--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年01月31日 (木) | Edit |
鎌倉市大船にある家系ラーメン「壱六家」に行ってきました。
大船駅前に2店舗あり、今回訪れたのは1号店です。
(2号店には入ったことがありません)。

大船駅は、東海道線、横須賀線、湘南新宿ライン、京浜東北線、湘南モノレールの駅です。
京浜東北線では神奈川県側の終着駅。
鎌倉・逗子方面に行くためには、遅くともここで横須賀線に乗り換えることになります。
昔は日活の撮影所があったりして結構な賑わいを見せた街ですが、撮影所がなくなってからはやや下火な感じでしょうかね~。
それでも昔ながらの商店街には八百屋さんや魚屋さんの威勢のいい声が響いていますし、美味しい居酒屋さんやレストランなどもまだまだ健在です。
まぁ、鎌倉の下町ってところでしょうかね~。

ラーメン壱六家 大船1号店

「壱六家」は店名を見てのとおり家系のお店なので、スープは当然「豚骨醤油」
家系「豚骨醤油」とはいっても、その味はお店によって様々。
本当に各お店がいろいろ研究し、工夫しているんですよね~。
「壱六家 大船1号店」は、スープは濃厚ながらトロっとしたクリーミーな仕立て。
醤油タレの味は弱めで、全体的にはマイルドな印象です。
麺は中太、具はチャーシュー、ほうれん草、ノリ、ネギ、という辺りは他の家系と共通。
ウズラのタマゴのゆで卵がのっているのが特徴かな?
なかなか美味しいですよ~。(*^0^) =3

大船駅前は居酒屋さんも多く、夜は賑わう街なんで、お酒を飲んだあとなんかにいかがでしょうか?


ラーメン壱六家 大船1号店
神奈川県鎌倉市大船1-9-13
TEL:0467-43-1618

大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年01月28日 (月) | Edit |
僕が心の中で「鉄郎ラーメン」とよんでいるラーメンがあります。
特定のお店のラーメンではなく、あるタイプのラーメンをさしています。

ここで「鉄郎」とは「星野鉄郎」
松本零士さんのマンガ、「銀河鉄道999」の主人公です。

テレビアニメにもアニメ映画にもなったので知っている方も多いと思います・・・というより日本を代表するマンガ・アニメの一つですよね。
ちんちくりんだけど男気溢れる熱血少年「星野鉄郎」が絶世の美女?「メーテル」とともに、機械の身体をただでくれる星を目指して銀河鉄道で旅をする物語。
SFでありながら、童話のようなファンタジー性や仏教説話のような寓話性に富んだ物語は非常に魅力的です。

マンガやテレビの「銀河鉄道999」の中で、鉄郎が喜んで食べるのが「ラーメン」。
物語の中では「ビフテキ」と並んで頻出の食べ物なんじゃないでしょうか?
(映画版はあまり食べ物の印象はない気がします)

鉄郎が食べるラーメンは、昔ながらの東京のラーメンじゃないかな~と想像します。
鶏がらやネギ、生姜などからダシをとった醤油ラーメン。
おそらく松本零士さんが売れっ子になる前の貧乏な時期にその心身を支えていた「ラーメン」が投影されているんじゃないかと思います。
物語の中でラーメンは、安くて美味しい、疲れた心を癒す、冷えた身体を温める、そんな食べ物として描かれているからです。

だから僕は昔ながらの東京風の醤油ラーメンを食べると鉄郎を思い出してしまうんですよね~。

今回ご紹介するのは、僕にとっての「鉄郎ラーメン」の代表格、「鶴廣」のラーメンです。

鶴廣 ラーメン

お店の名前は「つるひろ」と読みます。
誤解を恐れずに言えば、このお店には特筆すべきことはありません。
どこの街にもあるような日本流の中華料理屋さんです。
味のほうも、近くの学生やサラリーマンがお昼休みに通うような、ちょくちょく食べても飽きないような味。
もちろん美味しいから通うんですけどね。
ぼくもお昼頃にこの近くに行った際に、たまにお世話になっています。

