かつては軽井沢方面まで線路が伸びていたそうです。
軽井沢との間にある碓氷峠は国鉄・JRで最も急な勾配(66.7‰)があり、ここを超えるための補助機を付けたり外したりするのに列車が長時間停車したそうです。お客さんたちはその間におぎのやの釜めしを食べていたとのこと。
今ではあまりないことですが、
長時間の停車っていうのは鉄道旅の醍醐味のような、そうじゃないような・・・のんびり旅行なら楽しめそう。

横川駅だけでなく、北陸新幹線内や各地の駅でも販売されているようですが、鉄道だけでなく諏訪インターや横川インターなど、高速道路周辺でも販売されています。
諏訪インターで購入して食べたことはあるんですが、pecopeco的にはそれは駅弁とはいえません。
そこで今回は満を持して駅弁として購入しました。

峠の釜めし 01

掛紙はオレンジ色に筆で書いたような駅弁名と土釜のイラスト。
容器はもちろんあの有名な益子焼の土釜。
素朴な色合いとざらついた手触りがいいですね~。

峠の釜めし 02

釜めしなんで、おかずはもちろんゴロゴロの大きな塊がご飯の上にたくさんのっています。
鶏肉、タケノコ、ゴボウ、シイタケ、ウズラの卵、栗、アンズなどなど。
このゴロゴロ感がいいんですよね~。
お漬物は別容器に入ってついてきます。

全国の釜めし系駅弁の原型がここにある!っていう感じ。
シンプルながらさすがの美味しさでした。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村




テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2016年08月03日 (水) | Edit |
千葉県旭市飯岡漁港にある「しらす亭」に行ってきました。

旭市というのは房総半島、外房の九十九里浜の北の方から銚子の手前あたりにある街。
イワシで有名な飯岡漁港があります。
メロンの生産でも有名なのかな?
風景はこんな感じ(飯岡灯台から見下ろす)↓。

飯岡漁港

「しらす亭」海鮮が美味しい定食屋さん・・・そんな感じのお店です。
お店は県道30号線(九十九里ビーチライン)に面していて、海岸沿いの喫茶店ぽい造り。
窓が海に向かって大きくとってあり、眺めがいいです。
見えるのは津波の被害もあった漁港周辺なんで、美しいビーチというわけにはいきませんが、夏の海沿いの街はやっぱり気持ちがいいものです。
芝生の庭?やウッドデッキもいい感じ。
バーベキューができるみたいです。
映画やドラマに出てきそうな、ちょっとレトロな感じもあり、居心地いいですね~。

メニューは、お刺身の定食や丼物、魚介系のフライなどのほかに、カレーやハンバーグ、その他一品料理もいろいろ。
今回のオーダーはお店の名前にもなっているシラスを使った料理ということで、「飯岡産 生しらす丼」にしました(1100円(税別))。

しらす亭

ご飯の上にたっぷりのせられた、透明でプリップリの生シラス
「獲れてからまだ1時間たってないですよ~」ってお店の人が言ってました。
本当に新鮮なんですね~。
生シラスといえば鎌倉周辺の相模湾や沼津周辺の駿河湾のものが(横浜あたりでは)有名ですが、飯岡のあたりでも獲れるんですね。
シラスの透明度が極めて高い!
この日は早めのお昼ということで午前中に行ったのがよかったのかも。
生シラスには小ネギとノリが散らしてあり、真ん中にはキュウリにのったイクラ。
色合い的にも美しい
このほかに、シラスの天ぷら(シラスを大葉で包んで揚げたもの)、冷奴、卵黄、お漬物、味噌汁
薬味にワサビとショウガ。
僕はショウガ醤油で少し食べてから、途中で卵黄をのせてかるく崩しつついただきました。
ここまで新鮮な生シラスはなかなか食べられないっていうくらい、新鮮で美味しかったですよ~。
このお店が職場の近くだったら毎日のように通っちゃいますね~。
大満足、また行きたいな~。

しらす亭
千葉県旭市下永井487
TEL: 0479-74-3262



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村









テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