2009年03月30日 (月) | Edit |
米原駅井筒屋「近江牛大入飯」です。

近江牛といえば、神戸牛松阪牛とならぶ日本三大和牛のひとつ。
但馬牛を素牛とするおいしいおいしい牛肉です。
駅弁でこれが食べられるのは嬉しいですね。

近江牛大入飯 01

パッケージは箱型。
江戸時代か明治初頭か、そのあたりの時代の街並みが
素朴なタッチで描かれています。
「ハイカラ風味。ご飯はほんのりカレーの香りで只今参上!」と書かれているところをみると、明治のイメージでしょうかね。

近江牛大入飯 02

お弁当はご飯の上におかずがのっている丼スタイル
牛肉はやわらかく煮てあってとっても美味。
見た目よりもあっさりした味わいです。
ごはんはパッケージにも書いてあったとおり、カレー風味。
「カレー味」ではなく「風味」っていう表現がピッタリな感じの
淡い味わいです。
牛肉がのっているので「ビーフカレー風味」ってところでしょうかね~。

先日ご紹介した「湘南ツイン弁当」もそうでしたが、最近は
洋風というか、ちょっとこれまでと違った感じの味つきご飯の
駅弁が増えてきているんでしょうか。
そういえば「神戸のステーキ弁当」もピラフでしたよね。
いろいろな味があって楽しいですね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2009年03月15日 (日) | Edit |
新千歳空港、(おそらく)札幌バルナバフーズ「うにいくらちらし」
「かにいくらちらし」です。

今回はまとめて2つご紹介です。
「おそらく」と書いたのは・・・
この空弁を購入したのは4年ほど前で、その当時は駅弁や空弁のブログを
始めるとは思ってもいませんでした。
ただ見た目がきれいなので撮ってみた・・・という感じだったので
製造元や販売元の記録をとっていなかったからです。
いろいろ調べたところ、札幌バルナバフーズだろうということになりました。
違っていたら教えてくださいね。

うにいくらちらし & かにいくらちらし

パッケージは墨で書いたような文字で書いたお弁当の名前と、中身の写真。
新千歳空港という場所柄、ついつい「うに」とか「いくら」とか「かに」とかに
目が行ってしまうんですよね~。
その時は久しぶりに行った北海道だったんで、たまらず購入!でした。

八角形の容器にぎっしりと敷かれた酢飯の上に、半分はいくら、もう半分は
それぞれ「うに」、「かに」がのっています。
ただそれだけ。
本当にそれだけなんですが、とっても美味しかったです。(*^0^) =3
やっぱり北海道といえばこれ!って感じです。

(もちろんROYCE'Sや六花亭のお菓子も買って帰りましたけどね。)

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2009年03月08日 (日) | Edit |
博多駅北九州駅弁当「驛舎竹籠辨當」です。

レトロなデザインの駅弁というと、これまでにも
松山駅の「汽車辨當」近鉄難波駅の「平成日の丸辨當」
上野駅の「おふくろの味 上野弁当」など、いろいろと
ご紹介してきましたが、今回の「驛舎竹籠辨當」のその一つです。
やっぱりレトロは流行っているんでしょうかね~。

驛舎竹籠辨當 01

掛紙はシンプルの極み。
白地に黒いフォントで「創業明治二十四年」「驛舎竹籠辨當」
書かれています。
イラストもありません。
カニのシールが貼られているのが唯一の「絵」らしきもの。
旧字体の漢字を使っているあたりからもレトロな
雰囲気が感じられますよね。

驛舎竹籠辨當 02

容器はその名のとおり竹籠です。
これだけで雰囲気が出ますよね~。
ご飯はおにぎり
掛紙に貼られたシールのとおり、カニご飯のおにぎりです。
かなり薄味で、カニの風味は食べながら鼻に息を抜いてみないと
なかなか感じられないほどです。
おかずはタケノコや里芋、ニンジンなど野菜の煮物軟骨入紫蘇つくね
がんもの煮付け卵焼きカマボコ巻き昆布お漬物です。
このラインナップはまさにお母さんのお弁当みたいですよね。
味付けはやや濃い目でとっても美味しかったですよ。(*^0^) =3

この駅弁は季節ごとにおにぎりに混ぜ込まれる具がかわそうです。
今回は冬のものとしてカニでしたが、秋には松茸だったようです。
これから春、夏とどんな具が混ぜ込まれるのか楽しみですね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2009年03月01日 (日) | Edit |
沼津駅桃中軒「二色まぐろ重」です。

焼津漁港を擁する静岡県マグロの水揚げの多い地域。
この駅弁はそんな静岡県内で水揚げされたマグロを使った駅弁です。

二色まぐろ重 01

パッケージは葛飾北斎「神奈川沖浪裏」をモチーフにしたもの。
波間から2匹のマグロが顔を出しているところがかわいらしいです。
パッケージの絵の方が富士山が大きく描かれているのは、
相模湾より駿河湾からの方が富士山が大きく見えるからでしょうかね~?(^-^ )

二色まぐろ重 02

パッケージを外すと厚みのあるお弁当箱が現れます。
ずっしりと重くて分厚い駅弁・・・満腹感への期待が高まります。
「重」なので、もちろんご飯の上におかずがのっています。
ご飯は酢飯。
程よい味付けがとってもいい感じですよ。
メインのおかずはこの駅弁の名前にもなっている二色のマグロ。
一つは漬マグロの素揚げ
漬マグロなので、そのままでも美味しいですが、
お好みですが、一緒に入っているワサビと醤油で食べると
あっさりとさらに美味しくいただけます。
もう一つは甘ダレに漬けた漬まぐろの揚げ物
(揚げたものを甘ダレにつけたものです)
一緒にのっている椎茸、生姜が甘辛いタレにぴったりと合って
本当に美味しいです。
他には彩りにネギと錦糸玉子がのっていて、見た目もなかなか。
大満足の駅弁でした~!(*^0^) =3

沼津駅はこの「二色まぐろ重」「港あじ鮨」など美味しそうな駅弁が
たくさんあって、いつも目移りしてしまいます。
また今度行くのが楽しみな駅です。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