2014年08月31日 (日) | Edit |
尾道市のワッフル専門店「茶房こもん」です。

ここは有名店ですよね。
尾道に行ったときは必ず立ち寄ってます。

創業は1977年
お店の内装は全体的に「木」の雰囲気のお店で、レトロで落ち着いた印象
大林宣彦監督のいわゆる尾道三部作の中で最も古い映画「転校生」(1982年)の撮影に使われたそうですが、この雰囲気なら使いたくなるのも分かるな~って感じですよ。

このお店の看板メニューはもちろんワッフル
そしてアイスクリームも美味しいんです。

茶房こもん COMMON_01

オーダーしたのは夏季限定メニューの「ドライフルーツワッフル」
焼きたてワッフルにアイスクリームとドライフルーツがたっぷり盛りつけられていて、見た目にも涼しげで美味しそうでしょ?
ワッフルは至ってシンプル。
香ばしくていい香り。
アイスクリームはさっぱり系ですね。
ちょっとシャーベットに近い舌触りのような、そんな感じで美味しいです。

茶房こもん COMMON_02

飲み物は「手しぼりライムスカッシュ」
こちらも暑い季節にはピッタリのスッキリ爽やかな味で美味しかったですよ~。

場所は尾道観光の中心地、千光寺山ロープウェイの乗り場の近く。
殆どの観光客がお店の前を通るんでしょうね。
いい立地です。

尾道は港から山に向けて小さな路地や坂道や階段が迷路のように広がる街。
観光的にはものすごく魅力的ですが住むのは大変そうですね~。

茶房こもん COMMON_04

茶房こもん COMMON_03
↑このネコの石は確かどこかのカメラのCMに出てきましたよね。
CMをまねして撮影してみました。

茶房こもん
尾道市長江1丁目2-2
TEL:0848-37-2905



尾道三部作↓

転校生 DVD SPECIAL EDITION(DVD)

転校生 DVD SPECIAL EDITION(DVD)
価格:4,184円(税込、送料別)





さびしんぼう(DVD)

さびしんぼう(DVD)
価格:5,229円(税込、送料別)




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年08月27日 (水) | Edit |
京都市中京区にあるラーメン屋さん「山崎麺二郎」に行ってみました。
場所はJR嵯峨野線(山陰本線)「円町」駅から徒歩5分くらいのところ。
「円町」は観光的にはあまり使わない駅ですが、だいたい二条城の西側のあたり。
駅前の雰囲気は東京でいえば井の頭線や西武新宿線沿線に見られるような住宅地のような感じでし。

このラーメン屋さん、結論からいえばビックリするほど美味しかったです。

「おしながき」には、
「らーめん」
「塩らーめん」
「つけ麺」

の、3つが書かれています。
かなりシンプル。
「らーめん」は醤油ラーメンのようです。

山崎麺二郎 塩らーめん

今回は「塩らーめん」を注文してみました。
スープは魚介ベースの和風出汁といった感じのもの。
写真では光の加減から茶色味がかってみえますが、透明度は高めのスッキリしたスープです。
スッキリしていながら深いコクも感じられます。
柚子の香りと味がふわ~と口の中に広がるのも特徴。
コクもあるのにキレもある!そして華もある!そんな感じ。
華やかな味と香りを口の中でじっくり味わいたくなるようなスープ。
ほんっとうに美味しいですよ~。

麺はもちもち感のある平打ちの太麺
これがスープに合うんですよね~。
歯ごたえ、舌触り、のど越し、スープとの相性もばっちりです!
具はネギ、チャーシュー、メンマのみと、至ってシンプル。
味もあっさり目でスープの邪魔をしないようになっているのかな?