このお店で最も安い450円のメニューが「ラーメン」。
これが僕の中での「鉄郎ラーメン」なんです。
写真を見てもらえれば味の想像はつくんじゃないかな~。
特筆すべきものはないのに、なんだか懐かしくて、元気がでるラーメンなんですよね~。
鶏がらダシのあっさり醤油ラーメンで、チャーシューとほうれん草とメンマとナルト(!)がのっています。
まぁ、やっぱり昔ながらの東京ラーメンですね~。
とっても美味しいですよ。
(もちろんチャーハンとマーボー豆腐とかニラレバ炒めなど、他のメニューも美味しいですよ!)

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

「銀河鉄道999」では、鉄郎がまたおいしそうにラーメンを食べるんですよね~。
僕が特にお気に入りのラーメンがらみのエピソードは、下記の2つ。
とにかくラーメンがおいしそうに見える話ですよ~。

『大四畳半惑星の幻想』(文庫版第1巻 第10話)
このエピソードの中で、鉄郎は始めてラーメンを食べるんです。
その時の鉄郎の感想が「これが・・・人類の口の永遠の友とうたわれたラーメンの味!!」です。

『アンドロメダの雪女』(文庫版第9巻 第2話)
このエピソードの中では、鉄郎はラーメンを食べるだけでなく、自分で作って雪女(機械人間ですが)に食べさせたりします。


場所は横浜駅から徒歩12~13分ほどのオフィス街の中、というか外れに位置しています。
ちょっと分かりにくいですが、お近くに行かれたかたは是非!

鶴廣
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-14米林ビル1F
TEL:045-312-2267

大きな地図で見る















にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年01月25日 (金) | Edit |
仙台駅ウェルネス伯養軒 仙台支店「阿武隈川 鮭はらこめし」です。

「はらこ」というのは「イクラ」のこと。
「はらこ飯」というのは、簡単にいうと鮭の身とイクラののったご飯のことです。
鮭が焼いてあったり、お刺身だったり、ごはんが白ご飯だったり、鮭の煮汁で炊いてあったりといろいろなパターンがある、東北や新潟あたりの郷土料理のひとつ。
この駅弁は宮城県亘理町の郷土料理としての「鮭はらこめし」を駅弁にしたものだそうです。

阿武隈川 鮭はらこめし 01

パッケージには川面に跳ねる鮭の姿が勇ましく描かれています。
ただ全体的には地味な印象ですね。
(この写真は2007年に購入したものです。現在のものとはデザインがだいぶん異なっているようです・・・)

阿武隈川 鮭はらこめし 02

中身はご飯の上におかずののった丼スタイル。
「はらこめし」だから当たり前ですが・・・
ご飯は茶飯
鮭の煮汁で炊いた感じではにので、色合いは演出ですかね~。
鮭はただ焼いてあるだけではなく、淡い醤油の味がしてなかなか美味です。
イクラも淡くお酒で香り付けされていて美味しいです。
茶飯、鮭、イクラ、そしてお漬物。
たったこれだけの駅弁ですが、とっても美味しかったです。
日本酒と一緒に楽しみたい感じですね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年01月20日 (日) | Edit |
京都洋食屋さん「はせがわ」をご紹介します。

はせがわ 01

はせがわ 02 はせがわ 03

場所は、地下鉄烏丸線北大路駅下車、徒歩5分といったところ。
北大路通りの北側、加茂川にさしかかるあたりです。
いかにも洋食屋さんという感じの、ちょっとレトロな感じの外観なのですぐにわかると思います。

このお店は、以前ご紹介した「オムラハウス」と同様、僕が学生時代に通ったお店の1つです。
洋食屋さんというと、けっこう値がはるお店も多いですが、この「はせがわ」はわりとリーズナブルな価格設定のため、気楽気軽に楽しめるお店です。

メニューには、ハンバーグやスパゲッティ、エビフライなど洋食屋さんの定番メニューが並んでいます。
僕達のお気に入りは「ほうれん草ハンバーグ」「かぼちゃハンバーグ」です。
学生時代にいろいろ食べた結果、この2つが自分達にとっての定番メニューに。
今回久しぶりに訪れましたが、健在でした!

