--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年05月24日 (日) | Edit |
東京都中央区日本橋にあるラーメン屋さん「京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店」です。

「日本橋」で「本店」なのに「京都銀閣寺」って・・・?
と疑問に思いましたが、京都の銀閣寺の近くの老舗ラーメン店「京都ますたに総本店」からの「のれんわけ」だそうです。
のれんわけで一人立ちしたので「日本橋店」ではなく、あくまで「本店」なんですね。

場所は日本橋の駅から徒歩1~2分。
COREDO日本橋の裏あたりです。

京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店

今回は普通のラーメンとライスをオーダー。
鶏がら出汁の醤油ラーメンときいていましたが、見た感じは「元祖ラーメン長浜家」の長浜ラーメンのようなやや茶色味がかった白っぽい色合い。
これは背脂だそうです。
凄い量ですよね~。
さぞかしギトギトなんだろうな~と思いながら飲んでみると、全然違いました。
なんだか不思議なほどさらっとしたあっさりスープ
そこに背脂の甘味が溶け込んで、とっても美味!
ギトギト感はまったくありません。
そして、スープの底のほうにはピリ辛の何かが沈んでいる感じです。
お店の説明では、「当店のスープは、上層は甘味がありマイルド、中層はサッパリ醤油味、最後にピリッと辛いアクセントがあります。レンゲを使っても美味しく召し上がれますが、レンゲを使わずに丼を持ってスープを飲みますと、よりいっそう美味しく召し上がれます。」とのこと。
つまりあっさり鶏がら醤油スープにたっぷりの背脂が浮かび、底のほうには唐辛子系のスパイスが沈んでいる状態で提供されということですね。
そんなことも知らずに、最初からレンゲでぐっとすくっちゃったよ・・・
まぜても美味しかったからいいんですけどね。
麺は細麺
スープや背脂とよく絡んで美味しいです。
やや柔らかめに茹でられていた印象ですが、もう少し固めに茹で具合のほうが好みかも。
その辺りはきいてもらえるのかもしれません。
(僕もきかれたのかもしれませんが、記憶にないです。腹ペコすぎたか・・・)
具はネギとチャーシューとメンマ。
極めてシンプルですね。
とにかくスープを飲ませたいラーメン、ということでしょうかね。
とっても美味しかったんで、京都のお店にも行ってみたくなりました。

京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店
東京都中央区日本橋1-6-7 関谷ビル1F
TEL:03-3272-8548



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年05月20日 (水) | Edit |
横浜中華街にある「王府井」というお店に行ってきました。

「王府井」「ワンフーチン」と読みます。
北京にある繁華街の名前のようです。
外国に「銀座」とか「難波」みたいな名前でたこ焼きやお好み焼きのお店を出店するようなものでしょうか?

ここは「小籠包」が有名なお店のようですが、最近の一押しは「焼き小籠包」
我々もこの「焼き小籠包」をお目当てに行ってみました。
「小籠包」は蒸料理ですよね。
「焼き小籠包」というのは正しくは「生煎包」という料理のこと。
「生煎包」は「サンチェンパオ」と読み、挽き肉などの具を小麦粉の皮で包んだ包子で、鉄板で蒸し焼きにして食べる点心の一種。
そもそも「小籠包」とは全く異なった料理ですが、見た目がちょっと似ているので通称が「焼き小籠包」になったようです。
平たい大きな鉄鍋というか深さのある鉄板のようなものにぎっしりと並べて木の蓋をして蒸し焼きにしているようでした。
焼き餃子的な焼き方ですね。

王府井 生煎包 01

と、いうことで「正宗生煎包」をオーダー。
「正宗」というの「正統の」みたいな意味のようですね。
日本でいうところの「元祖」とか「本家」みたいなもんですかね?
皮を割くとじゅわ~っと肉汁が流れ出すのは「小籠包」と一緒です。
焼いているだけに香ばしさもあってとっても美味!
以前、京鼎樓に行って依頼、すっかり小龍包にうるさくなってしまったうちのムスメさんも大満足だった様子です。

王府井 生煎包 02

もう一つ注文したのが「正宗胡椒餅」
強めに胡椒を効かせた豚挽き肉の餡にたっぷりと刻みネギを加え、薄いパンのような皮で外はパリパリに、中はもちもちに焼き上げた食べ物。
これも美味しいですよ~。
名前のとおり胡椒の効いたスパイシーなスナックという感じ。
ビールにも合いそうですね。

お店のタイプとしては持ち帰りメインで、セルフサービスのイートインコーナーがあるようあ感じ。
1階で買って2階で食べるか、食べ歩きをするか、です。
ちょっとしたファストフード的な利用の仕方なので食事というよりおやつにいかがでしょうか?

