--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年04月26日 (金) | Edit |
新千歳空港駅三美「うにめし」です。

このお弁当は新千歳空港駅のホームで購入しました。
そのため、駅弁としてご紹介します。

・・・が、新千歳空港内の売店でも売っていました。
もしそちらで購入していたら、空弁だったんですね。

空弁か、駅弁か・・・
当ブログ的には、そのへんの細かい部分は曖昧なまんま楽しみたいと思います。

うにめし 01

丸いフタには美味しそうなウニの写真と平仮名で「うにめし」の文字。
ウニというのは種類によるんでしょうが、北海道特産というわけではないですよね。
うちの近所の相模湾や東京湾でも食用としてのウニが取れるはず。
それでも北海道でウニというのはなんとなく説得力のある組み合わせなんですよね~。

うにめし 02

中身はご飯の上におかずがのっている丼スタイル
ご飯の総面積のうち、半分強に蒸ウニがのっています。
市場や料理屋さんで食べるようには行きませんが、なかなか美味しいですね。
濃厚なうまみが楽しめて、臭みも感じませんでした。
他には赤貝(さるぼう貝)錦糸卵しばわかめお漬物がのっています。
この赤貝(さるぼう貝)も濃い目の味付けがご飯によくあって美味しかったです。

ただ、全体的に量は少なめ。
やっぱり求む!ご飯大盛り!

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ところで、九州の小倉駅でも「うにめし」という駅弁を食べました。
こちらの「うにめし」はウニの炊き込みご飯。
同じ様な材料で、同じ名前でも地域が違えば全然違うものに。
駅弁で感じられる食文化の豊かさってところでしょうか。
こういうところも楽しいですね~。(^▽^)/


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年04月24日 (水) | Edit |
相鉄線小田急線大和駅近くの坦坦麺専門店弘麺分店で坦々麺を食べてきました(半年くらい前ですが)。

小田急線は有名な私鉄ですが、相鉄線はマイナーかな?
相鉄線というのは相模鉄道の略称。
横浜~海老名、湘南台をつなぐ私鉄です。

大和駅は大和市にあります。
大和市というのは神奈川県にあるんですよ。
神奈川県民はもちろん知っていますが、全国的には奈良県にあると思っている方も多いんじゃないでしょうか?

今回訪れたお店は大和駅の繁華街とは少し離れたところにあります。

メニューには、坦々麺、黒胡麻坦々麺など、坦々麺系のメニューの他、レバニラや天津丼などのよう日本の中華料理屋さん的な料理も並んでいます。
坦々麺専門店というよりは、坦々麺が売りの中華料理屋さんといった趣ですね。

担担麺専門店 弘麺 分店

今回は普通の「坦々麺」を注文。
坦々麺というのはお店によっていろいろなタイプがありますよね。
とにかく辛い真っ赤なやつ、黒胡麻のやつ、白胡麻のやつなど・・・
ここの普通の「坦々麺」はいたって普通。
黒胡麻、白胡麻の香りやコクありますが、主役は赤い辛味です。
辛味は特に強いわけでなく、程よい感じでとっても美味しいですよ。
辛味、酸味、コクのバランスがちょうどいいです(僕にとってはですが)。
具にはひき肉とネギと水菜かな?
麺は中太で、スープによく馴染む感じで美味しかったです。
特別感はありませんが、近所にあったら嬉しいような、そんな美味しさの坦々麺でした。
(辛さは調整がきくようです。辛いのが好きなかたもご安心ください。)

ところで、このお店で嬉しいのは、キムチとご飯が食べ放題なところ。
炊飯器の中のご飯、タッパーの中のキムチを自分で器にとって食べるスタイル(この部分はセルフサービスってこと)。
このキムチがとても美味しかったんですよね~。
自家製のようでしたよ。
680円の坦々麺でこんなに食べていいのっていうくらい食べられますよ!
それにしても、中華料理屋さんでキムチっていうのはちょっと不思議。
韓国系の方が経営している中華料理屋さんっていうことなんでしょうかね?

もうひとつ、「分店」というのも謎です。
「本店」みたいなお店がどこかにあるんでしょうかね?


