--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月18日 (日) | Edit |
和田山駅福の家「こだわり釜めし」です。

和田山駅というのは、ややマイナーな駅ですが、京都から嵯峨嵐山、
福知山、豊岡、城崎温泉、鳥取、出雲市などを経由する山陰本線と、
和田山から姫路をつなぐ播但線の乗換駅。
位置的には丹波但馬の境い目辺りにあたるんだと思います。

こだわり釜めし 02

掛紙はオレンジ色の地に版画のようなデザインで農村風景画
描かれた素朴なもの。
掛紙のしたには釜飯でお馴染みの焼き物の器。
やっぱり釜飯は焼き物の器がいいですよね。

こだわり釜めし 02

中身は釜飯なのでご飯の上に具がたっぷりのっています。
まず目を引くのは三枚並んだキノコのスライス。
この形は・・・そう、松茸です。
かみ締めると松茸のあの香りが口の中に広がってとっても美味
真ん中の黒いものは黒豆
手前のお肉は牛肉
そのほかの海老キヌサヤ錦糸玉子生姜がのっています。
このおかずのラインナップはちょっと変わってますよね。
松茸、黒豆、栗は丹波地方の、牛肉は但馬地方の名産品ですよね~。
和田山駅周辺の名産品を釜めしにのっけてしまったって感じですね。
とはいえ、ここに使われているものはおそらく丹波の栗でも、丹波の松茸でも
但馬牛でもないと思います。
これらを全部使っていたらとても1000円の駅弁にはならないでしょうからね。
駅弁はあんまり高くないことも大事なポイントだと思います。
それでも駅弁としては十分美味しいですし雰囲気は伝わりますしね~。(*^0^) =3

この駅弁は改札を出てすぐの喫茶店内で販売していますよ。
駅のホームの売店の営業は繁忙期だけだそうです。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2009年01月10日 (土) | Edit |
札幌駅札幌駅立売商会「かに三種味くらべ弁当」です。

北海道といえばカニ!なんでしょうかね~。
少なくとも北海道を代表する味覚の一つであることは確かなようです。
今回の駅弁は北海道でとれる代表的な三種のカニを楽しめる駅弁です。
その三種類とは「タラバガニ」「ケガニ」「ズワイガニ」です。
北海道というより日本を代表する三種類のカニかもしれませんね。
大きくて食べ応えのある「タラバ」、味噌が美味しくてよい出汁のでる
「ケガニ」、そして味も食べ応えも最高の「ズワイ」・・・たまりません。
ちなみに「ズワイガニ」はとれる地域によって、「越前ガニ」「松葉ガニ」
「間人ガニ」
など、さまざまな呼び方があるそうです。
僕は京都方面につてがあるので「松葉ガニ」がお馴染みですが、
本当に美味しいカニですよ~。
もちろん北海道で食べた3種のカニも最高に美味しかったです。
駅弁になっても楽しみですよね。

かに三種味くらべ弁当 01

パッケージは真っ赤な箱にカニの絵と写真がデザインされたもの。
赤はやっぱり茹でたカニの色なんですかね~。
(今回のこの駅弁ですが、購入したのは2007年の春なので、
パッケージのデザインは現在のものとは違っているようです。)

かに三種味くらべ弁当 02

中身は3つのパートに分かれています。
もちろんカニの種類による区分けです。
昆布出汁のきいたご飯の上にカニのほぐし身とカニの身の塊り(?)。
ご飯もカニもとっても美味しいです。
北海道の駅弁という感じがして旅情を満たしてくれます。
でも「味くらべ」という点では、よくわかりませんでした。
料理屋さんで食べるときほどの違いを感じなかったというのが
正直な感想です。
これがタラバで、これがケガニで、これがズワイだろうな~とい
あわ~い印象はあったんですが、「くらべ」というほどの違いは・・・
「駅弁」という食べ方の性質上しょうがないですよね。
比べなくても、どれも美味しいカニご飯でしたよ。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2009年01月04日 (日) | Edit |
豊橋駅壺屋弁当部「稲荷詣で」です。

豊橋の駅には稲荷寿司がたくさん売っています。
それもそのはず、近くには(電車で15分くらい)有名な
豊川稲荷があるからです。
豊川稲荷に電車でおまいりにいく人の多くは豊橋駅を利用
するんでしょうね。

今回の駅弁は、そのままずばり「稲荷詣で」
初詣の時期だけに、ぴったりな感じですよね。

稲荷詣で 01

掛紙は白地に赤いラインのご祝儀袋のようなデザイン。
そこに神社らしき絵と商売繁盛・家内安全と書いてあります。
箱のサイズから明らかなんですが、小さな駅弁です。
掛紙にも「ちょっぴり食べたいミニグルメ」と書いてあります。

稲荷詣で 02

中身は当然、稲荷寿司
甘辛いお揚げで酢飯を包んだお寿司です。
稲荷寿司は昔から駅弁や行楽弁当の定番ですよね。
昔の「サザエさん」なんかでも旅先ではたいていこれでした。
さらに海老のにぎり寿司鶏の唐揚げきのこの天ぷら
枝豆が入っています。
掛紙に書いてあるとおりボリュームは少なめですが、
とっても美味しかったです。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ところで豊川稲荷というのは、伏見稲荷を総本社とする
いわゆる稲荷神社ではなく、お寺なんですね。
本来の名前は「豐川閣妙嚴寺」
おまつりしている神様が稲穂を荷い、白い狐に跨っていることから
通称「豐川稲荷」となったそうですよ。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。