2010年02月27日 (土) | Edit |
京都駅醍醐SA「比叡ゆば ちりめん弁当」です。

「ゆば」といえば京都名物のひとつ。
比叡山延暦寺に中国から伝わったのが日本のゆばの始め
らしいです。
もうひとつの主役「ちりめん」「ちりめんじゃこ」のこと。
天日干した塩茹でのシラスのことでですね。
僕の住む横浜あたりではシラスといえば鎌倉や藤沢あたりの
港にあがることもあって生シラスか釜あげシラスがおなじみ
ですが、京都ではこの「ちりめん」が定番のようですね。

比叡ゆば ちりめん弁当 01

パッケージはダンボール紙のような素材で、紙そのまんまを
生かしたような感じの地の上に、墨で書いたような文字で
お弁当の名前を書いた紙が貼ってあります。
全体的にシックで高級感を感じさせます。

比叡ゆば ちりめん弁当 02

ご飯の上にのっている淡いあめ色ものが「ちりめん」ですね。
山椒のかおりの効いた「ちりめんざんしょ」というやつでしょうか。
京都らしい味わいですね~。
おかずは揚げたゆばに煮つけたゆば、ごぼうのマヨネーズ和え、
野菜などの煮物などなど。
どれも丁寧に味付けられていて、とっても美味
上品な感じです。

ボリューム的にも上品なところはややアレですが、
とっても美味しかったですよ~。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

この駅弁でも使われている「ちりめんざんしょ」などはいわゆる
「京のおばんざい」というやつですね。
「おばんざい」=「おそうざい」、家庭料理のおかずのことですかね。
淡い味付けのイメージが強い京都の料理ですが、家庭料理はそうでも
ない気がします。
海のない街のためか、伝統的なお惣菜には保存食系が多く、しっかりと
した味付けがされていて、ご飯が進むようなものがたくさんあるようです。
京都に行ったら懐石料理や精進料理ばかりでなく、錦小路あたりで
「京のおばんざい」を試してみるのも楽しいですよ。

錦小路の様子↓
錦小路

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