--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年11月29日 (土) | Edit |
最近噂のレストラン「俺の~」シリーズ。

「俺の~」は美味しいものを極めてリーズナブルに提供してくれるお店。
(ちなみに運営会社は「俺の株式会社」(^m^ )。)
そのヒミツ(のひとつ)は「立ち食い」であること。
フレンチでもイタリアンでも立ち食いのスタイルで提供し、回転率を上げて低価格を実現しているとか・・・
質を落とさず薄利多売・・・ってことですかね?
ゆったりランチを楽しみたいような時には不向きかもしれませんが、サラリーマンたちの昼休みにはありがたい存在かも。

今回おじゃましたのは有楽町駅の近くにある「俺のそば GINZA5」
「そば」なら立ち食いは違和感ないし、珍しくないし、どうなのかな~と思いながら行ってみました。
全部で70数席、椅子のある席はははじのほうに20数席くらいかな?
11:00頃に行ったんですが、既に満員で店内には行列ができていました。
行列といってもそこは立ち食いなんで、あっというまに順番がまわってきます。

俺のそば GINZA5 俺の肉そば

今回注文したのは、人気№1メニューだという「俺の肉そば」
大盛といっていいほど盛り付けれたお蕎麦の上に、茹でたお肉、大量のゴマ海苔
「俺の」と名乗るだけあってすごいボリューム感です。
蕎麦は田舎蕎麦的な太くて色黒なタイプ。
茹で加減はかなり硬めです。
そして、「つゆ」がまた変わっています。
カツオ出汁の効いたふつうの蕎麦つゆではありません。
なんと蕎麦つゆに「ラー油」を加えたもの。
そのピリ辛油っぽさ山椒の香りに最初はビックリしたものの、これがこのお店の蕎麦にとっても合うんです。
このつゆとのバランスを考えての太め、硬めの蕎麦なんでしょうね。
とっても美味しかったです。

ただし、このお店は普通のいわゆる日本蕎麦を食べたいときにはお勧めできないかも。
あくまでこのお店のスタイルのお蕎麦を食べたいならとても楽しめるお店だと思いました。

このお店はお酒も楽しめます。
メニューでしか見ていないですが、なかなか美味しそうな肴が並んでいます。
お酒もいろいろ選べていい感じ。
夕方以降は座席の予約もできるようなんで、いずれ一杯やりにいってみたいですね~。

俺のそば GINZA5
中央区銀座5丁目1番先 銀座ファイブ B1F
TEL:03-6274-6894



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年11月26日 (水) | Edit |
喜多方ラーメンを食べてきました~。
もちろん喜多方で!

喜多方ラーメンといえば、豚骨メインの出汁醤油ダレ、そして「平打ち熟成多加水麺」いう水分を多く含んだ平打ち麺が特徴だそうでう。
その歴史は大正時代末期ころまで遡るそうです。
醤油や酒などを作る蔵が多いことがラーメンを食べる文化に繋がったとか・・・いまいちピントきませんが、地元の人は朝からラーメンを食べることもあるそうです。

今回おじゃましたのは「らーめん一平」というお店。
喜多方観光の中心となる喜多方駅からは少し離れていますが、比較的大きな道路に面していて駐車場が大き目なので利用しやすい環境でした。
ちなみに喜多方市内は道が細く、駐車場のない又は少ないラーメン屋さんもたくさんありますのでお店選びの際は注意が必要です。

らーめん一平

今回はチャーシューメンを選択。
あまりチャーシュー好きではないんですが、僕の中の喜多方ラーメンのイメージはどんぶり一面のチャーシューとともにあり。
自分の心に素直になってみました。

スープは比較的透明度の高い醤油スープ。
豚骨、醤油の組み合わせながら、横浜家系とは全然違いますね~。
豚骨は「豚拳骨」という部位を使用しているそうです。
もちろん豚骨のほかに煮干や昆布系も使用しているようで、深みのあるいい出汁が出ています。
すごくコクがあるのにすっきり感も失っていない、そんな感じでとっても美味しいです。
麺はぷりぷりもちもちしていて、ちょっと独特の食感です。
縮れているところがスープに絡んで、こちらも美味しいですね~。
チャーシューはとろとろの脂が口の中でとろけるようでとっても美味
このチャーシューを煮た時の濃厚な醤油(チャーシューの出汁が出た醤油)がラーメンの醤油ダレに使われるんじゃないか・・・という噂を聞いたことがありますが、どうなんでしょう?
美味しい喜多方ラーメンを満喫できました~。


