2015年09月27日 (日) | Edit |
今回の「ちょい旅」は、横浜市の南部から鎌倉市までの歩き旅。
したがって、横浜編としては第3弾、鎌倉編として第2弾です。

横浜市港南区のJR港南台駅から徒歩15分ほど、磯子区のJR洋光台駅から徒歩20分ほどのところに円海山への入口があります。
円海山というのは山頂が海抜153.3mという、ちょっとした丘のような山。
横浜市内で2番目に高い山です。
ここから尾根づたいに、横浜市と鎌倉市の最高峰となる大平山(海抜159.4m)を経て鎌倉市内までのトレッキングコース。

地図で見るとだいたいこんな感じのルートになります(クリックすると拡大します)。

map_yokohamakamakura02.jpg

横浜市港南区、磯子区、栄区、金沢区、そして鎌倉市の境目をぬうように歩く感じです。
この尾根づたいのルートのことを「ビートルトレイル」というそうです。
なお、歴史的には製鉄業や鍛冶屋に関係する人たちが往来した道だとか・・・
したがって周辺には「鍛冶ヶ谷」や「火取沢(現在は氷取沢)」など火や鉄に関わる地名が見られるとかなんとか・・・
pecopecoはこの周辺地域の出身なので学校の郷土史的な授業で聞いたような記憶があります。
(「一説によると・・・」的なことかもしれないですけどね)

入口からしばらく、だいたいこのルートの半分弱にあたる横浜市側は、歩きやすい道が続きます。

ちょい旅 ビートルトレイル 01 ちょい旅 ビートルトレイル 03

ちょい旅 ビートルトレイル 02

子供連れや年配の方もたくさんいらっしゃいますね。
横浜側から山に入る人たちは、だいたい鎌倉方面に向かうので、入口で一緒になった人たちとは、抜きつ抜かれつしながら、終盤まで一緒だったりします。

尾根道なので、道の両側はけっこうな崖になっている場所も。
木や笹や羊歯が茂っているので見えにくいんですが、実は急斜面がすぐ横に!っていうところもたくさんあります。
道は整備されているんで、普通に歩く分には危険はないんですけどね。

また、森の奥を歩いているつもりでも、そこは横浜市内。
木々のすき間からこんな景色も・・・

ちょい旅 ビートルトレイル 04

住宅街の裏山を通ってたりします。
入口から山の中を1時間以上歩いたのに、そこは港南台駅からバスで15~20分の住宅地・・・
それもまたこのルートの面白いところなんですけどね~。

鎌倉が近づいて来るにしたがって、道がだんだん険しくなってきます。

笹の葉の回廊や・・・

ちょい旅 ビートルトレイル 05

いわゆる「切り通し」もあります。

ちょい旅 ビートルトレイル 06

のんびりとした雰囲気の横浜から、天然の要害といわれた鎌倉の地へ!
気分も高まりますね~。

しか~し、横浜から鎌倉へ入ったところでちょっと休憩。
スタート地点からだと、子ども連れの場合で大体1時間半から2時間弱くらい。
「天園」という所にたどり着きます。
ちなみに、入口からず~と、道しるべの「天園」方面を目指して歩いてきたので、ここが中間目標みたいな場所。

ここには茶店があります。
その名も「天園峠の茶屋」

ちょい旅 ビートルトレイル 07

ここにはコカコーラ社の自動販売機のほか、焼おにぎり、おでん、豚汁、とうもろこし、ところてん、生ビール、ラムネ、甘酒などが売られています。
1人につき、1品購入すれば無料で休憩可です。

ちょい旅 ビートルトレイル 09

我が家では大抵、おにぎり持参で、豚汁を購入するんですが、この豚汁がおいしいんですよね~。
やっぱりこの手の料理は大鍋で大量に作ってこそでしょう。
沁みますね~。

ここは峠だけに眺めもいいんですよ。
鎌倉の街と海を一望に見下ろすことができます。

ちょい旅 ビートルトレイル 08

さて、休憩と腹ごしらえが終わったら後半戦。
いよいよ本格的に鎌倉の山歩きです。
ちなみに、先ほどの茶店にはトイレはありません。
ちょい旅 ビートルトレイル 10
徒歩5分ほどの、ゴルフ場「鎌倉カントリークラブ」の横あたりの公衆トイレをご利用ください。
山の中にしては非常に清掃の行き届いた綺麗なトイレです。