「ほうれん草ハンバーグ」
はせがわ 04

「かぼちゃハンバーグ」
はせがわ 05

このお店のハンバーグは、サラダライス味噌汁(!)がついてくる定食スタイルです。
しかもお箸で食べるのがスタンダード。
「ほうれん草ハンバーグ」「がぼちゃハンバーグ」(この他「にんじんハンバーグ」なども)はホワイトソースをベースとしたソースがかかっています。
「ほうれん草」ならほうれん草を使った緑色、「かぼちゃ」ならかぼちゃを使った黄色など、自然な色合いが鮮やかでおいしそうですよね。
味のほうもまろやかで、クリーミーで、ふわふわした感じのハンバーグによく合います。
とっても美味
千切りの大根がのっているところがちょっと変わってますよね。
実はソースの中にはキクラゲ?みたいのが入っていて不思議な食感があったりもします。
ソースの量が昔よりもずいぶん多くなったような気がしますが、どうでしょう?
味噌汁がついていたり、お箸で食べるんだったりと、外観や内装のわりには定食屋的なテイストが気軽でいい感じなお店ですよ。

なお、「お子様ランチ」はこんな感じ↓(しかし、子どもを連れて来ることになろうとは・・・)
はせがわ 06
ハンバーグ、ポテトフライ、鶏のからあげ、付け合せのスパゲッティなどです。

このお店で、僕が気に入っているところのひとつが、コーヒーが美味しいところ。
食後のブレンドコーヒー(別注文、セット割引ありだったかな?)が、なんだか美味しいんです。
洋食を食べた後の口にぴったりな感じです。うまく表現できませんが・・・
やっぱりそのあたりを考えたブレンドなんでしょうかね~。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

「はせがわ」は以前当ブログご紹介した美味しいアイスクリーム屋さん「ハンデルスベーゲン」のすぐ近く。
ハンバーグを食べた帰りに、アイスクリーム・・・なんていうのはいかがでしょうか?(ヘ。ヘ)

はせがわ
京都府京都市北区小山下内河原町68
TEL:075-491-8835

大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年01月16日 (水) | Edit |
横浜駅崎陽軒「おこわ弁当」です。

僕は横浜市内以外で崎陽軒の駅弁を買うことがないので、実際にこの目で確認したわけではありませんが、この駅弁は神奈川県限定弁当らしいです。
「地域限定」というのは魅力的ですが、あまりも地元すぎるとありがたみを感じないですねぇ。

崎陽軒で「おこわ」といえば、以前「お赤飯弁当」をご紹介しましたが、今回の「おこわ」は2色!
2つの味が楽しめます。

おこわ弁当 01

掛紙は薄い黄色で、淡い色合いで山や川の絵が描かれています。
お弁当の中身とはあんまり関係さなそう。
そこに「おこわ弁当」「栗と山菜」「二種の味わい」と書かれています。

おこわ弁当 02

掛紙に書かれているように、ごはんは二色。
茶色い方が「山菜おこわ」、白っぽい方が「栗おこわ」
山菜おこわは醤油で味付けがされていて、香ばしくてなかなか美味!
栗おこわは栗の淡い甘みが美味!
おかずは崎陽軒名物のシウマイが2つに加え、白糸鱈のカニあんかけ、玉子焼き、かぼちゃしんじょ煮、レンコンやコンニャク、人参、椎茸などの煮物、お漬物です。
小さい箱の中にかなりバリエーションに富んだおかずが詰まっていて楽しめますよ~。
小さめのお弁当ではありますが、「おこわ」なんで意外に満腹感を得られる駅弁でした。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年01月13日 (日) | Edit |
お正月にお雑煮を食べました。

