2014年07月30日 (水) | Edit |
横浜駅近くのラーメン屋さん、「町田商店 横浜店」に行ってきました。

場所は横浜駅から徒歩5~6分の鶴屋町2丁目。
この辺りはこれまでにご紹介した「麺場 浜虎」「本丸亭 横浜店」「鶴一家」など美味しいラーメン屋さんが集まる、横浜市内ではちょっとした激戦区となっている模様。

町田商店 横浜店

町田商店は名前のとおり町田のラーメン屋さん。
いわゆる家系の豚骨醤油ラーメンのお店です。
タイプとしては醤油ダレ薄めの濃厚クリーミーな豚骨スープ。
「壱六家」系と言っていいのかな?
うずらの卵がのっているあたりも一緒です。
麺は中太ストレート、具は卵のほかにはチャーシュー海苔ほうれん草といたって家系スタンダード
スープはかなり濃厚クリーミーで全部飲みきるのはキツイですが、なかなか美味しいです。
家系はやっぱりライスも付けたくなっちゃうんですよね~。
健康にはあんまりよくはなさそうですが・・・

このお店は夜遅くまでやっているので、鶴屋町で飲み歩いた〆にも最適です!


町田商店 横浜店
横浜市神奈川区鶴屋町2-19-3



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年07月18日 (金) | Edit |
東京駅たごさく「たごさく幕の内弁当」です。

「たごさく」というのは「山和食品株式会社」のブランドです。
駅中やデパ地下などでお弁当やお惣菜、おこわなどの販売を展開しているので見たことがある方も多いんじゃないでしょうか?

今回の「たごさく幕の内弁当」は、そんな「たごさく」の駅売り限定のお弁当・・・って駅弁・・・ですよね。

たごさく幕の内弁当 01

パッケージは薄くて硬めの八方スチールの容器に透明の帯をかけたもの。
帯にはお弁当の名前と「四季を味わう たごさく」という文字が書いてあります。
これは「たごさく」の中でもお弁当を扱うブランド名のようですね。
淡い紫色の容器には、四季の農村の様子が描かれています。
田植えや、秋祭り・・・・みたいな絵です。

たごさく幕の内弁当 02

中身はその名のとおり幕の内弁当です。
ご飯はおこわが3種類。
お赤飯、栗豆おこわ、五目鶏おこわです。
この3種類はおこわの中でも定番ですかね。
それぞれ味わいが異なっていてとっても美味しいです。
チョット甘い感じの「栗豆おこわ」が好みかな~。
おこわは噛み応えがあって腹持ちがいいんですよね。
おかずは鯖の照焼、豚肉の野菜巻串カツ、野菜の煮物、揚げなす、おくら、照焼チキンなどなど。
おこわにのってる栗と豆がおかずとしても登場してますね。
これはなんか違うおかずがよかったかも・・・でもバリエーションに富んだおかずがいっぱいなんでまぁいいでしょう。
とっても美味しい駅弁でした~!


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年07月14日 (月) | Edit |
横浜美味しい中華料理屋さんをご紹介します。
といっても中華街ではありません。
横浜市南部の港南区丸山台という住宅地にあるお店です。
市営地下鉄ブルーライン上永谷駅下車、徒歩5~6分です。

お店の名前は「清華園」
4人掛けのテーブルが4つとカウンター席のみのこじんまりとしたお店です。
どこにでもあるような日本風の中華料理屋さん・・・ではありません。
あくまで本格・本物の中華料理
メニュー、店内の飾り、厨房で飛び交う元気な中国語。
そして味も勿論本格派です。

僕は昔、このお店に気軽に通えるところに住んでいたこともあり、随分通ったものです。
そんなpecopecoの定番は「パイコウはん」「五目やきそば」

パイコウはん↓
清華園 パイコウはん

五目やきそば↓
清華園 五目やきそば

どっちも餡かけものですね。
どっしりしっかりの味付け。
でも決してしょっぱすぎず、とっても美味!
どちらの餡もおんなじに見えるかもしれませんが、もちろん違います。
五目やきそばの方にはアサリなどが入っていてシーフードっぽさが強いんです。
味も全然違うんですよ。
ボリュームも満点
このあたりのメニューはだいたい800円前後ですが、食べ終わった後、お得感でいっぱいになれます。

これらだけではなく、チャーハンも、エビチリも、唐揚げも、その他いろいろホントに美味しいですよ。
変わったメニューは無いんですが、何を食べても満足度は高いです。
このお店を知ってから中華街に行く回数がめっきり減ったくらい。
ごはん時はいつもお客さんで賑わっていて、地元の人たちに愛されているお店なんだな~ということがわかります。
(僕も元地元民ですしね)。
汁物以外の大部分のメニューがお持ち帰りできるのも嬉しいサービス。
でもスープ状の唐揚げのタレがビニール袋(普通の台所で使うような)に入って付いてきたのにはチョットびっくりしました。
(これも中国の屋台と一緒で本場っぽい?)
とってもお勧めのお店なんで是非是非お試しください!