面白かったのは店主さん?の麺の湯きり。
「一振り入魂!」って感じなんです。
茹で上がった麺をザルにあげたら、やや腰を屈めてタメをつくって、入魂の一振り。
一発勝負!っていう感じ。
美味しさの秘訣なのか、演出なのかわかりませんが、ラーメンの味と店主さんの雰囲気とピッタリあってて、なんだか印象的でした。

とにかく本当においしくてビックリしました~。
京都に行ったらわざわざ食べに行くだけの価値があると思います!

山崎麺二郎
京都市中京区西ノ京北円町1-8
TEL:075-463-1662



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年08月23日 (土) | Edit |
米原駅井筒屋「琵琶湖の鮎 氷魚ごはんと一夜干し」です。

米原の名駅弁屋さん「井筒屋」さんの駅弁。
久しぶりです。
米原駅は通り過ぎはするんです。
新幹線で通過することはもちろん、青春18切符で東海道本線も毎回のように通るんですよね~。
青春18切符使用の場合は米原で電車を降りることもしばしば。
でもこの駅では時間がとれないんですよね~・・・
ましてや駅弁を買って食べる余裕はなかなかないのが現実。
(あくまでpecopecoが、という話ですよ。東海道本線から北陸に向かうひと(もちろん逆も)は駅弁を選ぶ時間があるかもしれませんね)
でも井筒屋さんの駅弁は魅力的なんですよね~。
で、今回は井筒屋さんの駅弁を食べるためだけに立ち寄りました~。
まぁ、夏休みですから。

琵琶湖の鮎 氷魚ごはんと一夜干し 01

パッケージのデザインは釣り人
鮎の駅弁なんで、鮎を釣る人なんでしょうね。
釣りには詳しくないですが(そして釣りを趣味にしたいと思っていますが)、琵琶湖周辺は鮎釣りが盛んなんでしょうかね。
水面の感じも、岸辺の感じも、帽子の感じも「釣りキチ三平」を想像してしまうのは釣りのシロートだからでしょうか?

琵琶湖の鮎 氷魚ごはんと一夜干し 02

お弁当のフタをあけると、やっぱり
小さい鮎が「ひらき」になってご飯にのっています。
駅弁の名前のとおり「一夜干し」なんでしょうね~。
鮎の干物を食べる機会はなかなかないんで二夜干されてもわかりませんが・・・σ(^。^)
この鮎がね~、美味しいんですよね~。
なんだか香ばしくて、もちろん干物的に味わいも増して・・・
ただ塩焼きで食べるより少しあっさりしてるかも。
あの薫り高い脂分は少なめですかね。
そして決してしょっぱくはないですね。
お弁当のおかずとしてはむしろ塩分控えめかも。
それだけに素材の美味しさがでるのかもしれませんね。
鮎といえば塩焼きしか食べたことがなかったんですが、干物もなかなかいいですね~。
おかずは他に、里芋の煮付け、玉子焼き、絹さや、赤いこんにゃく?、煮豆など。
ご飯の上には鮎のほかに釜揚げシラスのような白い小さな魚・・・これが氷魚?とピンク色の野菜(なんだろう?かぶ?)がのっています。
全体的に薄味あっさりな感じ。
素材の味を生かした美味しい駅弁でした~。


ちなみに「氷魚」は「ひうお」と読み、鮎の稚魚を指すことばだそうです。
って「稚魚」でとっていいんでしょうか? いいんでしょうね・・・(養殖?)
半透明で氷のようなのでこう呼ばれるそうです。
琵琶湖産が特に有名とのこと。
淡水の「しらす」ってトコロのようです?
淡水魚だと「生」っていうわけにはいかないでしょうが、釜揚げ的な食べ方以外にどんな調理法があるんでしょうかね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年08月19日 (火) | Edit |
滋賀県の近江八幡をちょい旅してきました。

近江八幡 001

近江八幡市は琵琶湖に面した自治体のひとつ。
近江八幡といえば「近江商人発祥の地」として有名な商業で栄えた街です。
見所はいろいろありますが、予算も時間も「ちょっとだけ」のちょい旅なので、「八幡堀」周辺に絞って散策してきました。

