2014年04月27日 (日) | Edit |
函館駅四季海鮮 旬花「いかめし磯辺揚」です。

「四季海鮮 旬花」というのは函館の海鮮料理屋さんのようです。
こういうお店が駅弁を作ってくれるというのは、駅弁好きからするととってもありがたいこと。
旅の楽しみが増えますね。

函館といえば、イカ漁で有名な街。
日本一の美味しさとも言われるスルメイカは特に有名です。
「イカそうめん」なんかは函館観光の目玉の一つなんじゃないですかね~。
函館周辺まで含めると森駅の「いかめし」も有名です。

今回の駅弁は「いかめし」(森駅のものとは違いますが)をそのまんま磯辺揚にしてしまったという変り種です。

いかめし磯辺揚 01

パッケージは木目調デザインの発泡スチロール容器に掛紙がかかったタイプ。
掛紙には「いかの街、自慢の味わい」「函館前浜産スルメいか使用」「定番商品に一工夫、青海苔風味がほどよくマッチ」と書いてあります。
掛紙の写真も美味しそう。
居酒屋さんや小料理屋さんで出てくるおつまみのようですね。

いかめし磯辺揚 02

お弁当の中身はほぼ掛紙の写真のとおり。
生姜まで磯辺揚になっちゃってる点が違いますが・・・

味はまさに磯辺揚。
あたりまえですが・・
イカの風味も活きていてなかなか美味しいです。
見た目は小さいですが、ご飯がギッシリつまっているんで、ボリューム感もなかなかのもの。
(かじってみると中身はこんな感じ↓。)
いかめし磯辺揚 03

食事というよりはおつまみを兼ねて・・・的な感じかもしれませんね。
僕も函館発の特急「スーパー白鳥」の中でサッポロビールを飲みながら美味しくいただきました。










にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年04月19日 (土) | Edit |
先日、うちのムスメさんのリクエストで「フォーチュンクッキー」を探しにいってきました。

ムスメさんが「フォーチュンクッキー」に興味をもったきっかけはもちろんAKB48「恋するフォーチュンクッキー」



なかなか楽しいPVですよね。

これを見て「フォーチュンクッキー」ってなんだろうと思ってたところにNHK「グレーテルのかまど」で取り上げられたのを見て、「食べてみたい!」ってなったようです。

フォーチュンクッキーというのはアメリカ中華料理店で食後に出される小さなお菓子。
おみくじ的な紙が中にはいっていて、ちょこっと楽しませてくれるかわいいお菓子です。
そもそもは日本の「辻占煎餅」を萩原真という方がアメリカに持ち込んだのが始まりで、それがアメリカの中華料理界に受け継がれたとのこと(あってるかな?Wikiも「グレーテルのかまど」もそういってました)。
したがって、中華の伝統というよりは、アメリカの中華の伝統なんですね。

これを探すならやっぱり横浜中華街
本来の中華の伝統ではないので、どうかな~と思いましたが・・・ありました!さすが中華街!

フォーチュンクッキー01

発見したのは横浜中華街の有名店「重慶飯店」のもの。
意外なほどスマートなデザインの袋にはいっていました。
フォーチュンクッキーを漢字で書くと「幸福餅」なんですね~。

フォーチュンクッキー02

クッキー自体は小麦でつくられたお煎餅(瓦せんべいの系統)です。
僕は子供の頃からこういうお煎餅が大好きだったんですよね~。
素朴でおなじみな感じで、美味しいです。
クッキーは中が空洞になっており、そこにメッセージの書かれた紙が入っています。
チョロっと外に飛び出ているのがそうですね。
割って取り出すと・・・

フォーチュンクッキー03

「計算ミスに、ご用心! BE CAREFUL OF MISS CALCULATION!」でした。

このお菓子は楽しいですね~。
うちのムスメさんも大喜びであっというまに食べちゃってました。

重慶飯店本館売店

大きな地図で見る





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年04月09日 (水) | Edit |
新千歳空港石狩鮨本舗(佐藤水産)「鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり」です。

新千歳空港で買う海鮮系お土産の定番、佐藤水産の空弁?ブランド、石狩鮨本舗。
当ブログでも何度か登場しているおなじみさんです。
地産地消や天然素材にこだわった素敵なお弁当(その他水産加工品)を多数製造販売しています。

今回は「鮭(ルイベ漬)」という、関東人には聞きなれない言葉の入った空弁を買ってみました。

そもそも「ルイベ」とはアイヌの方々の伝統的な食べ方で雪中に冷凍状態で保存した鮭などを火で炙って解凍しながら食べる食べ方のようです。
冷凍状態にすることで保存性をたかめつつ、アニサキスなどの寄生虫を死滅させ、かつ解凍時に水分と脂分が抜けおちることで風味も増すとか・・・
すばらしい!

