2012年07月21日 (土) | Edit |
大船駅大船軒「夏越し」です。

「夏越し」というのは、6月の晦日に行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」と呼ばれる、穢れを祓う行事のことのようです。
駅弁的には大船軒の「夏」弁当ということでしょうか。

名越し 01

掛紙には、爽やかな色使いで夏の山道の絵が描かれています。
これはおそらく「釈迦堂口切通し」だと思います。
「切通し」とは、三方向を山に囲まれた鎌倉に入るための陸の入口のこと。
軍団が通りにくいように狭く険しい道になっています。
現在でもその様子は見ることができますので、興味のある方は是非行ってみてください。
「夏越の祓」は「名越の祓」と書くこともあるそうです。
「釈迦堂口切通し」は「名越」と呼ばれる場所の近くなので、そこに掛けたのでしょうね、ちがうかな?
「名越の切通し」というのもありますが、絵になるのは「釈迦堂口切通し」の方なんですよね~。

名越し 02

お弁当のサイズは、小ぶりな駅弁が多い大船軒にしてはめずらしく大きな箱です。
中は5つのブロックに仕切られており、真ん中に白ご飯。
ご飯の上には、桜海老鮭そぼろシラスなどがふりかけられています。
ご飯ものは他にも、アナゴの押し寿司が入っているのが嬉しいところ。
おかずは、大船軒名物の鯵の酢じめをはじめ、とんかつ鮪の西京焼空豆煮玉子焼きあさりの煮付けなどなど盛りだくさん。
大船軒らしい味付けで、美味しかったです。(^~^)
その中でも、パプリカなど野菜のマリネ(?)のようなおかずが、色鮮やかで、夏らしい爽やかさを感じさせてくれてよかったです。

大盛好きとしては、お弁当の構造というか、仕切りの関係でデッドスペースがあるのが残念かな~(^_^)
でも、いつもよりは大きめな感じの大船軒駅弁に満足でした。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

鎌倉の「切通し」は、鎌倉への陸の入口。
特に、「極楽寺坂切通し」、「大仏切通し」、「化粧坂」、「亀ヶ谷坂」、「巨福呂坂」、「朝比奈切通し」、「名越切通し」の7つが「鎌倉七口」に数えられ有名ですが、他にも今回掛紙に描かれていた「釈迦堂口切通し」などいろいろあります。
中にはがけ崩れの危険があるため、通行禁止になっているところもありますので、ご注意ください。

でも、夏の鎌倉は、山よりもビーチですかね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2012年07月08日 (日) | Edit |
久しぶりに横須賀に遊びに行ってきました。

横須賀といっても広いのですが、今回はJR横須賀駅から三笠公園まで、横須賀市中心部の港エリアをちょい旅してきました。

横須賀といえば、なんといっても「軍港」
古くは旧日本海軍の横須賀鎮守府が置かれ、そして現在でも海上自衛隊アメリカ海軍第7艦隊の基地のある街として独特の雰囲気を醸しだしています。

横須賀市の中心駅は、官庁街や繁華街に近い京浜急行の「横須賀中央」駅になりますが、今回のスタート地点は横須賀線の「横須賀駅」
横須賀駅は「横須賀“港”駅」にした方がいいんじゃないかと思うくらい、港のすぐそばに位置しています。
横浜方面から横須賀駅に近づくと、横須賀線の車窓には海上自衛隊の護衛艦が見えてきます。
横須賀駅の改札を出てすぐに見えるのがこんな風景↓
横須賀駅前

左側に見えるのがいわゆるイージス艦
№174は「きりしま」というそうです。
奥に見える空母のような艦船はヘリコプター搭載護衛艦
№181は「ひゅうが」というそうです。

そして振り返ると・・・
横須賀駅そば 潜水艦

ちょっと分かりにくいですが、潜水艦です。
この付近に何隻も係留されています。
地図上は米軍基地のエリアのようですので、米軍の潜水艦なんでしょうかね。

戦争はもちろん嫌ですが、こういう風景は男の子の血が騒ぎます。
わくわく感があることは否定できませんね~。

これらの風景は横須賀駅前に整備されたヴェルニー公園から見ることができます。
この公園はたくさんのバラが咲いていてとてもキレイでした。
横須賀 ヴェルニー公園

この日はあいにくの雨でしたが、晴れた日はとても気持ちがいいでしょうね~。

JR横須賀駅から京急の汐入駅前を経由して「どぶ板通り」へ。
凄い名前ですが、昔から有名な商店街です。

横須賀 どぶ板 01
ミリタリーグッズや・・・

横須賀 どぶ板 02
スカジャンや・・・

横須賀 どぶ板 03
スタジャンや革ジャンに刺繍をしてくれるお店も健在・・・

米軍基地のそばということもあり、米軍関係から流れてきたミリタリーグッズや、ここが発祥といわれる「スカジャン」のお店、レストラン・バーなどが軒を連ねていて、ちょっと面白い通りでした。
「でした」と過去形になってしまいましたが、今はお店の数も減って、ちょっと活気がないですね~。
僕が少年の頃は、まだ見上げるほど大きな軍人さんたちで賑わっていました。
お店の前にハーレーが5~6台並んでいたりして、ちょっと怖かったような記憶があります。
超円高の影響もありそうでうね~。

