2012年06月17日 (日) | Edit |
小樽にはこれまで旅行や仕事で何度か訪れました。

小樽駅から港へ向う坂道がとても好きで、バスにのれば速いのに、つい歩いてしまいます。

観光名所の運河周辺を中心にお寿司をはじめ美味しそうな海鮮料理が目白押しの小樽ですが、今回は小樽駅からすぐの小さな市場、「三角市場」にあるお店をご紹介します。

「三角市場」は小樽駅から徒歩2分くらい。
本当に駅の目の前にある市場で、お正月以外はほぼ無休らしく、仕事の合間に覗くにはもってこいです。

その中で今回選んだのは「味処たけだ」
なぜこのお店にしたのかは、今となっては思い出せませんが、いかにも定食屋な佇まいが、仕事帰りの気分にマッチ(死語?)したのかもしれません。

味処たけだ

メニューには海鮮丼、お刺身、焼き物など、北海道の海の幸が鮮やかな写真とともに紹介されています。
どれもこれも美味しそう~なんですが、この日は遅めの昼食ということ、横浜まで帰らなければならないことから、「刺身で一杯」はあきらめて丼ものにしました(ビールは飲みましたが・・・)

ウニやイクラの丼はお高いので、「かに・ぼたんえび・ほたて」の三色丼をチョイス。
カニは茹でたタラバでしょうかね~、肉厚の爪とほぐし身がたっぷり。
ボタンエビは頭つきのお刺身、ホタテもお刺身です。
ホタテは生きているのを目の前であけて切ってくれるんで、丼の上でもうにうに動いているほど新鮮でした。
この三色丼は1500円。
内容を考えるとやっぱりお得ですよね。
これに200円のカニ汁を注文。
このカニ汁はタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニの三種類のカニの脚が入った味噌汁で、とっても美味でこちらもお得な一品でした!

このお店は結構テレビなどで紹介されることあるんでしょうかね。
見慣れたタレントさんの写真やサインがいくつも飾ってありましたよ。


大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