八幡堀はJR東海道本線の近江八幡駅から路線バスで12~13分程度。

「近江商人」とは鎌倉時代から見られる近江出身の商人たちのこと。
大阪、伊勢とならぶ商売人の根拠地のようです。
八幡堀周辺には、昔日の近江商人の暮らしぶりを垣間見ることができる街並が保存されています。

近江八幡 002

古い商家が軒を並べる通り。

近江八幡 003

大きな蔵もたくさんあります。

近江八幡 006

近江八幡 004 近江八幡 005

役場的な建物や洋館もありますね。
いつ頃のものなんですかね~。
僕の中では夏目漱石の「坊ちゃん」とか、司馬遼太郎の「坂の上の雲」とか、そんな時代のイメージと重なります。
ただ保存されているだけではなく、ちゃんと観光客に見せるための手入れもされている感じでいい雰囲気でした。

いよいよ八幡堀へ。

近江八幡 007

「八幡堀」とは、近江八幡市の中心部にある掘で、1585年に豊臣秀次が八幡城を築城した際に一緒に作られたものとのこと。
琵琶湖につながる運河として大いに栄えたそうです。
この八幡堀もとてもよく管理されていて本当にきれいな場所です。

近江八幡 008

近江八幡 009 近江八幡 010

八幡堀 011

江戸時代の深川のような、幕末の伏見のような・・・
お侍さんや町人さん、辰巳芸者や船頭さんたちが歩いていそうな、そんな風景だな~と思っていたら、どうやら時代劇のロケでは頻繁に使われるところのようです。
それはそうですよね~。
こんな風景を時代劇業界?の人たちが放っておくはずがありませんもんね。

さて、近江八幡の八幡堀エリアにはもう一つ有名なものがあります。
それがこちら↓。
八幡堀 012

洋菓子の有名店「クラブ・ハリエ」「近江八幡日牟禮ヴィレッジ」です。
本店的なお店なんだと思います。
「クラブ・ハリエ」というのは、有名な和菓子屋さん「たねや」の洋菓子部門。
バームクーヘンが特に有名で主要な都市のデパ地下ではよくみかけます。
僕はこのお店の「和栗のモンブラン」が大好きなんですよね~。
でもこれはシーズンものである上に、滋賀県内でしか購入できないんです・・・
昔は大阪の阪神百貨店でも買えたんですけどね~。

敷地内にお庭のあるきれいなカフェもあります。
ちょっと「借りぐらしのアリエッティ」に出てくるお庭のような素敵な庭園です。

八幡堀 013

今回は残念ながら食べて帰る時間はなかったので、お土産にプリンを購入。

八幡堀 014

全体的にさらっとした作りで暑い夏のお菓子にはピッタリな美味しさ。
ほのかな洋酒の香りもいい感じでした~。

(*^0^) =3  (*^0^) =3  (*^0^) =3  (*^0^) =3

ところで、近江商人の流れを汲む企業は現在もたくさんあるようす。
「近江商人博物館」によると、
伊藤忠商事株式会社
丸紅株式会社
株式会社髙島屋
東洋紡績株式会社
日本生命保険相互会社
株式会社 ワコール
など、錚々たる大企業が近江商人の末裔?のようです。
すごいですね~。

八幡堀









にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行
2014年08月16日 (土) | Edit |
京急品川駅高架下にある「麺達七人衆-品達」に行ってきました。

ここは有名なラーメン屋さんが7軒集められているところ。
今は各地にこういう施設がありますが、ここができた当時は新鮮な感じだった記憶があります。

京急であれJRであれ、普通に品川駅を利用する際に立ち寄るには意外に行きにくい場所ではありますが、たまに利用しています。

今回は「初代 けいすけ」に入ってみました。
「初代」とありますが、「けいすけ」には他にも「二代目」とか「五代目」とか、いろいろあるそうです。
味もタイプも全く異なるみたいですね。
当ブログでも「東京ラーメンストリート」内にある「蟹専門 けいすけ 北の章」をご紹介したことがありました。
今回の「初代 けいすけ」で注目のラーメンは「黒みそ」
黒い色をしたスープの味噌ラーメンです。