で、このあたりまで来ると、「ビートルトレイル」は終了で、鎌倉市の「天園ハイキングコース」の中に入ったことになります。
道しるべも、こんな感じ↓。

ちょい旅 ビートルトレイル 11

峠の茶屋のあたりで、「瑞泉寺」方面と「建長寺」方面に分かれます。
どちらも鎌倉を代表するお寺ですね。
(なお、「天園ハイキングコース」は、「瑞泉寺」~「建長寺」を歩くことになります)。

「瑞泉寺」方面は距離は少し長いが、道は穏やか。
JRの駅から遠い地点に出る(鎌倉駅からバスで10数分)。
「建長寺」方面は距離は少し短いが、道は険しい。
JR北鎌倉駅の近くに出る。
そんな感じです。

今回は「建長寺」方面へ。

ちょい旅 ビートルトレイル 12 ちょい旅 ビートルトレイル 13 ちょい旅 ビートルトレイル 14

ちょい旅 ビートルトレイル 15 ちょい旅 ビートルトレイル 16 ちょい旅 ビートルトレイル 17


横浜市内に比べて、ずいんぶんとアップダウンが激しく、険しい道になります。
ロープを掴んで登るなんていう場所もあるんですよ~。

最終目的地の建長寺の敷地に入っても油断はできません。
この階段!
ちょい旅 ビートルトレイル 18

下りは怖い~・・・

ここを下っていくと建長寺の半僧坊に到着!
ちょい旅 ビートルトレイル 19

ここから先は通常の観光コースですね~。

ちょい旅 ビートルトレイル 20

ちょい旅 ビートルトレイル 21

天狗ご一党に見送られて、北鎌倉の街へ降りていきます。

(建長寺は拝観料が必要です。山から半僧坊にはいる場合、いわば裏口から入っていることになるので、出るときにちゃんと払いましょう)

ここまで、3時間半~4時間くらいですかね~。
けっこう険しい場所もありますが、老若男女誰でも楽しめるハイキングコースです。
トレッキングシューズがなければスニーカーでも大丈夫ですよ。
pecopecoは7歳のときに初めてこのコースを歩きましたし、高校生の頃は初詣の2年参りのために夜中に歩いたものです(もちろん真っ暗闇です)。
横浜市側は中高生のころ、サッカー小僧だったpecopecoのトレーニングのためのランニングコースだったりもしました。
まだトレイルランなんていう言葉は知りませんでした。懐かしいな~。
うちのムスメさんは4歳の時に歩きとおしましたし、子ども連れでも大丈夫ですよ。

気をつけるべきは、マムシとスズメバチくらい。
マムシは整備された道を歩いていれば、見かけませんけどね~。
10月~11月頃は特にスズメバチにご注意ください。
(たくさんいるわけではありませんが。)


天園峠の茶屋








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
2015年09月19日 (土) | Edit |
東京都千代田区の丸の内にあるタイ料理屋「カオタイ MY PLAZA」です。

MY PLAZAというのは「丸の内マイプラザ」のこと。
明治生命館(国指定の重要文化財)と明治安田生命ビルで構成されたオフィスと商業施設の複合施設。
地下にはいろいろな飲食店が入っていて、特にランチタイムには重宝します。

このお店も、そんなランチタイムに便利なお店。
トムヤムラーメンで有名な「ティーヌン」と同じ「(株)スパイスロード」が展開するタイ料理店のひとつです。
あまり凝った料理はなく、屋台料理的なお店です。
カウンターのみの店内席で食べることができるのはもちろんですが、うれしいのはテイクアウト
イエロー、レッド、グリーンの3種類のタイカレーとガパオライス、日替わり弁当がテイクアウトできます。
750円くらいだったかな?
プラス100円前後で大盛にしたり、目玉焼きをつけたりトッピングができます。

カオタイ ガパオライス

今回選んだのは、テイクアウトのガパオライス(大盛+目玉焼き)
容器は何の工夫も無いブラスチック製ではありますが、ごはんをぎっしり詰めてくれます。
そこにスパイシーなひき肉の炒め物。
鶏挽肉に、パプリカ、ネギ、唐辛子、ニンニク、バジルなどを加えていためたものをご飯にのっけて、さらに黄身が半熟の目玉焼きを乗っけます。
東南アジア系のエスニック料理が好きな人にはたまらない香り。
とっても美味しいですよ~。
割とニンニクの香りが強めなので、気になる方は注意が必要かな?

