--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年10月20日 (土) | Edit |
新横浜駅ジェイアール東海パッセンジャーズ「朝のおむすび弁当」です。

出張に行くとき、早朝の新幹線のなかで朝食を食べることがよくあります。
まわりを見ると、パンとコーヒーという人が多数派のようですが、駅弁好きの僕はもちろん朝から駅弁です。
これまでは値段やボリュームから、崎陽軒の「横濱チャーハン」を食べることが多かったんですが、最近は朝からチャーハンはちょっと・・・という感じになってきました。
やはり年齢のせいでしょうかね~。

と、いうことで今回は、「朝のおむすび弁当」を選んでみました。

朝のおむすび弁当 02

パッケージは竹の皮の包み模様の箱。
中に何が入っているかが書かれていて、親切です。

朝のおむすび弁当 01

ご飯は、駅弁の名前のとおり、「おむすび」。
野沢菜の混ぜご飯のものと、ゆかりの混ぜご飯のものの2種類。
意外に大きいな~という印象です。

おかずは、ウィンナー、玉子焼き、焼き魚、鶏黒胡椒焼き、かまぼこ、タクアンです。
焼き魚は、鮭の西京焼のようです。
民宿の朝ごはんのような感じですね。
ボリュームは朝ごはん的には多すぎず、少なすぎず。
味付けはあっさりしていて朝食にぴったりです。
そして、この駅弁は値段がお安いのも好印象。
なんと400円!
コンビに弁当に負けない値段ですよね。
さらにお茶と一緒に買うと500円!
なかなかお徳な駅弁でした。

この駅弁は新横浜だけでなく、東京、品川駅、名古屋、京都、新大阪駅および、東京、名古屋、新大阪駅を朝8時30分までに発車する東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」の車内で販売されているそうです。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2012年10月14日 (日) | Edit |
「野毛」という街を知っていますか?

場所は横浜市内、「みなとみらい」とはJR桜木町駅を挟んだ反対側。
海側が「みなとみらい」、山側が「野毛」という位置関係になります。
「大道芸」で知っている方もいるかも知れませんね。

この「野毛」の街は「横浜の下町」と紹介されることがあるようです。
確かに下町なんですが・・・
表現としては「横浜きってのディープエリア」の方がしっくりくるかも知れません。

古くからの洋食屋さんや居酒屋さんなどが立ち並ぶ渋めのネオン街。
昼間に行っても静かですが、夜は賑わう街です。

今回はそんな野毛にあってもひときわディープな中華料理屋さんをご紹介いたします。
お店の名前は「三陽」
ただし、野毛の商店街?の公式サイトでは、「三陽ラーメン」。
お店の公式サイトでは「世界の三陽」だったり「中華三陽」だったり・・・
・・・まぁ、「三陽」ということで。

で、どんな具合にディープかというと・・・
このお店はいわゆる「きたないけど旨い店」というやつなんです。
フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」のコーナー「きたなシュラン」でも取り上げられた筋金入り(2009/12/3放送)。
(他にもいろいろ取材を受けていて、メディア紹介では常連さんのようです)
看板はこんな感じ↓。
三陽 01

メニューはこんな感じ↓。
三陽 02

「毛沢東もびっくりの餃子」
「周恩来も驚く野毛ラーメン」
「楊貴妃も腰抜かす ギャルのアイドル チンチンラーメン」
などなど・・・
上品な当ブログでは、これ以上はちょっと・・・というような名前の食べ物が並んでいます。

今回注文したのは、「楊貴妃も腰抜かす ギャルのアイドル チンチンラーメン」
三陽 04
名前の由来はいいとして・・・どんなラーメンかというと、「ニンニクにら入りタンメン風塩味スープのラーメン」です。
これがとっても美味。
さすがに中華街に背を向けて、しかもその目と鼻の先で、長年中華料理屋を営んでいるだけのことはありますよ。
ニンニクがとても利いているので、商談前などは避けたほうがいいかもしれませんが・・・

器の塗りが剥げていたり、店内がごっちゃりして油っぽかったり、意味もなく?シモネタ満載だったりしますが、味の方は間違いありません。
ちなみにトイレはビル内の共用トイレですが、キレイですのでご安心ください。
次回は名物の餃子と「チョメチョメラーメン」でも食べてみようかな~。

「三陽」
神奈川県横浜市中区野毛町1丁目38

大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。