2015年04月29日 (水) | Edit |
北の大草原 赤坂店に行ってみました。
味噌ラーメンのお店。
場所は東京メトロの赤坂、赤坂見附、溜池山王の各駅で作った三角形の真ん中あたり。
赤坂駅からが一番近いかな~。

店名でわかるように「北海道」味噌ラーメンのお店です。
メニューには普通の?味噌ラーメン系、辛味噌ラーメン系、醤油ラーメン系、つけめん系などいろいろあります。

北の大草原 赤坂店

今回はメニューの写真が最も大きい「香り味噌らぁめん」をオーダー。
とろっと濃厚な味噌スープ。
キャベツ、モヤシ、豚ひき肉などがニンニク風味で炒められているのかな?
さらにコーン、メンマ、ネギが入っています。
麺は黄色い縮れ麺。
確かに北海道っぽい味噌ラーメンですよね~。
「昔ながらの」っていう言葉がピッタリのちょっと懐かしい美味しさでした。
トッピングにはバターなんかもありましたよ。
ただ、「香り」の意味はもうひとつはっきりしませんでしが・・・
赤坂でお酒を飲んだあとに食べたら美味しいでしょうね~。

北の大草原 赤坂店
港区赤坂3-14-1 コンチネンタル赤坂Ⅳ1階
TEL:03-5575-3645



スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年04月25日 (土) | Edit |
京都府宮津市日本三景で有名な天橋立の付け根あたりにある「Cafe du Pin」に行ってきました(去年のまだ暑かった頃ですが・・・)。

「カフェ・ド・パン」と読みます。
名前のとおり、いわゆるカフェ系のお店です。
海に面して天井から床までの大きな窓になっており、天橋立の美しい風景をみながらお茶や軽食を楽しむことができます。
天橋立の松並木と赤い廻旋橋まで目の前なんですよ。

Cafe du Pin 03

天橋立の緑の松や海(運河?)の水面のゆらめきを見ながらひとやすみ。
リラックスできますね~。
「1/f ゆらぎ」っていうんでしたっけ?

Cafe du Pin 02

木の質感のある店内は和のテイストを残した洋風の作り。
ひろびろ~としています。
こんなに余裕のあるテーブルの配置は東京や横浜あたりではまずお目にかかれません。
心からゆったりできますね~。

Cafe du Pin 01

今回は窓辺の関に陣取って「宮津バーガー」をオーダーしました。
ドリンク付きで850円です。
パンは天橋立ワイナリーオリジナルのライ麦パン
サニーレタスなど野菜がたっぷり。
そしてメインとなっているのが天橋立名産のオイルサーディン
オイルサーディンというのは小イワシの頭と内臓をとり、高濃度の塩水に軽く漬けてからオイルで煮込んだもの。
缶詰なんかで売られていますよね。
このオイルサーディンは天橋立周辺のお土産屋さんに売っていますし、我が家の近所のデパ地下などでも見かけるもの。
けっこういいお値段の高級缶詰なんですよね~。
ソースはガーリックオイルをベースにした梅肉ソースマヨネーズ
紫蘇もはさまってますね。
オイルサーディンのぷりぷりした食感と瑞々しいサニーレタス、梅紫蘇ガーリックの風味・・・
絶妙のバランスでとっても美味しいです。
ボリュームはそれほどないんで、ランチというよりおやつに食べたい感じですね~。
天橋立に行かれる方はぜひ試してみてください。
お勧めです!

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ちなみに「宮津バーガー」というのは、このお店のオリジナルの名称ではなく、宮津のご当地グルメとして条件が決まっているものだそうです。
「宮津バーガー5ヶ条」
1条 食材は地元にこだわりが感じられる物
2条 お客様を満足させる「味」と共にオリジナリティあふれるトッピングにこだわる事。
3条 パンや米 クレープ生地などに必ず「挟む」事。
4条 笑顔でお客様を迎えおもてなしの心でサービスすること。
5条 提供店の連帯を大切にしお互いに食の追求に努め郷土の素材を使うこと

だいぶんザックリした条件ですねぇ・・・
オイルサーディンを使った・・・ではないんですね。

Cafe du Pin
京都府宮津市文珠468
TEL:0772-22-1313








にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年04月17日 (金) | Edit |
長崎空港長崎空港商事「桜ずし」です。

長崎空港は、長崎県にある大村湾という大きな内海に作られた世界初の海上空港
長崎市ではなく、大村市というところにあります。
長崎市まで約50分、佐世保市まで約70分といったところ。
正直なところあまり便利な空港ではないですね~。
でも長崎空港から佐世保に向かうバスや電車の車窓から眺める大村湾の風景はとても美しく、天気のいい日はほんとうに気持ちがいいものです。

この空弁は、大村市の郷土料理「大村寿司」をベースに作られたお弁当です。
「大村寿司」というのは、今から約500年程前の大村領主、大村純伊が領地を奪回したとき、喜んだ領民たちご飯の上に魚の切り身や野菜のみじん切りなどをのせた押し寿司を作って領主や将兵の食事として出したのが起源とのこと。将兵達はこれを脇差しで5cm角に切って食べたそうです。
そして、大村市の花であるオオムラザクラという国の天然記念物の桜のイメージで再構成した・・・そんな感じでしょうかね?

