2013年10月27日 (日) | Edit |
米沢駅新杵屋「牛肉どまん中 みそ」です。

日本有数の知名度を誇る米沢駅の人気駅弁「牛肉どまん中」の味噌味バージョン。
オリジナルの「牛肉どまん中」が美味しかっただけに、期待が高まるお弁当ですね~。

牛肉どまん中 みそ 01

箱型のパッケージは「牛肉どまん中」を踏襲したデザイン。
全体の色があずき色になっているところと、大きく「みそ」かかれているところが違います。

牛肉どまん中 みそ 02

中身はぱっと見た感じ、オリジナルの「牛肉どまん中」にそっくりですね~。
でも、目を凝らしてよ~く見ると、牛肉に味噌が着いているのがわかります。
味噌ダレを作って味付けをした、というよりはもともとの味付けの上に味噌をまぶした・・・そんな感じでしょうか?
食べてみると・・・味噌の味が口の中にふわっと広がり、なかなかの美味
ただしちょっとしょっぱいかな~。
この辺りは好みの問題ですけでどね。
お肉はあいかわらず、柔らかくてとってお美味しいです。
このお弁当は電子レンジで温めたら美味しいだろうな~、と思いながら食べていたら、パッケージの横に電子レンジでの温め方が書いてありました。
食べるのも終盤で気づきました・・・しまった~。
で、残りわずかを温めてみたところ、さらに美味しくなりましたよ!
溶け出した味噌とタレがいい感じにまざりあってほっこりした味わいに。
電車のなかで食べる場合はこの食べ方はできませんが、とっても美味しかったです!


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年10月23日 (水) | Edit |
パンケーキで有名な「bills」に行ってきました。

billsはオーストラリア発のカフェで、現在日本には、東京の表参道お台場、神奈川の横浜赤レンガ倉庫、鎌倉の七里ガ浜の4箇所に店舗があります。

「ハリウッドセレブ」に人気のお店ということで、テレビでもちょくちょく見かけますよね。
しばらく前からのパンケーキブームの火付け役のひとつなんじゃないかな?
これまでも何度か入ってみようと試みたことがありますが、いつも満席で行列あり!なんであきらめてました。
休日の赤レンガ倉庫はもちろん、平日の七里ガ浜でさえなかなか入れないほどの人気だったんですよね~。

夏はともかく、オフシーズンの七里ガ浜なんて人の少ない長閑なエリアのイメージですが、これがなかなか・・・

で、今回は関西から来た親戚が一緒だったこともあり、ちょっと待ってもいいから入ってみようということになり
横浜赤レンガ倉庫の方に行ってみました。

訪れたのは10時頃。
このお店でよく語られるフレーズが「世界一の朝食」だったんで、ブランチの時間帯を選んでみました。
短い行列はありましたが、待ったのは30分弱。
この日は雨模様で肌寒い日だったこと、赤レンガ倉庫でオクトーバーフェスト開催中でそちらに人がとられていたこと?から、意外に待たずにすみましたね~。

オーダーしたのは、このお店の看板メニュー、パンケーキとスクランブエッグを含む3品。

まずは有名な「リコッタパンケーキw/フレッシュバナナ、ハニーコームバター」(1400円)。

bills 02

パンケーキ二枚に甘めのバターがのっていて、バナナが添えてあります(フレッシュバナナ・・・日本では他の食べ方はあんまり見かけないですが・・・)。
そこにお好みでシロップをかけていただきます。
ふわっふわで軽い舌触り。
ところどころにリコッタチーズが入っています。
生地に溶け込ませてあるわけではなく、小さい塊がお好み焼きの具のように入っている感じです。
確かに美味しいですね~。
やや甘めで脂肪分の少ないリコッタチーズの味わいがいいアクセントになっている感じですね。
これまでに食べたことのない食感・・・とまではいきませんが、意外なほどあっさりとした美味しさを楽しめました。