担担麺専門店弘麺分店
神奈川県大和市大和南1-12-24
TEL:046-263-6102

大きな地図で見る




飲み干す一杯坦坦麺(ケース販売 12個入り)

飲み干す一杯坦坦麺(ケース販売 12個入り)
価格:1,999円(税込、送料別)




にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年04月20日 (土) | Edit |
「かまくら フード・イベント」というお店に行ってきました。
行ってきたというより、鎌倉をぶらぶらしてるときに小腹がすいたんで立ち寄ってみたといった感じです。

場所は鎌倉の大仏のすぐ近く、大仏と江ノ電長谷駅の間に並んでいるお店のひとつです。

そもそも「かまくら フード・イベント」というのがお店の名前なのか、その建物というかスペースの名称なのか、よくわからないんですが、トルコ系の軽食を売っているお店なんです。

メニューはちょっとしかありません。

トルコアイス
ケバブ・ドック
ケバブ・サンド
ケバブ弁当(丼)


トルコアイスというのは練って作られているお餅みたいなアイスクリーム。
味の印象としては「雪見だいふく」に近い感じ。

これ以外はケバブ系です。
ケバブ・ドックとケバブ・サンドの違いはサイズのようです。
ドッグが小さく、サンドが大きいんです。

ケバブというのはトルコやインド、中東エリアで食べられている巨大な串刺しの焼肉。
焼きあがったところを削って食べるようです。
お肉は地域や宗教によっていろいろあるようですね。
このお店では鶏肉でした。

かまくら フードイベント 01


すいていたのが小腹とはいえ、そこは大盛り好きのpecopecoですので、がっつりいきたい。
やっぱりケバブ・サンドを注文しました。

かまくら フードイベント 01

串から削り取った香ばしい鶏肉とスライストマトをピタに挟み、ソースをかけたもの。
ソースの味は5種類くらいから選べるんだったと思います。
ほんとはピリ辛に惹かれたんですが、ちびっ子連れであったため断念。
もっともスタンダードらしいオーロラソース風のものを選びました。
ソース以外にもちょっと甘めのタレの味がよく馴染んでいてとっても美味!
しかもボリューム満点です!
ビールにもコーラにもコーヒーにもよくあいますね。

お店の中に5~6人が座れるスペースがあるので、座って食べるもよし、食べ歩きもよし。
ケバブを作ってくれる国籍不明のマスター?の陽気な声を聞きながら食べるのも楽しいですよ。
(*^0^) =3


かまくら フード・イベント
鎌倉市長谷1-16-27
TEL:0467-24-1458

大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村




テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年04月16日 (火) | Edit |
熊本駅ニシコー「くまんどん おてもやん弁当」です。

有名ゆるキャラ「くまもん」で一躍注目を浴びている熊本ですが、この街には昔から「おてもやん」という有名キャラがいます。

民謡に歌われるキャラクターのようで、名前はおそらく「ても」
「お-ても-やん」というのは東京(江戸?)でいえば「お-ても-さん」という意味でしょうね。

その民謡はこんな感じ↓

おてもやん あんたこの頃嫁入りしたではないかいな
嫁入りしたこつぁしたばってん
ご亭どんが ぐじゃっぺだるけん まあだ杯はせんだった
村役 鳶役 肝煎りどん あん人たちのおらすけんで
あとはどうなときゃあなろたい
川端町っつあん きゃあめぐろ 春日ぼうぶらどんたちゃ
尻ひっぴゃあて 花盛り 花盛り ピーチクパーチク雲雀の子 
げんぱく茄子のいがいがどん


正直いって意味はさっぱりわかりませんが、なんだか陽気なメロディーなんですよね。

福島県の「小原庄助さん」と似たような位置づけでしょうか?
こちらも郡山駅に駅弁ありましたし・・・


今回の駅弁は、そんな元祖熊本の名物キャラ「おてもやん」の名前を冠したお弁当です。

くまんどん おてもやん弁当 01

パッケージの箱にはほっぺの赤い素朴な町娘的なイラストが描かれています。
これが当然「おてもやん」なんでしょうね。
「嫁入りした」っていっているので「町娘」っていう表現は変ですかね?