桜ずし 01

掛紙には桜の花の図柄がピンクと白で表現されています。
容器はサンドイッチでも入っていそうな小ぶりな紙の箱。
箱字体にも桜の図柄が描かれています。

桜ずし 02

中身はまるでチラシ寿司のように色鮮やかな押し寿司です。
酢飯にかまぼこ、かんぴょう、しいたけを混ぜこみ、その上に錦糸玉子が敷詰められています。
なかなか美しい感じでいいですね~。
桜花の塩漬けがちょこんとのせられているのもアクセントになっています。
押し寿司の一角が四角く切り取られており、ショウガが入っています。
四角く切られたようになっているのは脇差で切り分けたという故事?にちなんでいるのでしょうね。
味の方はシンプルなチラシ寿司といったところ。
特別なことはありませんが、華やかで美味しい空弁でした。
ただし、この空弁はもう10年近く前に食べたもの。
今でもあるんでしょうかね~。






にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2015年04月12日 (日) | Edit |
JR川崎駅近くのラーメン屋さん「玉 赤備」に行ってきました。
ここは前から気になっていたお店。
駅前の繁華街の中のお店なんですが、川崎駅が大きな駅なだけに、改札を出て、駅ビルから出て、巨大な地下街を通り抜けて、混雑した繁華街を通って・・・というのがちょっと億劫で、これまでは行ったことがありませんでした。
最近川崎に行く機会があったため、とうとう食べることができました。

このお店はつけ麺が美味しいという話でしたので、「つけめん」をオーダーしました。

玉 赤備

つけ汁は濃厚豚系出汁メインの味わいを感じるスープ。
結構なドロドロ感で、なんというかバターでも溶かしたかのようなマットな風味美味しいです。
巻貝系のバター炒め的な風味を感じたんですが・・・う~ん・・・そんんことはないいでしょうね?
具にはゴロゴロ感のあるチャーシューネギ海苔、そしてナルト
ナルトが入っているところがちょっと可愛らしいです。
麺は太麺
しっかりとした歯ごたえが濃厚なスープによく合いますね~。

このお店はスタッフさんがとても元気に応対してくれるところも好印象でした。
つけ麺いがいも食べてみたくなるお店です。

玉 赤備
川崎市川崎区砂子2-2-1
TEL:044-211-8178



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年04月08日 (水) | Edit |
水戸駅の駅ビル「水戸エクセル」にある「離島キッチン」に行ってみました。

「離島キッチン」は日本全国の離島の料理や食材をテーマにしたレストランというか食堂です。
現在は浅草と水戸に店舗があるようですが、水戸の方は期間限定の出店のようです。

どんなメニューがあるかというと、
愛媛県岩城島の「レモンポーク丼」
鹿児島県奄美大島の「鶏飯」
大分県保戸島「ひゅうが丼」
島根県隠岐郡海士町の「隠岐のアジフライ定食」
香川県小豆島の「小豆島のキーマカレー」
長崎県対馬の「対馬とんちゃん定食」

などなど。
ちょっとなんだかわからないものもありますが、写真といっしょに説明書もあるので、それを参考に選べます。
どれも美味しそうなんでけっこう迷いましたが、今回は「寒シマメ漬け丼」を選んでみました。

寒シマメ漬け丼

「寒シマメ漬け丼」島根県隠岐郡海士町のものだそうです。
「海士町」は「あまちょう」と読みます。
いかにも海鮮料理が美味しそうな町名ですね!
シマメとは、隠岐の方言でスルメイカのこと。
このスルメイカのお刺身肝醤油を和え、生卵をのせたどんぶり料理
そもそもは隠岐の漁師めしのようですね。
新鮮なスルメイカのコリコリとした食感に肝醤油の豊かな風味
さらに生卵(卵黄のみ)と小ネギと白ゴマをのせてざっくり混ぜてかっ込みます!
これはもうたまらなく美味しいですよ~。
他のメニューも気になりますが、またこれを食べたいな~とも思わせる美味しさでした。

離島キッチン 水戸エクセル店
水戸市宮町1丁目1−1 エクセル本館6階
TEL:0292-21-5088





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2015年04月02日 (木) | Edit |
福山駅浜吉「瀬戸内しまなみ海道 島めぐり」です。

実はこの駅弁を食べたのは2008年。
すっかり忘れていました。
写真データを整理していて発見したので、遅ればせながらご紹介します。

瀬戸内しまなみ街道 島めぐり 01

パッケージは箱型。
しまなみ海道の地図のようなイラストが描かれています。
そもそも「しまなみ海道」(「街道」ではありません)というのは、本州四国連絡道路尾道・今治ルートの愛称。
大きくて美しい橋で向島因島伯方島など瀬戸内の島々をつないでいます。
距離は59.4km
イラストの中には名産品や観光名所も描かれていて、ちょっと楽しい絵です。

瀬戸内しまなみ街道 島めぐり 02

中身は典型的な幕の内弁当
おかずは卵焼き肉団子紅白なます昆布巻かまぼこがんもどき鶏肉タコの煮物などなど。
ご飯は白ご飯ゴマ梅干
至ってシンプルというか、スタンダードですね~。
味のほうもスタンダードで安心な幕の内弁当らしい美味しさです。
迷った場合はやっぱりこのタイプっていう人も多いでしょうね~。


海賊の島 しまなみ海道ロマン紀行・宮窪

海賊の島 しまなみ海道ロマン紀行・宮窪
価格:1,543円(税込、送料別)









にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