次は「世界一の朝食」のフレーズの由来になった「オーガニックスクランブルエッグw/トースト」(1200円)。

bills 03

こちらも食感は「ふわっふわ」
卵に牛乳か生クリームでも混ぜてるんでしょうか?
味は極めて淡白。
テーブルに塩、胡椒が置いてあるので、これで味を調整しながら食べる感じでしょうか?
このメニューで美味しいのはむしろトーストかな~。
パン自体が美味しいですよ、薫り高い感じで、しっかりした歯ごたえがあって。

最後は「モッツァレラとセージのホットサンドイッチ」(1000円)。

bills 01

僕はこれが一番美味しかったです。
パンはトーストと同じ、歯ごたえがあって、薫り高い美味しいパン
味はあっさり目。
はさまっているのがモッツァレラとセージなんで味の想像はつくかと思いますが、奇をてらったところのない、ごく普通の美味しいホットサンドでした。


(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3


お料理の味もお店の雰囲気も店員さんの接客も素晴らしく、ロケーションもいいんですが、値段がやや高いかな~というのが正直な印象。
記事中の値段はドリンクは含まれてないです。
ドリンクは500円~1300くらいで別にオーダー。
一回の朝食で1人あたり2000円~3000円くらいという計算です。
「世界一」だからしょうがないんですかね。

pecopeco的には、各料理のお値段がドリンクとセットの値段だったら納得かな~という感想でした。

しかし、これが「世界一」とは・・・ハリウッドセレブも意外に狭い「世界」に住んでいるんですね~。

もちろん、間違いなく美味しいし、話のタネにもなるんで、一度は行って見る価値のあるお店だと思います。



bills 横浜赤レンガ倉庫
浜市中区新港1丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館1F
TEL:045-650-1266

大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年10月20日 (日) | Edit |
北海道の空の玄関口(の1つ)、新千歳空港にある「麺屋 開高」に行って来ました。

もちろん、このお店が目的で行ったわけではありません。
仕事で行った帰りに立ち寄ったんです。

新千歳空港というのは、空港に過ぎないわけですが、それでも充分楽しめる場所なんですよね~。
これほど楽しい空港は日本全国でも数少ないです。
僕の感想では空港そのものが楽しめるのは3箇所、羽田、新千歳、関空・・・程度です。
この中でも新千歳空港は特別です。
なんといっても北海道にある!
もうそれだけでワクワクですからね~。
もちろん北海道人にとっては、そんなことはないんでしょうが・・・

何が楽しいかというと、海鮮、農産物からスイーツまで、異常にレベルの高いお土産の数々。
そしてもう1つが、充実のレストラン街。
仕事で時間がないなかでも、なんとなく北海道に来たんだな~と思わせてくれるお店が空港内に立ち並んでいます。

そんな中でも僕が好きなのは、「北海道ラーメン道場」
北海道を代表するラーメン屋さんが立ち並んでいます。
毎回いろいろ迷うんですが・・・

今回は「麺屋 開高」を選んでみました。
このお店は十勝の豚丼の発想をラーメンに持ち込んだ・・・らしいです。
なんだか美味しそうですよね~。

十勝ホエー豚めん・白味噌

注文したのは「十勝ホエー豚めん・白味噌」です。

出汁は豚骨、げんこつ、もみじ、ホタテ、アジなどからとったものだそうです。
「げんこつ」は、豚の足先のこと?
「もみじ」は鶏の足先のこと?
まぁ、とにかくいろいろな物を煮込んでとった濃厚な出汁がベースになっています。
そしてスープは味噌
白味噌と赤味噌が選べます。
今回はをチョイス。
白味噌というと、あっさり薄味な関西風を想像してしまいますが、とんでもない。
北海道の味噌ラーメンらしくやや濃厚な味わい。
出汁の濃厚さともあいまって、北海道の味噌ラーメンの醍醐味(大げさ?)を楽しめます。
ただ、舌触りは意外にさらっとしているので、くどさを感じることはありませんでした。
具は、これも看板なのかな?焼きホエー豚。
こちらも濃厚なタレで焼いたような厚切りの豚肉が乗ってきます。
これがスープによくあって美味しいんです。
チンゲン菜がのっているのもいいですね。
全体的に濃い目な中でちょっとしたアクセントになっている感じでした。
麺はつるんとした黄色いたまご麺。
やや縮れていてスープとよくあっていいんじゃないでしょうか。
とっても美味しかったですよ~。