ただし全体としては比較的おとなしめにまとめてあるので、エスニックなれしていない方でも美味しく頂けるんじゃないでしょうか。

カレーも美味しいんですよ。
僕はグリーンカレーが好み。
辛さは抑え目です。

カオタイ MY PLAZA
千代田区丸の内2-1-1 丸の内MY PLAZA B2F
TEL:03-6212-2188








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年09月13日 (日) | Edit |
小淵沢駅丸政「春まん甲斐」です。

初秋のこの時期に春というのは全くの時期はずれですが、そこはご勘弁ください。
来春に向けて頭の片隅にでも入れておいていただければと思います。

さて、小淵沢駅というのは、山梨県北杜市小淵沢町にあるJR東日本の駅。
中央本線小梅線の乗り継ぎ駅ですね~。
小梅線というのは高原を走る鉄道といっていいのかな?
清里~野辺山間には標高1375 mJRの線路としての最高地点があります。
清里は高原の観光地として有名ですよね。
夏場は体育会系やスポーツ系のサークル、団体の合宿地や大会の会場として知られているんじゃないかな?
かくゆうpecopecoも学生時代はこの沿線でサッカーの合宿をしたものです。
周辺には牧場が多いんで乳製品が新鮮。
サッカー帰りに清里で食べたソフトクリーム・・・美味しかったな~。

で、今回ご紹介する「丸政」は大正7年創業老舗の駅弁屋さん。
こんな田舎にそんな老舗が・・・っていう気がしますが、避暑地のお客さん相手のお店だったのかな?
明治から昭和初期くらいまでは避暑地で休暇を過ごす習慣のあるお金持ちがたくさんいたんでしょうね。

春まん甲斐 01

掛紙には「甲州牛めし」「竹の子ごはん」が楽しめると書いてあります。
山なんで竹の子はとれるんでしょうが、甲州牛めしとは何か !?
しかも「甲州ワインビーフを使用」と書いてありますね・・・。
甲州ワインビーフとはなにか !?
まず、「甲州ワインビーフ」というのは後6ヶ月から1年半の間、混合飼料にワインの搾りかすを混ぜて与えて育てた牛のことだそうです。なぜその時期かというと、赤身に栄養がいきわたって美味しくなるからのようですね。
ちなみに必ずしも「和牛」というわけではないようです。
で、これを使った牛丼のことを丸政さん的に「甲州牛めし」と表現しているようです。

春まん甲斐 02

中身は至ってシンプルですね~。
甘辛く煮含められた牛丼と、あっさりとして馥郁とした香りの竹の子ごはん。
竹の子ごはんは大きな竹の子の切り身(?これは何て呼ぶの?)がのっていて歯ごたえも良くて美味しいです。
やっぱり春の香りですね~。
牛肉、竹の子以外にはお漬物くらい。
それでも飽きずに完食できました。
とっても美味しかったです!

来春、小淵沢に行ったときには是非思い出してください。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2015年09月09日 (水) | Edit |
東京都江東区東京メトロ東西線木場駅近くのインド料理屋さん「タンドールバル カマルプール」に行って来ました。

タンドールバル カマルプール 01

今回はうちのムスメさんのたっての希望です。
行きたい理由は、このお店が『孤独のグルメ season4』に出てきたから。
そしてその中で五郎さんが食べていた「チーズクルチャ」を食べてみたいから、だそうです。

食いしん坊のpecopecoとその血を受け継ぐムスメさんなので『孤独のグルメ』が大好きです。
僕としては『孤独のグルメ』という作品のメッセージは「身近なお店を見直そう」っていうところにあると思うんですよね~。
「有名店じゃなくても美味しいお店はある、自分の足と舌で探してごらん・・・」的な感じでしょうか?
なので、番組で取り上げられたお店にわざわざ行くことはあまり気乗りがしなかったんですが、今回はムスメさんの熱意に負けて行ってみました。