らーめん一平
喜多方市松山町村松字石田1453
TEL:0241-23-0699






にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年11月22日 (土) | Edit |
姫路駅まねき食品「豚蒲重」です。

「豚蒲」というのは豚肉の蒲焼のことですね。
蒲焼というと「うなぎ」を思い浮かべますよね。
もちろん「うなぎの蒲焼」が蒲焼の代表格なんですが、串刺しにしてタレをつけて焼いた料理のこと。
語源は魚を丸ごと串に刺して焼いた形が「蒲の穂」に似ていたからとかなんとか(諸説あるようですが)・・・
一般的には魚ですが、豚肉でもいいんですね。

豚蒲重 01

パッケージはがっつり系
エンジをベースに網の上で焼かれている美味しそうな豚肉の写真。
ジュウジュウ聞こえてきそうな写真です。

豚蒲重 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
今回は「お重」スタイルかな?
出汁の効いたご飯(見た目は白ご飯ぽいですが、味がついてます)の上にキンピラゴボウが敷かれ、豚の蒲焼がのっています。
肉厚で大きな豚肉は香ばしいタレの味!
やや硬めではありますが、なかなか美味しいです。
おかずは他に菜の花の胡麻和えポテトサラダしば漬け
とにかく豚肉!っていう感じのお弁当ですね~。
「レンジで温めてさらに美味しくお召し上がりください。」と書いてあるので、電子レンジのある環境で食べるなら、柔らかい豚肉を味わえそうですね。

ちなみにここで使われている豚の蒲焼は「ぶたかば専門店 かばくろ」のもの。
タイアップ?コラボ?ってことなんでしょうか?






にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年11月16日 (日) | Edit |
横浜駅の駅ビルのひとつ、横浜ルミネにあるエスニックなカフェ、「マンゴツリーカフェ ルミネ横浜」に行ってみました。

特に理由は無かったに等しいんですが、有給をとって平日にランチを食べに行ってきました。
子どもは学校だったんで、久々に奥様と二人でお出かけでした。
小学校が終わって子どもが帰ってくる時間は早いので、近場で・・・ということで今回のお店を選んでみました。

そもそも「マンゴツリーカフェ」というのは東京や大阪を中心に、比較的大きな駅に出店されている東南アジア系料理のお店。
ちょっとお洒落げな内装になっていて、女性のお客さんが多いお店です。
この日もランチタイム男性のお客さんは僕以外はいませんでした。

今回のオーダーは、「パッタイ」「スペシャルコンボ」

パッタイ↓
マンゴツリーカフェ横浜 01

パッタイは簡単に言えばタイ風の焼きそば
麺が米粉でできているようなので、むしろ「タイ風焼きビーフン」といった方が近いかな?
見た目にも台湾の焼きビーフンに似ている感じですよね。
ここに様々な調味料を加えて自分好みの味に整えていくんです。
とはいえ、難しいですよね~、こういうのは・・・
食べなれてないだけに、何をどれだけ入れればとどんな味になるのか、なかなかわかりません。
もちろん唐辛子系は辛く、お酢系は酸っぱくなるのはわかりますけどね~。
今回はお酢少々、ナンプラー少々、乾燥とうがらし(っていうのかな?)を多めに入れて、ピリ辛にしてみました。
しかもカフェなのに「大盛」にしてもらいました。
いや、無理を言ったんではなくて、メニューに大盛のことが書いてあるんでよ。
これがとっても美味しいんです。
ややバサバサした食感と、何か(鶏?)の出汁系がベースの風味。
そこにいろいろな具や調味料の味が加わってたまらなく美味しいです!
ビールにも合うんですよね~。

スペシャルコンボ↓
マンゴツリーカフェ横浜 02

いろいろな料理が少しずつ楽しめるのがこれ。
その日によって内容は変わるようです。
タイカレーは必ず入っているようす。
今回はカレーの他に、クイッティオナーム (タイ風汁そば)唐揚げなどなど。
タイカレーはココナッツの風味がきいてとっても美味しいです。
クイッティオナームも麺は米粉なんじゃないかと思うんですが、パッタイとはまた違ったあっさりした味わい。
美味しかったです。

居心地もいいお店なんで、また行きたいな~と思います。
今度は娘さんも連れて。
ちなみに次回食べたいものも既に決まっています。
「ムーガパオ(豚ひき肉の卵のせバジル炒めご飯)」。
バジル好きにはたまらないメニューかも!