横浜中華街 王府井
横浜市中区山下町191-24
TEL:045-641-1595







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年05月14日 (木) | Edit |
仙台駅ウェルネス伯養軒仙台支店「政宗公ゆかりの 仙臺伊達辨當」です。

札幌駅とならぶ駅弁の宝庫、仙台駅。
今回は仙台藩の藩祖伊達政宗公の名前を冠した駅弁のご紹介です。

同様に伊達政宗公の名前を冠した駅弁に以前ご紹介した、こばやしの「独眼竜 政宗辨當」がありました。
製造者は違えど、コンセプトはほぼ同様な感じですね。
ただし、こちらは「仙台開府四百周年」を記念して企画された駅弁のようです。

仙臺伊達辨當 01

掛紙には青空の下の青葉城政宗公の像、そして伊達家の家紋があしらわれています。
仙台の伊達氏は数多くの家紋を用いていたようですが、ここは代表的な「竹に雀」「竪三つ引両」「九曜」の3つと、家紋ではありませんが政宗公のトレードマークともいえる兜の三日月が描かれています。
伊達政宗の兜といえば「スターウォーズ」「ダース・ベイダー」のデザイン上のモチーフのひとつになったことで世界的にも知られていますよね。
左右非対称の三日月形の立物は本当にカッコいいです。
最近五月人形の飾り兜でもこのデザインを多く見かけますもんね。

仙臺伊達辨當 02

お弁当は竹の皮に包まれたスタイルで昔っぽさが演出されています。
おかずは鶏肉・ニンジン・レンコンの煮物、牛タン味噌焼、焼豆腐の味噌漬、卵焼、焼鮭、笹蒲鉾、蕗味噌、銀杏、長茄子漬など。
全体的に濃い目の味付けでとっても美味しいです。
やっぱり仙台なんで牛タンを使われると嬉しくなっちゃいますね。
その牛タンも焼豆腐も味噌味なのが面白です。
仙台は味噌でも有名ですからね。
そしてごはんは大き目のおにぎりが2つ。
「しそ付き味噌おにぎり」と「梅入り胡麻おんぎり」です。
駅弁的にはこっちが主役かもっていうくらいの存在感です。
味噌のほうは焼きおにぎりになってますね~。
これは本当に美味しいです。
これも味噌味ですね~。
以前ご紹介した、こばやしの「独眼竜 正宗辨當」にもやっぱり味噌のおにぎりが入っていました。
これも仙台名物なのかもしれませんね。
見た感じやや小ぶりですが、ぎゅっとにぎられたおにぎりのボリューム感がいい具合なんでおなかが膨れる駅弁ですよ。
デザートとしてずんだおはぎも入っていて、ちょっと嬉しかったりもします。
とっても美味しかったです!









にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2015年05月10日 (日) | Edit |
久しぶりに横浜市港南区にある「ラーメン大桜 上永谷店」に行ってきました。
場所は横浜市営地下鉄ブルーライン「上永谷駅」から丸山台側に出て、2~3分のところ。
僕は以前、このあたりに縁があったので、昔はちょくちょく食べていたお店です。

大桜 上永谷店

スープは豚骨、鶏がら出汁の醤油スープです。
ちょっと見た感じ、家系豚骨醤油のような感じ(特に壱六家系)ですが、味的にはちょっと違いますね~。
鶏がらスープのブレンド具合の影響なのか、この系統のラーメンスープとしては非常にまろやかな味わいが美味しいです。
チャーシュー、ほうれん草、海苔という具の組み合わせは家系と同じですね。
家系をまろやかにアレンジした派生系な印象でしょうか?
このラーメンだとやっぱりライスを一緒に注文したくなっちゃいますね~。

このお店で嬉しいのは、ベビーベッドベビーチェアを貸してくれるところ。
ベビーカーを置くスペース?もあったりしてファミリー層には使いやすいお店です。
小さいお子さんにはお土産にちょっとした玩具をくれるのもうれしいです。
我が家のムスメさんの初ラーメンもこのお店でした。
最初の頃はスープは与えませんでしたが、麺を小さい器に取り分けてあげると、喜んで食べていました。
小さい子どものラーメンデビューには純家系よりもまろやかでいいかもしれませんね~。
(濃厚スープは小さい子どもの身体にどうなのか・・・っていう気もしますが、スープを飲みすぎなければ、現代はまっ子の通過儀礼ってことでいいんじゃなでしょうか。)

ラーメン大桜は横浜市緑区の十日市場に本店があり、横浜市内のほか、川崎市、大和市、東京都町田市そして沖縄県中頭郡北中城村に店舗があるようです。
横浜周辺以外はいきなり沖縄っていうのはなんだか凄いですねぇ。