(*^0^) =3  (*^0^) =3  (*^0^) =3  (*^0^) =3

おなかいっぱいになって幸せな気持ちでお店をでるとき、厨房から「アリガトゴジャマシタ!」って元気な声で言ってもらえますよ。
なんか可愛らしい響きなんですよね~。

清華園
横浜市港南区丸山台3-30-4
TEL:045-841-8889



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年07月10日 (木) | Edit |
神奈川県大和市の小田急線・相鉄線大和駅の近くにあるラーメン屋さん「鐙」に行ってみました。
「あぶみ」と読みます。
乗馬中に足を乗せるところですね。
場所は大和駅の東南側に出て100メートルくらいのところ。
駅前すぐです。

ここは「あっさり系で美味しいよ」と友人に教えてもらったお店。
ラーメンは醤油と味噌があり、つけ麺もあります。

鐙

今回は「あっさり系」がキーワードだったので醤油を選択。
鐙ラーメンです。
麺は太麺と細麺から選べます。
「あっさり」には「細麺」が好みなんで「細麺」を選択しました。

スープは鯛を中心とした魚介系と豚骨系を合わせたものだそうです。
透明感のある「あっさり系」という感じではないですね。
かなりコクもあり、しっかりした味わいで美味しいです。
ほのかに柚子の香りがしていて、これが味覚を「あっさり」側に引き戻してくれて、食べ終わったあとに「あっさり系」の印象が残る、そんな感じかも。
具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、青ネギ、白髪ネギ。
ネギは京野菜の代表格「九条ネギ」を使用しているそうです。

他のメニューも試してみたくなる美味しいラーメン屋さんでした~。



大和市大和南1-2-12 太陽ビル1階
TEL:046-262-3255



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年07月06日 (日) | Edit |
仙台駅日本レストランエンタプライズ「女将のおもてなし弁当 宮城・秋保温泉編」です。

この駅弁はJR仙台駅で購入したもの。
仙台といえば駅弁の種類の多さ、バリエーションの豊かさでは北海道の札幌駅と肩を並べる素晴らしい駅です(あくまでpecopec的にですが)。
いろいろな駅弁がある中で、今回は見た目の華やかなものを選んでみました。

女将のおもてなし弁当 宮城・秋保温泉編01

パッケージは箱型に掛紙。
滝の絵が描かれていますが、これはおそらく「秋保大滝」
秋保温泉の近くの有名な滝です。
さらに着物の柄のような色彩の模様と温泉マーク。
まさに「温泉旅館の女将」のイメージなんでしょうね。

女将のおもてなし弁当 宮城・秋保温泉編02

中身はおかずがいろいろ入った幕の内的な感じです。
最初に目に入るのはイクラやウニののったご飯部分。
これは海鮮茶巾寿司
色鮮やかですよね~。
温泉旅館の女将の着物姿をイメージしたそうです。
なるほど~。
おかずには仙台名物の笹かま、牛たん塩焼きや、鶏の照り焼き、舞茸の天ぷら、煮物盛合せ、茄子田楽などバリエーションに富んでおり、本当に美味しいです。
茄子田楽に使用されている味噌は「仙台福おみそ」というそうです。
この駅弁を監修した秋保温泉の女将さんたちの推薦する逸品のようですよ。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

「日本レストランエンタプライズ」はJR東日本のグループ企業で鉄道関係の飲食事業を行っている会社。
駅弁も作っています。
位置づけ的にはJR東海の「ジェイアール東海パッセンジャーズ」と同じような会社なんだと思いますが、あまり地域性や特徴のない駅弁ばかりをつくっている「ジェイアール東海パッセンジャーズ」に比べ、「日本レストランエンタプライズ」は地域ごとに特色のある駅弁をたくさん作ってくれる会社です。
すばらしい。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年07月02日 (水) | Edit |
JR神田駅近くのラーメン屋さん「わいず」に行ってきました。
場所はJR神田駅西口にある西口商店街を少し入ったところ。
神田駅の改札から徒歩1~2分です。

このお店は「豚骨醤油」、いわゆる「家系」に極めて近いラーメンのお店です。
ややウェーブのかかった中太麺(ストレートといっていいくらいかな?)に海苔、チャーシューほうれん草。
豚骨出汁の醤油ダレ。
家系の要素?を全て満たしていますね。

わいず

味は、醤油ダレはやや強め、豚骨の出汁も強めでワイルドな感じ。
吉村家杉田家に近い、最もスタンダードな家系豚骨醤油な印象です。
スモーキーなチャーシューの感じも似ているかな?
これらの中では「わいず」が最もワイルドな感じ(豚臭い感じ)ですね。
今回は玉子つきのとライスを選んでみました。

神奈川県外で家系のラーメンを食べたのは初めてかも。
(お店が「家系」を名乗っているわけではないようです、念のため)
なかなか美味しいラーメン屋さんでしたよ~。(*^0^) =3

わいず
千代田区内神田3-9-6 大熊ビル1階
TEL:03-5256-0313



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