トントロ炙りチャーシュー黒極み

オーダーしたのは「トントロ炙りチャーシュー黒極み」
本当に黒いですね~。
この黒は味噌自体の色ではなくて竹炭を練り込んで出したものとのこと。
味噌そのものの味とは関係ない感じですが、なんでも塩分の味わいをまろやかにする効果があるとかないとか・・・
竹炭のせいではないんでしょうが、ちょっと不思議な味のするスープです。
なんというか、香味野菜系というか・・・表現が難しいんですが、おそらく茗荷などの香りの強い野菜がつかわれている感じです。
味噌スープの割にはさらっとしてまろやかな味わい。
なかなか美味しいですよ~。
麺は細めの縮れ麺。
北海道の味噌ラーメンに多いタイプですかね。
具は白髪ネギ、チャーシュー、のり、玉子、メンマなど。
チャーシューは「トントロ炙り」という名前のとおり、トロッとして美味しいです。
意外とあっさりな黒味噌スープには良く合う感じでした。
このお店ではラーメンと一緒に「ごはん+温玉」を注文することを、「ブルジョアセット」といいます。
ラーメンを食べおわった丼に「ごはん+温玉」を投入して雑炊で〆!
お腹いっぱいになりました~。


初代 けいすけ
東京都港区高輪3-26-20 品達内
TEL:03-3444-2316



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村




テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年08月07日 (木) | Edit |
郡山駅福豆屋「ふくしま 豚の醍醐味」です。

先日、福島県の郡山に行った際、新幹線の改札内の駅弁屋さんに美味しそうな駅弁が売られているのを発見しました。
仕事帰りにさっそく購入!

ふくしま 豚の醍醐味 01

パッケージは駅弁的にはチョット珍しいくらいの細長い長方形(棒寿司以外では・・・ですが)。
掛紙には筆で書かれたような勢いのある文字で駅弁名が書かれています。
横側には中身の写真。
五つの味が楽しめるようです。
掛紙のデザインから想像できるように「ガッツリ系」の駅弁ですね。

ふくしま 豚の醍醐味 02

フタをあけるとお弁当登場!
ご飯の上におかずがのった丼スタイル
見た目は掛紙の写真とおんなじです(あたりまえですが)。
おかずは写真左側から、
1.炙りベーコン・・・ぴりっと胡椒がきいて美味!
2.豚みそそぼろ・・・味噌の香りがとっても美味!
3.豚炙り焼・・・香ばしく焼いてあって美味!
4.豚角煮・・・程よい柔らかさでじわ~っと美味!
5.豚しぐれ・・・ショウガがきいてとっても美味!

です。
お漬物は赤カブの酢漬けです。
豚肉はいろいろな調理法があって美味しい食材ですよね~。
味付けは全体的にしっかり濃い目。
ご飯にほんとうによく合います(求む、ご飯大盛!)。

ちなみにこの駅弁で使われている豚肉は「麓山高原豚」
「はやまこうげんとん」と読みます。
JA全農福島によると、「麓山高原豚」とは、福島県内指定農家で「限定生産」された豚で、優れた種豚を活用し、.厳選された原料による専用飼料を使用して飼育されているものだそうです。
いわゆるブランド豚ですね。

頑張ってつくった美味しい豚肉をふんだんにつかった美味しい駅弁でした~。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年08月02日 (土) | Edit |
先日、川崎大師で開かれた「風鈴市」に行ってきました。
毎年7月の中旬に開催される恒例行事、川崎大師の夏の風物詩です。