休日の12:00過ぎくらいに着くと、お店はほぼ満席。
我々は幸い待たずに入れましたが、人気店なのがよくわかります。
(ちなみに昼は予約不可、夜は予約をしたほうが無難なようです)

タンドールバル カマルプール 02

オーダーは「カマルランチ」750円。
日替わりカレー1種と、ナン・ライス・サラダつき。
カレー3種類あって、材料だけでなく、辛さも異なるようです(甘口、中辛、辛口って説明されたと記憶しています)。
+200円でナンをチーズクルチャに変更。
+100円で追加ナン。
無料でライス大盛。
これにランチドリンクが+200円、グラスビールなら+300円。
なかなかお得感のあるランチセットですよね。

タンドールバル カマルプール 04

それから単品で、ラムミントカレーもオーダーしました。
(気乗りしないといいながら五郎さんのチョイスをまねしてしまいました・・・)

結論から言えば、極めて美味です。
カレーの味はそれぞれ僕ではちょっと表現できないような複雑な美味しさ
これまで食べてきたインド料理とは少し違っている気がします。
なんというか、スパイスの風味が立っている・・・そんな感じでしょうか?
材料がどろどろに溶けあっているのではなく、細かい粒子の状態でそれぞれが独立を保ちながら混ざり合っている感じなんです。
それに加えてハーブの使い方が上手い!香りにも、味にも、見た目にも。

チーズクルチャはとろけるチーズを包んで焼いた丸いナンみたいな食べ物。
チーズナンだと、大抵はナンの上にチーズがのっているので、ちょっと違う食べ物な感じです。
ムスメさんは念願のチーズクルチャを食べられて大満足だった様子。
お子ちゃまにはオーダーしたカレーが少々辛かったこともあり、チーズクルチャをほぼ独り占めして食べていました。
チーズはよ~く伸びますよ~。

タンドールバル カマルプール 03

『孤独のグルメ』でも紹介されていた「ブナオイスター」「タンドーリ ベジ」をはじめ、「鴨肉のタンドール焼き」「ラム肉のクミン焼き」など、お酒にあいそうなメニューがいろいろあります。
そもそも「バル」なんで当たり前ですね。
次回は夜にお酒を飲みに行ってみたいな~と思いました。

食べ終わってお店を出るときには、頭の中にはもちろんあの曲が、♪ごろ~、ごろ~♪って回っていました。
とても美味しかったんで、今回はムスメさんにも感謝です。


タンドールバル カマルプール
江東区東陽3-20-9 鈴木ビル1階
TEL:03-5633-5966








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年09月05日 (土) | Edit |
鎌倉市大船駅の商店街にあるピザ屋さん「ピッツェリア カリメロ」に行って来ました。

ピッツェリア カリメロ 01

このお店はとても小さいお店で、小さなカウンターで立ち食い立ち飲みができるいい感じのお店。
ピザなどのテイクアウトもできます。
「テイクアウトができる」」というよりも、「イートインができる」と言ったほうがいいような規模の店舗ですが、お店でしか食べられないメニューもたくさんあるので、やっぱり基本は立ち飲み食いピザ屋さんなんでしょう。

繰り返しになりますが、本当に小さなお店ながら石窯があります。
石窯焼きのピザが食べられます。
しかも安いんです。
マルゲリータがなんと500円!
サイズもごく一般的でコストパフォーマンス高し!

で、今回はその500円のマルゲリータをテイクアウトしてみました。

ピッツェリア カリメロ 02

テイクアウト用のケースはさすがにオリジナルというわけではないようです。

ピッツェリア カリメロ 03

香ばしく焼きあがったピザは500円とは思えないクオリティ。
バジルがちょっと焦げちゃってますが・・・(^~^;)
とっても美味しかったです。

このお店はワインもおつまみ系のメニューも充実しているので、次回は是非、お店で一杯いきたいですね~。



ピッツェリア カリメロ
神奈川県鎌倉市大船1-22-32
TEL:0467-43-1235



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