麺屋 開高 新千歳空港店
北海道千歳市美々987 新千歳空港ターミナルビル 3F
TEL:0123-46-5938

大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年10月16日 (水) | Edit |
京都駅ゐざさ「こむすび」です。

ゐざさといえば、「柿の葉壽司」で有名な奈良のお店。

今回はそんなゐざさのお弁当を新幹線の京都駅で見つけたので買ってみました。

こむすび 01

パッケージは竹の皮状のレトロな感じの造り。
時代劇なんかで「にぎりめし」を入れて持ち運ぶイメージですね。
そこに墨で書いたようなたっちで「こむすび」と書いてあります。

「こむずび」・・・「小さい+おむすび」ってことですよね。

食いしん坊的な立場からすると、大きくてもいいんですが・・・・

こむすび 02

中身はもちろんおむすび。
俵型ですね。
6種類入っています。
想像していたよりもかわいらしくて、種類もバリエーションに富んでいますね~。
(ノリとゴマの2種類が並んでいるようなイメージでした・・・)

ノリの巻いてあるのが2つ・・・具はそれぞれ
薄く焼いた卵が巻いてあるもの・・・具はアナゴ
紫蘇の巻いてあるもの・・・具はサバ
高菜の巻いてあるもの・・・具はジャコ
おぼろ昆布が巻いてあるもの・・・牛肉(時雨煮かな?)

なかなか芸が細かいですよね~。

関東人の僕からすると、おむすびを包むのにおぼろ昆布や卵は思いつきません。
さすが関西だな~という感じ。
おむすびのお弁当なのに、ちょっと繊細な美味しさが印象的な駅弁でした~。



にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年10月13日 (日) | Edit |
久しぶりの「ちょい旅」。
今回は僕の地元、横浜新港埠頭周辺に行って来ました。

新港埠頭というと「どこ?」っていう感じですが、「みなとみらい」の海っぺりから「大さん橋埠頭」の間の辺り、おおよそ「横浜赤レンガ倉庫」の周辺一帯をイメージしていただければいいのかな?

僕が子供のころはボロイ煉瓦作りの建物(現横浜赤レンガ倉庫!)があるばかりの荒れ果てた海っぺりでしたが、いまではいろいろできて結構賑わっているんですよ。

いろいろな施設の中から今回選んだのは、「カップヌードルミュージアム」
まえまえからちょっと興味はあったんですが、「いつでも行けるか~」と思いつつ時を過ごしてきました。
今回は意を決して言ってきました・・・冷凍マンモスが見られるという展示会「YUKA」のチケットの半券でただで入場できるというのが決め手だったんですけどね。

「カップヌードルミュージアム」の正式名称は「安藤百福発明記念館」
「安藤百福」というのは、日清食品(株)の創業者で、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」世界初のカップラーメン「カップヌードル」を発明した方。
世界史的な偉人といっていいのかもしれませんね~。
ジャンクフードとはいえ、すばやく簡単に温かい料理が食べられるのは魅力です。

ミュージアムとしての展示は、歴代のインスタントラーメン、カップラーメンのパッケージの展示や、安藤百福の研究所(ほったて小屋!)を再現したものなど。
それほど見所はないですかね~。

このミュージアムの最大の魅力は「参加型」のアトラクションです。
「チキンラーメン」を粉から手作りできる「チキンラーメンファクトリー」
オリジナルカップヌードルを作ることができる「マイカップヌードルファクトリー」
そして製麺から出荷まで、カップヌードルの製造過程をアスレチックとして再現した「カップヌードルパーク」
があります。