で、今回の空弁の「鮭(ルイベ漬)」も同様のもののようです。
そもそも佐藤水産の製品に鮭ルイベ漬というのがあるそうでう。
鮭から作った魚醤でつけた鮭が-18℃以下で保存されているそうなんで、まさにルイベですね~。
この空弁の「鮭(ルイベ漬)」もおんなじものなんでしょうね、きっと。

鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり 01

パッケージはほぼ箱型の紙にお弁当名と中身の写真がかかれたシンプルなもの。
シンプルなのでちょっとごっちゃりした見た目なのは、お弁当の中身の色彩が多様だからかな?

鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり 02

蓋をあけると、おかずだけがのった透明のプラスチックトレイが登場。
ご飯におかず味がしみ込んでしまわないよう、コンビに弁当の丼ものなんかで使われるスタイル。
食べる直前にご飯の上にあけるんですよね。
おかずは、メインとなるのが鮭ルイベ漬イクラの醤油漬
この他に、鮭のフレーク昆布とさか生姜です。

鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり 03

ご飯は酢飯
プラスチックトレーのおかずをそ~っとご飯の上に。
鮭ルイベ漬とイクラの朱色、橙色が優しい色合いでとても美味しそう。
味のほうもトロッとした舌触りに柔らかな味わい
漬ながら醤油の味がほどよく馴染んで主張しないのは、同じ鮭から造る魚醤が使われているからでしょうか?

空弁とはいえ、飛行機の中ではちょっと食べにくいかな~という気もしますが、とっても美味しかったです。
(僕は家に持ち帰ってたべましたが・・・)




にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年04月05日 (土) | Edit |
横浜駅、旧東急ハンズ跡地のそばにある「油そば専門店 油゛油゛」に行ってみました。
「ぶらぶら」と読みます。

油そば・・・なんだか油っこいような名前ですが・・・
いわゆる「まぜそば」とほぼ同じものをさしている食べ物(なんじゃないかな?)。
ラーメンの派生系で麺を少量で味の濃いタレや油と和えて食べる食べ物です。

うどんでいえば「ぶっかけうどん」でしょうかね?
(ちなみに、普通のラーメン=普通の温かいうどん、つけ麺=ざるうどん、といった感じですよね)

ぶらぶら

今回は「温玉油そば」の「大」です。
麺もタレも具もぐちゃぐちゃに混ぜていただきます。
(温玉は途中で混ぜるために食べ始めは温存です!)
麺はやや太めの縮れ麺ですが、極太というわけでもないので食べやすいです。
茹で加減も強めなのなか?
この系統のお店でありがちな太くて腰が強すぎて消化不良になりそう・・・ということはないですね。
タレは魚系の出汁が強めきいていてなかなか美味しいです。
どちらかというと和風テイストな感じでしょうか。
特に温玉が入っていることもあり、濃厚な「釜玉うどん」を食べているような、そんな感じです。
想像していたよりもあっさりしていますが、なかなか美味しかったですよ~。

ただし、混ぜそば・油そばの宿命か、丼の中全体が均一な味になってしまうので、味が単調になりがち。
途中で飽きないように無料のトッピングがいろいろ用意されています。
刻みにんにく
特製唐辛子
刻みたまねぎ
お酢
などがカウンターにおいてあります。
使い方の注意事項なども書いてあるので、それを身ながら調整・・・
極少量の刻みニンニクと、少量の特性唐辛子を加え、美味しく完食!

基本的にはラーメン>つけ麺>まぜそば・油そばなpecopecoですが、美味しく楽しく食べられました~。

この辺りはラーメン系の激戦区。
すぐ目の前に「一風堂」、そばに「吉村家」「維新商店(旧 麺や維新)」「横浜家」「山頭火」などが集まっています。
けっこう楽しめるエリアですよ。


​​横​浜​市​西​区​南​幸​2​-​1​2​-​11 愛知屋ビル​​ ​1​F​~​2​F
TEL:045-620-7142


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