どぶ板通りを抜けて「そのままドン突きの、三笠公園」へ。
(クレイジーケンバンド「タイガー&ドラゴン」より)
「三笠公園」は、戦艦「三笠」が保存されている公園です。

三笠公園 01

戦艦「三笠」は、日露戦争日本海海戦での連合艦隊の旗艦です。
日露戦争といえば、最近ではNHKの大河ドラマ「坂の上の雲」でも描かれていましたね。

横須賀 三笠公園 02

日本海海戦時の司令官「東郷平八郎」の像も。
歴史上の日本人の中で、世界的な知名度と評価が最も高い人物の一人ではないでしょうか。

現在の「三笠」は「記念艦」としてコンクリートで地面に固められています。
甲板から上の部分は再建とのことですが、歴史の重みを感じさせてくれるモニュメントではあります。
内部は日本海海戦の資料などが展示されていて見ごたえ充分です!

横須賀でお腹がすいたなら、おススメは「YOKOSUKA NAVY BURGER」・・・「横須賀ネイビーバーガー」です。
ネイビーというのは「アメリカ海軍」、そして「バーガー」はもちろん「ハンバーガー」。
この「ネイビーバーガー」の特徴は本家アメリカ海軍のお墨付きなところ。
そもそもの始まりは、2008年11月19日に米海軍横須賀基地から横須賀市へ、アメリカ海軍伝統のハンバーガーのレシピが提供されたこと。
「横須賀ネイビーバーガー」を名乗るにはこのレシピに従い、
つなぎを一切使用しない100%ビーフ
170グラム以上のビッグサイズ
などの基本条件を満たすことが必要だそうです。
現在横須賀の十数店舗で食べることができますよ。
基本的な条件を満たしつつ、各お店の工夫がされていて、どれも美味しそう。
そんな中で今回選んだのは、どぶ板通りにあるメキシコ料理のレストラン・バー「TSUNAMI」
横須賀 TSUNAMI

ここの看板バーガーは「ジョージ・ワシントン・バーガー」(1,300円)。
「ジョージ・ワシントン」はもちろんアメリカ合衆国初代大統領の名前ですが、ここでは横須賀を母港とするアメリカ海軍第7艦隊の原子力空母「ジョージ・ワシントン」のことなんだと思います。

横須賀 ジョージ・ワシントン・バーガー
この写真では分かりにくいですが、総量580グラムのビッグサイズ。
レタス・トマト・たまねぎ・パテ・チーズ2枚・目玉焼き・厚切りベーコン2枚が使われています。
赤身のアメリカンビーフが使われているからなのか、味はスッキリとシンプル。
ガッツリ食べてもムネヤケしませんよ!

これ以外にも、
横須賀 プレインバーガーセット
プレインバーガーセット(クウォーターサイズ)(650円+300円)

横須賀 アボカドチーズバーガー
アボカドチーズバーガー(クウォーターサイズ)(900円)

横須賀 ビーフタコス
ビーフタコス(3ピース)(900円)

などを注文。

飲み物も、日本メーカーの生ビール、アメリカやメキシコのビール、カクテルなどが楽しめるほか、ドリンクメニューの中には「ルートビア」もありました。
あの「タイガーバーム」のような味のドリンクを初めて飲んだときは、アメリカ人の味覚を心底疑ったものです。
でもクセになるんですよね~、これが・・・決して美味しくはないんですけどね~。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

ほんとうはこの後、最近のもうひとつの横須賀名物「チェリーチーズケーキ」を食べようと思ったのですが、お目当てのお店がお休みだったため断念。
また次回のお楽しみにしたいと思います。

それにしても、横須賀という街は、
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
「横須賀ストーリー」山口百恵
「タイガー&ドラゴン」クレイジーケンバンド
「そんなヒロシに騙されて」サザンオールスターズ
などの、ご当地ソングのイメージのとおり、今でもなんとなく鉄サビとオイルとロックンロールやブルースの雰囲気が残っているところだな~と思います。
やっぱり軍港の無骨な感じがそういう印象を抱かせるんでしょうか。
横浜も昔は似たような雰囲気があったみたいですが、最近ではすっかり洗練されちゃってますもんね。
横浜にも米軍施設はまだたくさん残っていますが、戦闘部隊はいない・・・このあたりの違いでしょうかね。

TSNAMI
〒238-0041 神奈川県横須賀市本町2-1-9
TEL 046-827-1949

大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行