くまんどん おてもやん弁当 02

中身はいろいろなおかずが入っている幕の内スタイル。
まず目立つのは、ご飯の上にドンっとのったお魚。
これは鮎の甘露煮
頭からかぶりつけてなかなか美味しいです。
熊本県内には鮎料理が名物の地域があるらしいですね。
ほかにもカラシレンコン馬肉のコロッケなど熊本の地域色のあるおかずから、天ぷらや野菜の煮物などいろいろ入っています。
ご飯は九州らしくかしわ飯。
九州の駅弁では定番ですよね。
味のしみたご飯がとっても美味!

いろいろ入っていて楽しく美味しい駅弁でした~。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ところで「おてもやん」というと、熊本では学校でこの唄にあわせて踊ったりもするらしいですね。
学生の頃の後輩で、熊本市出身の女の子がそういっていました。
僕の中ではこの女の子がなんとなく「おてもやん」イメージなんですが・・・
もちろん本人には言えませんが σ(^_^;)

・・・で、「くまんどん」はどういう意味なんでしょうか? 「熊本人」?















にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年04月13日 (土) | Edit |
「バリ男」に行ってみました。
今回は小川町店・・・というのかわかりませんが、都営新宿線「小川町」駅近くの店舗です。

変わった名前のお店ですが、その名のとおり「男くさい」がっつり系ラーメンのお店です。

メニューには、「バリ男」「バリ子」が。
「バリ男」がここの一押しのラーメン、「バリ子」はボリューム少なめのラーメンのようです。

僕はもちろん「バリ男」を注文!

バリ男

スープは豚骨ベース。
とろとろクリーミーで濃厚な舌触りですが、味は意外にマイルド。
ただし、ニンニクたっぷりなため、「がっつり」な印象を受けます。
さらに自分でニンニクを追加することもできます。
臭いを気にしなくていい状況なら、ニンニク好きな人には嬉しいでしょうね。
また、「特製唐花」という唐辛子系の調味料もカウンターに置かれています。
入れるとだいぶん辛くなりますので、気をつけてください。

具はたっぷりのモヤシやチャーシューなど。
麺の上に積み上げられていて、なかなかの迫力。
ちょっと食べないと麺に辿り着けません。

そして麺は超極太
まるで太目のうどんのような麺です。
うどんに比べて密度が濃い?ため、相当なボリューム感です。
ほんとうによ~~~~く噛んで食べないと、消化不良になっちゃいますよ!

このお店は美味しいんですが、胃腸の丈夫な方意外には厳しいかもしれませんね。
胃腸が丈夫な方でも体調の良いときでないと厳しいかもしれません。
僕も胃腸は丈夫な方ですが、結構きつかったですよ~。

ということで、美味しいけれど厳しいラーメン
胃腸に自信のある方が健康なときにはお勧めです。σ(^_^;)



バリ男
東京都千代田区神田小川町3-2 サニービル1F
TEL:03-5577-6366

大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年04月09日 (火) | Edit |
先日、名古屋に行く機会があり、名古屋駅近くの美味しいラーメン屋さんということで、「江南 JRセントラルタワーズ店」に行ってみました。

この「江南」「こうなん」と読みます。
2012年は別の読み方をするスタイルが世界的に流行っていましたが、ここでは関係ありません。
「江南」というお店は名古屋の中華料理の有名店のようですね。
その中華の有名店がラーメンに特化した店舗を名古屋駅のJRセントラルタワーズの中、デパートの上のレストラン街に出店した・・・ということのようです。

ラーメンといえば、漢字では「拉麺」と書くことが多い気がしますが、このお店では「柳麺」と書くようです。
このお店だけなのか、名古屋圏の文化なのかはわかりませんが、ちょっと新鮮な印象でした。

江南 丸鶏柳麺

今回注文したのは「丸鶏柳麺」
鶏の出汁のあっさり塩ラーメンを想像していましたが、違いました!
鶏の出汁というと、澄んだスープが多いですが、この丸鶏柳麺は白濁スープ
鶏の白濁スープといえば博多の「みずたき」が思い浮かびますが、まさにそんな感じ。
ラーメンのスープなだけに、鶏の味はより強く引き出されていて濃厚で本当に美味しいです。
しっかりとした鶏出汁の味わいながら、まろやかでもある、深みもある・・・そんな感じです。
「丸鶏」ってどういう意味なんですかね?
鶏がらだけじゃなくて「丸ごとの鶏」っていういみでしょうか?

