--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年02月25日 (土) | Edit |
「永楽のタンメン」を食べました。

これは我が家の定番メニューのひとつ。
月に1回は食卓にのぼります。

「永楽」というのは中華街の老舗製麺所「永楽製麺所」のこと。
ハマっ子にはお馴染みです。
中華街だけでなく、市内のラーメン屋(中華料理屋ではなくて)でも、「永楽製麺所で特注」的な言葉が店内に掲げられていたりするほどなんですよ。

ここの「スープ付き生めん」がとっても美味しいんです。

永楽のタンメン 01

タンメンというのは、豚肉野菜炒めののったトリガラスープの塩ラーメン的なもの。
そもそも老舗製麺所の商品なんで麺は絶品。
中太の平打ち麺?なのかな?
コシがあってのど越しもよくてとっても美味!
スープにもコクがあってもうたまりません。(*^0^) =3

つくり方はとても簡単。
豚肉野菜炒めをつくり、麺を茹で、液体スープをお湯で薄め、丼に盛りつける。
あたりまえですが・・・
(肉野菜炒めはごま油を使うとか、キクラゲを入れるとか、いろいろあるみたいですが、ディテールは皆さんで美味しく工夫してみてくださいね。)

出来上がりはこんな感じ↓。
永楽のタンメン 02

永楽製麺所の商品は中華街の本店(横浜市山下町92-3)の他、横浜そごう、横浜高島屋、上大岡京急百貨店などでも購入できます。
タンメン以外にもいろいろな麺を売っていますよ。

そして永楽製麺所のウェブサイトにて通販もやっているみたいです。
遠方のかたも是非食べてみて下さい。
おススメです!


大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
2012年02月23日 (木) | Edit |
先日、京浜急行の上大岡駅にある京急百貨店で開催されていた「大イタリア展」に行ってきました。

まぁ・・・いわゆる物産展なんですが、イタリアといえばきっと美味しいものがいろいろあるに違いないと思い、いそいそと出かけてみました。

世界一のピザ職人のナポリピザや、ワインパスタパスタソースジェラートなどなど、心引かれるものたちが並んでいました。

その中で僕が最も心惹かれたのは「焼き栗」
ヨーロッパの街角で売られている焼き栗にちょっと憧れていたんですよね~。
家ではパンパン跳ねて危険らしいんで作れないですし(「さるかに合戦」で焼き栗が飛び跳ねるシーンがありましたよね。)、なかなか食べる機会がなかったので、早速買ってみました。

焼き栗
(写真は3個ですが、袋にはたくさんの栗が入っています)

出店は「イタリアの焼き栗 マローネ」さん。

イタリアの栗は日本の栗に比べると淡白なお味。
ホクホクの焼き栗の味は、ストーブで炙った「干し芋」にちょっと似てるかも。
日本でいえば「焼き芋」的なポジションでしょうか。
そういえば本場の屋台では新聞紙?に入れてくれるんですよね。
そのあたりも焼き芋に似ているかも!
とっても美味しかったですよ~。
大満足でした。

ところで、この焼き栗で面白かったのは、その袋。

焼き栗 02

要は、真ん中が閉じていて、両側に口が開けた紙袋です。
栗を入れてある側と、殻を入れる側、ということ。
これは単純なようでいて、かなり便利でした。

甘栗の袋もこれにしてくれないですかね~。
終盤、殻だらけの袋にむなしく手を突っ込んでガサガサしなくてもいいように・・・

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


お取り寄せも出来るみたいですよ!↓



テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2012年02月19日 (日) | Edit |
京都駅ジェイアール東海パッセンジャーズ「京の歳時記 祇園」です。