マンゴツリーカフェ ルミネ横浜
横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜6F
TEL:045-342-7873


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年11月10日 (月) | Edit |
東京の丸の内にあるカレー専門店「ホットスプーン 丸の内店」に行ってみました。

場所は「丸の内永楽ビルディング」地下のレストラン街「iiyo!!(イーヨ!!)」内。
「iiyo!!」は丸ビル、新丸ビルと地下で繋がっていて、このあたりは東京駅前の大レストラン街です。

美味しそうなお店が立ち並ぶ中でも、ずっと気になっていたのが今回訪れた「ホットスプーン」
「牛すじ煮込みカレー」って書いてあるんですよね~。
そしてカレーのいい匂い
そりゃぁ気になりますよね~。

「ホットスプーン」はもともと五反田のお店のようです。
五反田で好評を博して丸の内に進出!っていうことなんでしょうか。

ホットスプーン 丸の内店

今回のオーダーはもちろん「牛すじ煮込みカレー」
税込み820円。
このあたりではややお安めな部類に入るのではないでしょうか?
ライスは並盛(270g)、中盛(340g)、大盛(410g)、全て同じ値段。
食いしん坊には嬉しいサービス。
逆に少なめ(200g)の場合はマイナス30円だそうです。
女性のお客さん(いわゆる丸の内OLさんたち)も多いエリアなんで少なめが少し安いというのはいいサービスなのかもしれませんね。
僕も食いしん坊ではありますが、初参戦なので今回はかわいく中盛にしておきました。
また、辛さも5段階の調整が可能。
こちらもかわいく下から2番目の辛さしておきました。

カレーの食感はサラっとしつつ、ザラっとした感じ。
上手く表現できませんが、小麦粉系のトロミは少なめで、スパイスの風味が活きていて、その上でたくさんの野菜がコトコト煮込まれトコトン煮崩れたような、そんな感じなんです。
玉ねぎやニンジンの甘味が感じられるようなカレーですね。
もちろん辛いんですが、その辛さの奥に野菜の甘味・・・とっても美味しいです。
ここに同じくホロホロに煮崩れた牛筋!
しかもちょっとした塊で入っているのでスプーンで崩しながら食べたりします。
たまらなく美味しいですよ~。

ゴロゴロの野菜やチーズが入ったカレー、インド系のチキンカレーなんかもありますよ。
ガッツリ行けて美味しくて、お勧めのお店です!

ホットスプーン 丸の内店
千代田区丸の内一丁目4番1号 丸の内永楽ビルディング iiyo!!(イーヨ!!) B1F
TEL:03-6273-4240



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年11月03日 (月) | Edit |
新潟駅新発田三新軒「えび千両ちらし」です。

この駅弁はメディアで取り上げられることも多い、有名な駅弁。
といっても伝統駅弁というわけではなく、JR東日本「大人の休日」の企画から生まれた新しい駅弁だそうです。

えび千両ちらし 01

パッケージはシックな感じ。
「大人の休日」ですからね。
あんまりキラキラ、ゴテゴテした感じにはしたくなかったんでしょうね。
墨絵のようなタッチで、「えび」「うなぎ」「いか」「こはだ」が描かれています。
この駅弁の主役達です。

えび千両ちらし 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
酢飯なので海鮮チラシスタイル・・・なんですが、フタをあけると一面の玉子焼き
その上にえびのおぼろがのっています。
駅弁名の「千両」は玉子焼きを小判に見立てが千両箱のイメージなのかな?
玉子焼きはお寿司屋さんででてくる出汁のきいた「出汁巻き玉子」
ふんわり美味しいです。
しかし!
この駅弁の本当の主役は玉子焼きの下に隠れているんです。

えび千両ちらし 03

本来は玉子と一緒に端から食べ崩していくんでしょうが、写真撮影のために玉子焼きを剥がしてみました~。
パッケージに描かれた「えび」「うなぎ」「いか」「こはだ」の登場!
「えび」・・・蒸し海老の酢通し醤油からめ
「うなぎ」・・・蒲焼きのたれ仕込み
「いか」・・・塩いかの一夜干し
「こはだ」・・・薄切り〆、わさび醤油からめ

それぞれ素材に応じて味付けがなされていて美味しいですよ~。
もちろん酢飯、玉子焼きと合わせて食べるとさらに美味しいです!
玉子焼きをのせたまま食べるのであれば、どこからどの具が出てくるかわからないところも楽しいですよね。
また食べたくなるようなとっても美味しい駅弁でした。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。