麺は細めのストレートかな?
東京の醤油ラーメンにも合いそうなタイプ。
つるんとした喉越しがなかなか美味しかったです。

具にはチャーシューと味玉とネギ、あとは水菜(かな?)がのっています。

鶏塩系のラーメンが好きな方には特にお勧めの美味しいラーメンでした。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

デパートの中のラーメン屋さんなので、大きな期待はしていなかったんですが、とても気に入りました。
名古屋には仕事でもたまに行くので、また行きたいと思います!
場所も便利ですしね~!


江南JRセントラルタワーズ店
愛知県名古屋市中村区名駅1−1−4 JR セントラルタワーズ
TEL:052-586-0252 ‎


大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年04月05日 (金) | Edit |
新大阪駅あじみ屋「柿千 鯖棒鮓」です。

久々の鯖寿司シリーズ

「ひかりもの」好き、「青魚」好き、「すし飯」好きの僕にとって、鯖寿司はご馳走です。

新大阪駅の駅弁売場で見かけたので食べてみました。

鯖棒鮓 01

パッケージ箱型。
鯖寿司の写真と、墨で書いたような「棒鮓」の文字。
そして説明書き・・・

昆布・米・塩・酢
素材への精通を心掛け
時節に合わせ手法を加減し
いい塩梅を待つ
職人手作りの一品


う~ん、美味しそうですね~。
しかも「国産鯖使用」って書いてあります。
すばらしい!

鯖棒鮓 02

箱を開けると、紙とラップに包まれた棒鮓が登場。
ラップは棒鮓にピッチリと巻いてあります。
おそらくラップを巻いてから切ったんでしょう。
ちょっと食べにくいですが、乾燥を防ぐためにはしょうがないですね。

そしてラップの下には昆布に包まれた鯖鮓が!

鯖棒鮓 03

脂が乗っていて、なかなかの肉厚!
美味しいですよ~
特に説明は不要ですかね。
駅弁でこのレベルなら全く文句ありませんっていう感じでした。

鯖鮓はそのまま何もつけずに食べるのが普通ですが、お醤油もついています。
僕も後半はお醤油をちょっとたらして食べました。








にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年04月01日 (月) | Edit |
横浜駅から徒歩12~13分のところにあるラーメン屋さん「麺や 維新」に行ってきました。

場所はやや分かりにくいんですが、横浜北幸郵便局のそば。
あの吉村家も比較的近くにあります。

麺や 維新

スープは塩、醤油とありましたが、今回は醤油を選択しました。

ラーメンの流れの中に、「端麗系」とよばれる系統があるということですが、このお店もその流れの中に位置しているのではないでしょうか。

澄んだスープがいいですね~。
鶏がらベースにネギとかショウガなど・・・ていう感じでしょうか?
麺は自家製のようですが、スープへのからみも、のど越しよさも申し分なく、とっても美味しいです。
チャーシュー、玉子、メンマ、海苔、ネギ・・・変わったものははいっていませんが、よくまとめられた正統派な美味しさだな~と思いました(えらそうな言い回しになってしまいましたが・・・)。
より洗練された東京ラーメン、鉄郎ラーメンという感じでしょうか?
(「鉄郎ラーメン」については「鶴廣」の記事をご参照ください)

このお店ではたまに数量限定で「牛骨らぁ麺」というのを出しています。
まだ食べたことがないんですが、きっと美味しいんでしょうね~。
お店のブログや店内の掲示などで予告されますので、近いうちに食べてみたいな~と思います。


麺や 維新
神奈川県横浜市西区北幸2-10-21 横浜太陽ビル1階
TEL:045-324-0767

大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。