京都の花町「祇園」の名を冠した駅弁です。

京都といえばやっぱり和食。
「懐石系」と「おばんざい系」がありますが(本当か?)、この駅弁はどちらかといえば「懐石系」のイメージでしょうかね。

京の歳時記 祇園 01

パッケージは2段重ねの箱型。
祇園の街並みをイメージしたのであろう「格子」舞妓さん、それから大文字焼と祇園祭の山鉾巡行の絵が描かれていて、京都らしさをアピールしています。
そして目立つのは「健康弁当宣言」の文字。
その内容は、
「品目数は20品目以上」
「野菜は120g以上使用」
「使用する油はコレステロール「0」」
「合成着色料は一切不使用」
「特A評価の国産米を100%使用」

とのこと。
他の駅弁と比べてどうなのかはわかりませんが、素晴らしい!
品目数が多いのは見た目も食べても楽しくていいですよね~。

京の歳時記 祇園 02

フタを開けると色鮮やかなおかずたちが登場!
カボチャ、ニンジン、サツマイモ、シイタケ、サトイモ、キヌサヤ、シシトウ、エビなどの煮物。
玉子焼き、魚の煮付け、
などなどが詰まっています。
合成着色料を一切使用していないにもかかわらず、とってもカラフルで楽しいです。
味付けはあっさり目で美味しいです。
そして京都らしいのは「生麩」「生麩饅頭」
「生麩饅頭」って美味しいんですよね~。
今でこそ鎌倉や横浜あたりの和菓子屋さんでも見かけるようになりましたが、僕が京都で学生時代を過ごしていた頃はまだ珍しく、錦小路の専門店まで買いに行ったものです。
ご飯は白米の豆ご飯と黒米の2種類です。

この駅弁は写真の日付にもあるように2009年に購入したもの。
現在のものはだぶん違うデザインにんっているようです。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2012年02月16日 (木) | Edit |
今回は横浜のラーメン屋さんをご紹介します。

とはいっても家系を代表とする豚骨醤油のいわゆる横浜ラーメンではなく、あっさり系の塩ラーメンです。

お店の名前は「本丸亭 横浜元町店」
(本店は厚木(神奈川県)だそうです。)

本丸亭

スープは鶏のダシがしっかりときいており、あっさりの中にもコクがあるというか・・・とっても美味
麺はコシのある平打ちでです。
面白いのは「具」。
チャーシューは普通としても、これ以外にワンタンと、春菊がのっています。
特に春菊っていうのは珍しいですよね。
食べはじめにスープの中に沈めておくと、いい感じに美味しくなりますよ。

若い頃は家系一筋(僕が10代の頃はまだ家系っていう言葉はなかった気がしますが)でしたが、最近はいろいろ楽しんで食べられるようになりました。
まぁラーメンの好みは十人十色、千差万別。
美味しかったり、そうでもなかったりして、いろいろと楽しめます。

今回の「本丸亭 横浜元町店」の場所は元町通りを代官坂で山側に曲がり、仲町通りを横切って少し行ったあたり。
みなとみらい線 元町・中華街駅から徒歩約3分、JR根岸線 石川町駅から徒歩約10分といったところ。


大きな地図で見る

本丸亭で塩ラーメンを楽しんだあとは、代官坂通りをず~とまっすぐ登って、元町公園周辺を散策なんていうのはいかがでしょうか。
元町公園は桜の名所。
以前当ブログの「ちょい旅」でもご紹介しておりますので、是非こちらもチェックしてみてください。
「ちょい旅 -横浜編(1)-」


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ
2012年02月13日 (月) | Edit |
新横浜駅ジェイアール東海パッセンジャーズ「おつまみ弁当」です。

おつまみ・・・
とても分かりやすいネーミングですね~。
当然、新幹線の中でのお酒のお供に、ということで作られた駅弁なんでしょうね。

おつまみ弁当01

掛紙にはビール、ワイン、日本酒の絵が描かれています。
どんなお酒にもあいますよ~というメッセージが込められているんでしょうかね。

おつまみ弁当02

中身は、大根や里芋、たこなどの煮物、鮭の西京焼き、味噌カツ、焼き鳥、水菜と小海老のおひたし、俵型のおにぎり(生姜、ゆかり)などなど。
小さいながらも、しっかりとした「おかず=おつまみ」がいろいろ詰まってて、なかなか楽しいです。
このラインナップであれば、確かにどんなお酒にも合いそうです。
ご飯も入っているのがいいですよね。

