2014年03月26日 (水) | Edit |
JR中央・総武線の中野駅北口にあるラーメン屋さん「麺匠 ようすけ」に行ってきました。

この辺りは狭い路地にたくさんの飲食店がひしめくエリア。
ラーメン屋さんだけでも名の知れたお店がいくつかりました。

このお店の特徴は鶏出汁の白湯スープ
鶏の旨味たっぷりのスープ、楽しみです。

ようすけ

今回は「濃厚鶏白湯らーめん」を注文。
スープは濃厚な味わいの鶏白湯スープ
味は濃厚だけど、ドロドロではない感じ。
タレの味は極薄めで鶏をじっくり味わうスープですね~。
すご~くおいしいですよ~。
水炊きの時に飲むスープのようでたまりません。
でも・・・タレの味が押さえられている分、ラーメンスープとしては途中で飽きてきます。
それはお店側としては百も承知のようです。
テーブルの上には塩、胡椒、醤油、一味唐辛子、酢、胡麻などが並んでおり、味をお好みに調整できるようになっています。
さらにレモンを希望するかどうかを聞かれ、希望すると小皿にのったレモンひとかけらいただけます。
スープにレモンを少し搾ると、爽やかな酸味がいいアクセントになってあっさりスープに!
僕は途中から塩、胡椒、極少量の醤油を足して味を整え、美味しく完食できました~。
麺は細めでスープとの相性がいい感じ。
具はの鶏チャーシュー、メンマ、小ネギ、糸唐辛子、みじん切りの玉ねぎ。
玉ねぎってちょっと変わってますよ。
具は全体的に薄味で柔らかいです。
あくまで主役はスープ、麺と具は脇役、そんな印象が強いラーメンでした。

なお、「ご飯(100円)」を追加で注文し、残ったスープに入れて鶏雑炊・・・ができるらしいです。
次回は是非・・・

麺匠 ようすけ
東京都中野区中野5-57-4 永嶋ビル1F
TEL:03-3387-7799


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年03月21日 (金) | Edit |
新大阪駅あじみ屋「柿千 大阪名物 元祖たこむす」です。

あじみ屋さんは当ブログでも何回か登場している大阪の美味しいお弁当屋さん。
「柿千」ブランドで「柿の葉寿司」や「鯖棒鮓」「天むす」などの商品を作っています。

今回は「たこむす」です。
「てんむす」が海老天のおにぎりなら、「たこむす」はタコ天のおにぎり・・・
ではなく、「たこ焼き」のおにぎりなんです。
ちょっとかわってますよね~。

たこむす 01

パッケージは竹の皮の模様の紙箱。
リアルなタッチでタコのイラストが描かれています。

たこむす 02

中身は「たこむす」5つ。
付属のマヨネーズをかけていただきます。
ちょっと見たところたこ焼き部分しか見えませんが、その下におにぎりがくっついている感じ。
軍艦巻きの具がたこ焼き・・・のようなつくりです。
おにぎりの具としてたこ焼きが入っているわけではないですね。
たこ焼きは出汁がきいていて薄味ながらなかなか美味しいです。
ソースではなく醤油系の味わいですね。
おにぎりと合うかとなると、ちょっとびみょ~な感じ。
ボリュームは小さいので小腹が空いたときにちょうどいい駅弁ですかね。
ビールのお供にすると結構楽しめますよ。

この駅弁は小柄ながら、いろいろ素材にもこだわった本格派。
おコメは伊賀米コシヒカリ、海苔は有明産の高級海苔、たこ焼きは粉のブレンドからこだわって、しかも全て手作業で焼いているそうです。
なかなかがんばっていますね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年03月16日 (日) | Edit |
「くろがね 堅パン」を買ってみました。

これは北九州市八幡あたりの名物お菓子。
大正末期ころから続く伝統的な食品です。

クッキングパパで紹介されていたのを読んで食べてみたいな~と思っていました。
(COOK.552 「バリバリいこう!! ショウユせんべい」 単行本第56巻)
北九州などのキオスクやスーパーに置いてあると書いてあったので、小倉駅に行った際にキオスクを覗いてみると・・・
売っていました!

堅パン 01

堅パン 02

見た目は大きくて平らな「乾パン」といったところ。
触った感じでもその硬さはよくわかります。
堅パン同士をぶつけるとカンッキンッと高い音がします。

かじってみるとその堅さがますます実感できますよ~。
前歯でかじるのはきつい。
奥歯でバリっといってください。
でもバリっといって口の中に入った破片はわりとすぐに食べやすい堅さになります。
溶け出すような感じ・・・かな?
ほんのり甘くてなかなか美味しいですよ~。
お年寄りや小さなお子様はミルクや紅茶、コーヒーなどに浸して食べると食べやすくなるみたいですね。
この食べ方も美味しそう。

袋の横にいろいろ説明が書いてあります。
堅パン 03

コピーは「健康はアゴから」
子供の歯固めにもいいんですね~。

この「くろがね 堅パン」は、大正末期に官営の八幡製鉄所が従業員たちのために開発したものだそうです。
ガチガチに堅くて、それなのに少し甘くてミルキーな味。
製鉄所で働くタフガイたちの小腹を満たしたんでしょうか。
(pecopecoの鉄鋼マンのイメージ=新日鉄釜石や神戸製鋼のラガーマン)
疲れた体や頭にききそうですね。
よく噛まなければいけないのでお腹もふくれそうだし。

堅パン自体はヨーロッパなどでは昔からある軍の携行食のようです。
軽いし日持ちするし栄養価も高そうなんでで便利なんですね。

いまでも災害に備えた保存食・非常食として重宝しそうです。




クッキングパパ56巻-【電子書籍】

クッキングパパ56巻-【電子書籍】
価格:525円(税5%込、送料込)




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2014年03月09日 (日) | Edit |
新千歳空港国内線ターミナルビル3F「北海道ラーメン道場」内にある「えびそば 一幻」に行ってみました。

北海道の有名店が並ぶ「北海道ラーメン道場」の中にあっても、最近では一番人気のお店なんじゃないでしょうか。
前回、新千歳空港を訪れた際には、あまりに長い行列ができてたんで避けてしまいましたが、今回は開店早々の時間帯がよかったのか、空いていたので入ってみました。

出汁は「えび」がメインで3種類。
そのまま:えびの風味をそのまま活かしたストレートスープ
ほどほど:えびスープにほどほどのとんこつスープをブレンド
あじわい:ほどほどにさらにコクを加え、あじわい深く仕上げたスープ
そしてタレは「しお」「みそ」「しょうゆ」から選びます。

今回は「そのまま」「しお」を選択。
これがこのお店のスタンダードというか一番人気らしいので・・・
遠い街のお店の場合「一番人気のあるメニュー」を選ぶのが鉄則・・・というのがpecopco「旅の掟」です!
さらに、「極太麺」「細麺」を選択。
「しお」には「細麺」かな~・・・好みですが・・・
こんな感じ↓
一幻

味はとにかく「えび」の味わいが濃厚に出ていて本当に美味しいです。
もちろんイセエビ出汁の味噌汁的な上品な味わいではなく、いろいろなえびのカラからとったガッツリ系えび出汁。
「これでもかー!」くらいの勢いです。
海老嫌いでなければかなり楽しめるはず!

札幌、新千歳空港、新宿に店舗があるようでs。
お近くの方は是非!
お勧めです。



・・・新宿にもあったのか・・・




えびそば 一幻 新千歳空港店
新千歳空港 北海道ラーメン道場内
TEL:0123-45-6755





にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村







テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