--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年09月28日 (日) | Edit |
先日盛岡に行ってきました。
せっかく来たからにはやっぱり名物を・・・ということで「盛岡じゃじゃ麺」のお店を探したところ、駅のそばでこのお店を発見したので入ってみました。

そもそも、「盛岡じゃじゃ麺」というのは満州料理の「炸醤麺(ジャージアンミエン)」を元に戦後の盛岡で発達した麺料理。
麺の上に肉味噌キュウリ、ネギ、お好みの薬味(ニンニク、ラー油など)をのせ、これを混ぜて食べるもの。
中華麺を使う本場とは異なり、盛岡では平打ちのうどんのような麺をつかうそうです。

「盛岡じゃじゃ麺とチャーハンのセット」を注文したところ、「じゃじゃ麺を食べるのは初めてですか?」と聞かれました。
味をお好みで調整するようなんですが、初心者はどうしていいかわからないので、お店お勧めの味に作ってくれるということでしたので、お任せでお願いしました。

盛岡じゃじゃ麺 HOT JaJa 01

盛岡じゃじゃ麺のイメージ通り。
平打ちのうどんキュウリ、ネギ、肉味噌がのっています。
これをよ~く混ぜて食べます。
味は味噌味が濃厚なうえ、スパイシーでとっても美味。
山椒の香りがするのはラー油からかな?
隠れた酸味やほのかなニンニクの香りも食欲をそそります。
テーブルに置かれた各種調味料(ニンニク、ラー油、お酢、生姜、じゃじゃ味噌など)でさらに味を調整して食べられますよ。
僕は生姜を少々追加投入してみました。
うどんはそれほどコシが強いタイプではないですが、やっぱりこの味噌とよくあって、とっても美味しいですよ~。

じゃじゃ麺を食べ終わったら、生卵をお皿に割りいれて溶いたら店員さんを呼びます。
「ちーたんたんお願いします~」って言うらしいんですが、僕はちょっとこっ恥ずかしかったんで「お願いしま~す」とだけ。
店員さんがここにスープを入れて「ちーたんたん」というものを作ってくれるんです。
盛岡ではじゃじゃ麺には当然セットになるものなんでしょうか?

盛岡じゃじゃ麺 HOT JaJa 02

「ちーたんたん」は「あっさり溶き玉子スープ」っていう感じのスープ。
ちょっと中華料理か韓国料理のスープっぽい感じですかね。
味はやっぱり卓上の調味料で微調整。
今回はじゃじゃ味噌を少々溶きいれてみました。
とっても美味しかったです。
これは寒い時期に食べたらあったまるでしょうね~。

じゃじゃ麺は、あたりまえのことですがお店ごとに味が違うそうなんで、機会があったら別のお店でも試してみたいものですね~。


盛岡じゃじゃ麺 HOT JaJa
盛岡市盛岡駅前通9-5 佐川ビル1F
TEL:019-606-1068



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年09月24日 (水) | Edit |
仙台駅日本レストランエンタープライズ「みやぎ石巻 大漁宝船弁当」です。

石巻といえば三陸海岸に面した漁港として名高い街。
東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた場所です。
現在も復興は道半ばというところのようですが、インフラの再生、観光施設の再開などで徐々に賑わいを取り戻しつつあるそうです。

今回はそんな石巻の海の幸がたっぷりつまった駅弁です。

みやぎ石巻 大漁宝船弁当 01

パッケージは箱型。
掛紙は大漁旗をイメージした海と旭の図柄に舟の絵が描かれています。
舟には「一般社団法人石巻元気復興センター」のみなさんと石巻観光PRキャラクター「いしぴょん」の写真。
さらに『津波の被害に遭っても、おいしいもの作りへの情熱はやみません。事業再建に挑む石巻市の中小企業が、心を込めて作った水産加工品の数々。それらを彩り豊かに盛り付けました。石巻の食文化が花開く“大漁宝船”、さあ出発です!』と書かれています。
まさに漁港石巻復興への願いのつまった駅弁なんですね~。

みやぎ石巻 大漁宝船弁当 02

お弁当は舟の形に区切られています。
舟外の部分にはお漬物と佃煮?が入っています。
ご飯は酢めし。
海鮮チラシですね。
具は鯖の酢漬、つぶ貝の煮つけ、かき焼き、アナゴ煮、いくら醤油漬、たらこ塩麹漬焼き、錦糸玉子などなど。
サイズ的には小さいお弁当ですが、「宝船」の名前のとおり、なかなか豪華に盛ってあってうれしくなっちゃいますね~。
味付けは意外にあっさりめで、とって美味しかったです!


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年09月20日 (土) | Edit |
東京都港区の新橋駅烏森口すぐそばにある「しお福」に行ってみました。

このお店は「ワンタンメン」の専門店。
ちょっと珍しいですよね。
だいたいどこの中華料理屋さんにもあるメニューですが、専門店となると初めてかも。

スープはor醤油、麺は太麺or細麺を選べます。
そして大盛無料!
さらにランチタイムは「ちびごはん」無料!
素晴らしい!