我が家のお雑煮はうちの奥様の故郷の味、京都風です。

僕は横浜の人だし、僕の母は東京の人なので、かつお出汁に醤油とお酒、焼いた角餅と鶏肉・人参・里芋・椎茸などの入った関東風のお雑煮で育ったんですが、京都風もとっても美味しいですよ。

お雑煮(京都風)

京都風のお雑煮は丸餅白みそ仕立て。
お餅は焼かずに入れます。
具はサトイモ金時人参大根
そして最後に削り節を散らしてできあがり。

まったりとクリーミーで、やや甘みを感じさせる白みそがたまりませんよ~。



京都風や関東風だけでなく、北海道から沖縄まで全国のお雑煮を食べてみたいな~と毎年お正月に思います・・・

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村









テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
2013年01月05日 (土) | Edit |
横浜駅の近くにある美味しいラーメン屋さんをご紹介します。

名前は「麺場 浜虎」
「浜虎」と書いて「はまとら」と読みます。
「ヨコハマ・トラディショナル」とは関係ないようです。

このお店で僕がおススメするラーメンは「鶏塩そば」「醤そば」の2つ。

鶏塩そば
浜虎 鶏塩そば
「鶏塩そば」はその名前のとおり、塩ラーメンなんですが、鶏のダシのコクも感じられてとっても美味!
クセになりますよ~。
麺は中太麺、具は海苔、メンマ、鶏肉(2種類?)、味玉、ネギです。
味玉が始めから入っているのは嬉しいですね~。
半熟の黄身をスープに絡めて食べる幸せ・・・
また、ランチタイムは大盛でも値段は変わらないというのもまた嬉しいところです。
ちなみに値段は1杯830円とやや高めではありますが・・・

醤そば
浜虎 醤そば
「じゃんそば」と読みます。
醤油の「醤」を使っていることからわかるとおり、醤油ラーメンです。
ダシは煮干系とでもいうんでしょうか。
魚介メインにその他(鶏かなぁ?)を追加した感じで、じっくりと引き出されたうまみがクセになります。
こちらも麺は中太麺で、具には海苔メンマ鶏肉ネギがのっています。
ランチタイムは大盛でも値段は変わりません。
醤そばは1杯680円とリーズナブルです。

また、このお店のサービスでうれしいのが、無料で出される飲み物がジャスミンティーであること。
食べる前にも、食べた後にも、爽やかな味が心地よいですよ。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

場所は横浜駅から徒歩5分程度、鶴屋町2丁目といういわゆる「夜の街」のはずれに位置しています。
場所を知らないで探すには、やや歩きづらいところですが、行ってみる価値はあると思います。
おススメです!

麺場 浜虎
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2丁目12−1 鶴屋町第2ビル 1F
TEL:045-311-3336

大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2013年01月01日 (火) | Edit |
岡山駅ジェイアールサービスネット岡山「下津井たこ弁当」です。

下津井というのは、岡山県倉敷市にある漁業が盛んな地区。
とくにタコ漁が盛んで、ここであがるタコを「下津井タコ」というそうです。

下津井たこ弁当 01

掛紙には下津井の風景なんでしょうか、漁港の絵とタコの絵が描かれています。
あんまり特徴のあるデザインではない感じですが、「タコなんだな」ということはよくわかりますね。

下津井たこ弁当 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
メインは当然「タコ」
「煮ダコ」っていうんでしょうかね~。
煮ふくめられたタコがとても柔らかく、ややアッサリ系のタレとよくあってとっても美味!
これが「下津井タコ」なんですね~。
原材料表示にもちゃんとそう書いてありました。
おかずはこのほかに錦糸卵、タケノコ、フキなど。
ご飯にもタコが入っています。
ご飯自体にタコの味が染みているところからすると、炊き込みご飯なんでしょうかね~。
こちらもとっても美味でした。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

やや気になるのはフキの黄緑色。
色が鮮やかすぎて錦糸卵にうつっちゃってます。
こんなに着色料を使わなくてもいいんじゃにかな~と思いました。

最後になりましたが、本年もよろしくお願いいたいます。m(_ _)m

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。