今回は「マイカップヌードルファクトリー」を楽しんできました。

choi_shinkou_01

「オリジナルカップヌードル」といっても何でも好きに作れるわけではありません。
選択肢のなかから選んでいく、セミオーダーといった感じのシステムです。
・スープは4種類(しょうゆ・シーフード、カレー、チリトマト)から1つ
・具は12種類から4つ
選びます。

12種類の具とは・・・
・エビ
・コロ・チャー
・タマゴ
・ネギ
・ひよこちゃんナルト
・ガーリックチップ
・インゲン
・チェダーチーズ
・カニ風味カマボコ
・コーン
・キムチ
・期間限定(そのときによっていろいろ変わります)


この中から4つ、同じのを複数個選んでもいいんです。
たとえば「エビ・コロ・チャー・タマゴ・ネギ」でも「エビ・エビ・エビ・エビ」でも可。

パターンの組み合わせは5460通りになるそうですよ~。

これらを入れる容器のデザインもできます。
「カップヌードル」のロゴマークなど基本的な図柄のみ入った状態の容器に、マジックで絵を描いていきます。
底の部分には描いちゃだめ、などのルールがありますが、基本的には好きにラクガキできて楽しいですよ~。

容器にスープや具を入れるのや、パッケージングはミュージアムの工房内の人がやってくれるので衛生面の心配もありません。

choi_shinkou_02

choi_shinkou_03

できあがりはこんな感じ↓
choi_shinkou_04

このあとはみなとみらいでよく見る膨らんだビールに入れてお持ち帰りです。


カップヌードルミュージアムの後は近場で安くお食事~、ということで・・・
すぐ側にある「JICA横浜」「ポート テラス カフェ」に行ってみました。

「JICA横浜」というのは、「独立行政法人国際協力機構(JICA)横浜国際センター」のこと。

「JICA」のWEBサイトによると「JICA横浜」は国際協力、国際交流の拠点として開発途上国から研修員の受入れ、青年海外協力隊員の募集、日系移住者支援などの事業、研修員と地域住民との交流などを行う施設とのこと。

「ポート テラス カフェ」はそんな「JICA横浜」の食堂みたいなところです。
そもそもはJICAの職員や研修生などのための施設のようですが、外部の人も自由に利用できます。
大学の学食や県庁や市役所内の食堂みたいなものですね。

施設の性質上、様々な国籍、宗教の方が利用するので、メニューには普段見慣れない料理も並んでいて、なかなか楽しいですよ~。

普通の日本式焼き魚系の定食やカレーライスはもちろん、ベトナム風カレーやフォー、タイ風カレー、中華料理、フェジョアーダやチキンのグリルなどなどなど。
ハラルフード(イスラム教徒の戒律に従って処理した食材)を使用したメニューやベジタリアン向けのメニューなんかもありました。
値段は500円~1000円くらい。
定食系やカレー類は600円~700円くらいだったかな~。
港の風景(赤レンガ倉庫や海上保安庁の基地など)を眺めながら食べられる、悪くないシチュエーションですが、値段は安め。

choi_shinkou_05

choi_shinkou_06


今回はブラジルの豆料理「フェジョアーダ」と「チキンのなんとかグリル」的な日替定食を注文。
このお店はいろいろな種類のお料理がありますが、多くは「レトルトフード」のようですね~。
特別「おいしい!」っていう感じではないですが、ちょっと変わったものがいろいろ食べられるんで、これはこれで(たまには)アリかな~という感じでした。
レストランではなく、食堂ですからね~。

各国ビールなど、アルコール類も置いてありますよ。



・・・後日、オリジナルカップヌードルを皆で食べてみました。
こんな感じ↓。 
choi_shinkou_07

choi_shinkou_08

スープの味を混ぜたりできたらもっと面白くなりそうですけどね~。



カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)
横浜市中区新港2丁目3−4
TEL:045-345-0918

大きな地図で見る



JICA横浜 ポートテラスカフェ
横浜市中区新港2-3-1 JICA横浜 3F
TEL:045-663-3251


大きな地図で見る







にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村




テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行