今回は初めてということもあり、店名にもなっている「塩」を選択。
そして麺は「太麺」
もちろん「大盛」です。

しお福

塩スープはあっさりしつつも、コクもあって、中華な感じの味わいでなかなか美味しいです。
日本のラーメン系の味というよりは、中華のラーメンスープの系統ですかね。
麺と具を食べるための脇役的存在・・・ていう感じかな?
いい感じの歯ごたえの太麺とよくあっていますね~。
「ぷりぷりつるん」とした食感のワンタンは比較的あっさり風味(脂っこくないという意味で)。
ちょっと不思議な味わいもあり・・・調味料なんだろう・・・ま、とにかく美味しいです。

スープ、麺、ワンタン、ネギ・・・バランスよくって美味しいワンタンメンでした~。
次回は醤油でいってみたいと思います!

しお福
港区新橋3-19-2
TEL:03-3434-2235



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年09月17日 (水) | Edit |
東京都中央区有楽町駅の近くにあるスパゲッティ屋さん(イタリア料理店ではなく)「ジャポネ」に行ってきました。

結構な有名店でお昼時などはそれなりの行列ができてたりもしますが、駅からも近いんでわりと利用するお店です。

場所は銀座インズ3の中。
「銀座インズ」とは首都高高架下の商店街。
50年以上の歴史のある商店街なんですよ。
なんとなく不思議な場所で、昭和の香りもしつつ、現代のセンスも失われていない・・・そんな感じです。
なんせ銀座で、かつ有楽町ですから・・・

今回ご紹介する「ジャポネ」古き良き昭和の香りのお店です。
店舗というより、インズの廊下の一角にカウンターを作ったような不思議なお店。

このお店のメニューはスパゲッティとカレーライスとサラダです。
スパゲッティが名物。
フライパンで炒めて仕上げる、昭和の喫茶店メニューのスパゲッティです。

僕が好きなのはこの2つ↓。
店名を頂いた醤油味の和風スパゲッティ「ジャポネ」

ジャポネ 01

日本の洋食としてのスパゲッティの代表格「ナポリタン」

ジャポネ 02

どちらもフライパンで炒めて仕上げるので(というより予め茹でてあるスパゲッティをフライパンの上で調理するんです)、ちょっと油でざらついた舌触り。
これが懐かしい感じなんですよね~。
レモンスカッシュやメロンソーダが似合う感じの・・・しかも缶詰のサクランボがのったやつ・・・
味付けは全体的に塩分強めでしょっぱめ
のどが乾く感じです。
明らかに「ジャンク」「B級グルメ」ですよね~。
使用している野菜が小松菜なのも面白いです。
一応フォークで食べるんですが、箸でもいいかな~という雰囲気。
スパゲッティですがズズ~っとすすっても許されると思いますよ。
ものすごく美味しいというわけではないんですけどね~。
でもくせになるんですよね~、こういうのが・・・
ボリューム感はかなりありますが、レギュラーサイズのほかに、ジャンボ、横綱があります。
僕はいつもジャンボを選択しています。
お値段は600~700円前後。
あの辺りにしてはお安めなので、お近くまで行った方はぜひお試しください!

ジャポネ
中央区銀座西2-2先 銀座インズ3  1階
TEL:03-3567-4749



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年09月13日 (土) | Edit |
東京駅日本レストランエンタプライズ「山形つや姫弁当」です。

「つや姫」というのは、山形ブランド米のこと。
「山形」で「つや姫」なのに山形駅ではなく東京駅(その他首都圏の主要駅)の駅弁なんです。

なんでこんなことになったかというと、『山形のブランド米「つや姫」の美味しさをアピールするため、山形デスティネーションキャンペーンに合わせ、株式会社日本レストランエンタプライズ(NRE)と山形つや姫ブランド化戦略推進本部がプロデュースし(山形つや姫ブランド化戦略推進本部WEBサイトより一部抜粋)』たため。

はやい話が、大消費地の首都圏へのお米の宣伝用駅弁ということですね。

山形つや姫弁当 01

パッケージは濃い目のピンク色のお弁当箱に掛紙がかかった形式です。
掛紙には幾何学模様。
地方の農業系をアピールする駅弁の場合は農村風景などを描くことが多いですが、この駅弁は違いますね。
実はこれが「ブランド米」である「つや姫」のマークのようです。
とにかく「米」を売りたいんですね。

山形つや姫弁当 02

ご飯は白ご飯。
お米はもちろん「つや姫」。
味でわかるわけではないですが、これで違うお米だったら最悪の偽装ですもんね。
偽装する意味もないし。
「つや姫」は「冷めても美味しい」のがコピーらしいんですが、確かに駅弁でも美味しいお米です。
とはいえ、日本のお米はたいてい冷めても美味しいんですけどね(稲作関係者の努力の賜物なんでしょうね~。ありがとう!)
おかずは、野菜ピリ辛味噌(つや姫から作った塩糀入り)、刻み梅、山形豚味噌だれ焼肉、玉子焼、鮭塩焼、茗荷酢漬、青菜漬、野菜などの煮物(芋煮風)、山形県産さくらんぼシロップ漬、山形県産ラ・フランスシロップ漬。
お米だけではなく、山形産の食材や山形の郷土料理が取り入れられていてとっても美味しいです。
ボリューム感はそれほどですが、美味しかったですよ~。

本来であれば山形駅でこそ売って欲しい駅弁ですよね~。
まぁ、大消費地東京周辺で売るからこそ実現した内容なのかもしれませんが・・・
美味しいんで残念なんですが、期間限定のようです。
2014年9月20日で終了とのこと。
ぜひ、山形駅や新庄駅で販売を継続してほしいです。




にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村




テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。