風鈴市0015

川崎大師というのは、正式には「金剛山 金乗院 平間寺」というお寺です。
ご本尊が「厄除弘法大師」であることから、通称「川崎大師」と呼ばれています。
「弘法大師」というのは「達磨さん」のことですね。

場所は川崎市川崎区。
京浜急行大師線の「川崎大師」駅下車、徒歩10分弱です。
川崎大師駅前には表参道の入り口の門があるので迷うことはないと思います。

風鈴市0001

参道にはお土産屋さんや飲食店が立ち並んでいます。
おみやげ物で一番目を惹くのは「だるまさん」
「選挙」や「だるまおとし」などで有名な赤くて丸いアレです。
風鈴市0014  風鈴市0002

大小さまざまの「だるまさん」がずら~っと並んでいる様子はなかなか印象的です。

そしてもう一つ、一番耳を惹く(こんな言葉はないですが・・・)のは飴屋さんの奏でる小気味良いリズム。
「トントン トトン トン トトン」とかそんな感じのリズムを飴を切る包丁とまな板を使って奏でています。
このリズムに合わせて飴を切っていくんですね~。
風鈴市0003  風鈴市0005

参道の突き当たり、大山門をくぐると川崎大師に到着。
すぐ左手のちょうちんの辺りが風鈴市の会場です。

風鈴市0006

ここには本当にたくさんの風鈴が集まっていて、それぞれに涼しげな音を奏でています。
全国47の都道府県から約900種類、30,000個が集まっているそうです。
凄いですね・・・
色もデザインも、そしてもちろん音色もいろいろ。
伝統的なものから、創作的なものまでいろいろ。
値段もお手ごろなものからお高いものまでいろいろ。

風鈴市0007

風鈴市0009  風鈴市0010

風鈴市0011  風鈴市0012

これだけたくさんの音が無造作に鳴ると煩いんじゃないかと思うかもしれませんが、そんなことは無いんです。
不思議と涼しげな雰囲気になるんですよ。

僕の好みは、江戸風鈴南部風鈴
暑い日中は江戸風鈴のカラカラとした乾いた音、ヒグラシの鳴く夕方は南部風鈴の伸びやかな高音がいいですね~。
僕は10年ほど前に来た時に買った南部風鈴が家にあるので、今回は娘さんが1つ買ってもらいました。
選んだのは小樽ガラスの風鈴。
淡いピンクで可愛らしいデザイン、音色は同じガラス製の江戸風鈴よりも若々感じの風鈴です。

暑い時期で人出も多いですが、よしず張りの会場には冷却ミストが噴霧され、無料で冷たい麦茶が振舞われていたりして、暑さ対策もされていました。


風鈴市とお参りを終えたらおやつの時間。

川崎大師門前の名物のひとつである「葛餅」を使ったスイーツを食べてみました。
選んだお店は「珈琲茶房 餅陣 住吉」
「くずもちサンデー」をオーダーしました。
門前の老舗「久寿餅本舗住吉」の葛餅と「マザー牧場」のソフトクリームのコラボだそうです。
ワッフルコーンの上にソフトクリームときな粉をまぶした葛餅、あんこがのっていて蜜がかかっています。
葛餅のぷるんとした舌触りときな粉、あんこの甘さ、ソフトクリームの冷たさが暑さで疲れた体にしみて美味しかったです。
変わった組み合わせのような気もしますが、「クリームあんみつ」があることを思えばそれほど不思議な食べ物でもありませんかね。

風鈴市0013

さらに参道を駅に向かう途中でお土産を購入。
「住吉屋総本店」「久ずもち」です。

風鈴市0018

名前は似ていますが、先ほどの「久寿餅本舗住吉」とは別のお店。
実は葛餅はけっこう好きで、普通の食べたかをしたくて買って帰りました。
昔ながらのちゃんとした葛餅なんでしょうか。
葛餅らしい味の癖みたいのもあってとっても美味しかったですよ~。

風鈴市0019

川崎大師(金剛山 金乗院 平間寺)


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行