ラーメン大桜 上永谷店
横浜市港南区丸山台2‐6‐1
TEL:045‐843‐2822


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年05月05日 (火) | Edit |
福島県福島市JR福島駅の近くにあるラーメン屋さん「くをん」に行ってきました。
場所はJR福島駅西口を出て3~4分のところ。
イトーヨーカドーのそばで、大きな道路に面しています。

このお店にはラーメン、つけ麺のメニューがいろいろとあります。
その中でも「タローラーメン」のシリーズが強烈。
いわゆる二郎系なんですが、その野菜のボリュームがものすごいです。
野菜の量が普通で1.5Kg少なめでも700g・・・麺やスープは別に、です。
サイズは4つ。
「小タローちゃん(200g)」「小タロー(250g)」「中タロー(400g)」「大タロー(600g)」
「小タロー、野菜少な目」をオーダーしたお客さんの様子を見ていたんですが、下にお盆を敷いてもらい、もやしを中心とした野菜てんこ盛り、その上にニンニクがたっぷりのった丼が出てきていました。
野菜少なめでこれか~っていう感じの驚きのボリュームでしたよ。
店員さんも食券を買うところで、野菜少な目をお勧めしていまいた・・・

で、ここまで「タローラーメン」のことを書いておきながら、実は自分では食べていないんです。
ごめんなさい。
仕事中ということもあり、ニンニクの多さに恐れをなして尻尾を巻いて退散してしまいました。
(なので写真もないんです・・・)

くをん

僕がオーダーしたのは「つけめん」の並。
並でも茹で上がりの麺の量が600gもあります。
麺はうどんのような極太麺。
自家製麺のようです。
歯ごたえありすぎっていうこともなく、ほどほどのもちもち感
なかなか美味しいです。
スープはつけ麺には変わった、というかラーメン系料理のスープとしては変わった、甘辛しょっぱいスープ
なんというか・・・豚の角煮のような味・・・とでもいんでしょうか?
甘辛のベースに塩分、ショウガやネギの薬味でピリッとスパイシーさを加えた感じ。
チャーシューはコロコロしたタイプで食べ応えあり。
とっても不思議な味わいで、美味しいつけ麺でした~。

次はタローラーメンに挑戦しなければ!と思っております。

くをん
福島市太田町8-1
TEL:024-534-0818



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年05月02日 (土) | Edit |
横浜駅崎陽軒「幕の内弁当」です。

「幕の内弁当」といえば、「助六寿司」と並ぶ駅弁の定番のイメージがあります。
しかし、崎陽軒の定番といえばむしろ「シウマイ弁当」
「幕の内弁当」は脇役ですね。
崎陽軒のホームページのお弁当紹介のページでも「店舗により、取扱いのない場合がございます。」って書いてありました。
ちなみに「幕の内弁当」という名前の由来は、
・芝居の幕間(まくあい)・幕の内に観客が食べるものなので、「幕の内弁当」と呼ばれるようになったとする説
・幕の内側で役者が食べることからとする説
・幕間の時間を利用して役者が食べたことに由来するとの説
など諸説あるようですが、いずれにしてもお芝居由来のようですね。

幕の内弁当 01

掛紙は淡い色合いの黄色と桃色で描かれた和風なデザインの何か。
何かの花ですかね。
崎陽軒は掛紙にはあまり力を入れていないようなイメージがありますが、どうでしょう?
僕がデザイン的な価値をわからないだけかもしれませんが・・・

幕の内弁当 02

中身はもちろん、「白米+副菜いろいろ」な幕の内。
赤魚の照り焼き、 豚かつ、海老フライ、鶏の唐揚げ、筍煮、 人参・里芋の煮物、 シウマイ、 蒲鉾、 玉子焼き、 漬物
意外に揚げ物が多いですね。
崎陽軒名物シウマイが3つ入っているのも嬉しいところ。
シウマイ用にお醤油とカラシもついていますよ。
筍煮も美味しいんですよ~。
これもシウマイ弁当と共通ですね。
いろいろなおかずが食べられるのが幕の内弁当の楽しいところです。
ご飯は小さな俵型に成型された白ごはん。
ゴマと梅干がのっています。
これはシウマイ弁当とまったく同じです。
ややかために炊かれたご飯が美味しいんですよ~。

崎陽軒といえば、ついついシウマイ弁当を買ってしまいますが、たまには違う駅弁を買ってみるのもいいものです。
(シウマイ弁当未経験の方にはシウマイ弁当をお勧めしますが・・・)





にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。