ちなみにお値段は650円。
普通の駅弁よりは安いですが・・・
ボリュームを考えると残念ながら割安感はあまり感じませんね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2012年02月11日 (土) | Edit |
ごぶさたしております。

東日本大震災後、折からの不景気もあって、
駅弁を買えるような出張仕事がずいぶん少なくなってしまいました。

駅弁情報のストックはまだまだあれど、これからど~しよ~・・・と
悩むこと数ヶ月・・・

とりあえず初心にもどり、駅弁以外にもいろいろと取り上げていこう!
ということにいたしました。

ということで、またよろしくお願いいたします。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

再開初回は、先日久しぶりに行ってきた磯料理「うに清」のご紹介です。

神奈川県は真鶴町・・・小田原市と湯河原町にはさまれた小さな町・・・
真鶴半島の付け根あたりに位置する磯料理の名店「うに清」。
久しぶりと書きましたが、僕は10歳頃から年に1度は訪れているお店で、今回も
まぁだいたい1年ぶりといったところです。

うに清 外観

この店のお勧めはなんといってもお刺身。
2000円台から8000円くらいまでのコースがあり、3人前以上だと舟盛りに
なるんだったかな?
メインとなるお魚はタイ、ヒラメ、イシダイあたりから選択します。
(イシダイはないときもあるみたいですね)
ちょっと記憶が曖昧ですが、そんな感じです。

我が家の定番は8000円のコースで、お魚選択はヒラメ。
コースの内容は、

・つきだし
   ・・・イカのお刺身や貝の煮物、イカの塩辛などそのとき次第。
      この日はなんと「マンボウのお刺身」。
      ぷにぷにとした不思議な食感で、味はとても淡白。
      生姜醤油か七味唐辛子なんかが合うようです。

・サザエの壷焼き
   ・・・一人2つ
      サザエの壷焼

・焼き魚と卵焼き
   ・・・魚はエボダイかカマスが多いかな?
      これがとても美味しいんです。
      鮮度もいいのでしょうが、板前さんが焼くとこんなに美味しいのか~と
      感心させられます。

・エビ
   ・・・以前は車えびの塩焼きでしたが、最近はイセエビの兜焼きに
      なったみたいです。
      これも美味しい!
      普段はあまりエビを食べないうちの娘さんも、もりもり食べてました。
      イセエビの兜焼

・舟盛
   ・・・メインのお魚(この日は(も)ヒラメ)、イセエビ、アワビ、サザエ、
      アジのタタキ、ウニ

      どれもこれも新鮮でほんっとうに美味!
      しかもボリュームも相当なものです!
      舟盛

・イセエビの味噌汁
   ・・・この味噌汁が、本当の主役なのでは!っていうぐらい美味しいです。
      あっさりした味噌にイセエビの出汁が・・・よ、よだれが・・・
      とにかく染みます、身も心も・・・
      我が家ではなによりもコレを楽しみに通っている感じです。
      味噌汁

・ご飯とお漬物
   ・・・ご飯のおかずはお漬物と味噌汁だけになってしまうので、
      おススメの食べ方は舟盛のアジのタタキを残しておいて、
      最後のご飯と一緒に食べる!です。

お刺身以外にも焼き魚やフライ、卵焼などのメニューもあるので
まだ生ものが食べられない小さなお子様連れでも大丈夫です。
うちの子もまだ生ものは与えていないので、今回はアジフライを別に注文。
これも肉厚サクサクでとっても美味でした~。

真鶴は漁業の町のため、磯料理屋さんは沢山ありますが、僕は「うに清」
おススメします。
昔一度だけ他のお店に浮気をしたことがあるんですが、翌年からはまた
「うに清」に戻りました。
同じようなメニューなのに、なぜだか満足感が全然違ったんですよね~。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

「うに清」はこの辺↓

大きな地図で見る


にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:外食グルメ
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。