--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月31日 (日) | Edit |
郡山駅福豆屋「小原庄助べんとう」です。

小原庄助とは、会津地方の民謡に登場する伝説の酒飲み
朝寝、朝酒、朝湯が大好きで・・・っていうやつです。
有名な歌ですが、民謡「会津磐梯山」の一節だということは
今回初めてしりました。

民謡「会津磐梯山」はこんな感じだそうです。

♪エンヤー 会津磐梯山は宝の山よ
 笹に黄金が エーマタなり下がる
 エンヤー 東山から 日々の便り
 行かざなるまい エーマタ顔見せに

 (囃子)
 小原庄助さん なんで身上つぶした
 朝寝 朝酒 朝湯が 大好きで
 それで身上つぶした
 ああ もっともだ もっともだ♪

小原庄助べんとう 01

パッケージは正方形に近いオレンジ色の箱型。
上の囃子の一節とお酒を下げてもろ肌脱ぎの
酔っ払いが描かれています。
小原庄助のイメージにぴったりのイラストですね~。
小原庄助べんとう 02

箱を開けるとお品書きが入っていて、そこに「会津磐梯山」の
歌詞の一部が書かれています。

小原庄助べんとう 03

お弁当は二段になっています。
ご飯はわさび昆布ののった会津産のこしひかりの白ご飯と、
菜の花のったしめじご飯の2種類。
一段全部がご飯なんで、ボリュームも結構ありますよ。
おかずは青海苔風味の海老天ニシンの昆布巻き
厚焼たまご鶏肉の味噌焼豆みそ牛糸こん煮
みつばなめこかまぼこゴボウのお漬物
とてもバラエティーに富んでいて楽しいですね。
「鶏肉の味噌焼」は特にご飯にあって美味しかったです。

お弁当の中身と小原庄助さんは特に関係ないみたいですが、
地元の有名キャラの名前を拝借した「幕の内弁当」という
ところでしょうか。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

ちなみに民謡に謡われた小原庄助さんは架空の人物のようです。
同姓同名の人物やモデルになった大酒飲みは何人かいるようですが、
特定の人物のことではないみたいですね。
身上つぶした大酒のみの歌にもかかわらず、
暗くも説教くさくもないですよね。
これだけみんなに愛される大酒飲みというのも珍しいですね。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2008年08月26日 (火) | Edit |
京都駅ハトヤフーズ「京の二段弁当」です。

京料理とえば、華やかで季節感に富んだ日本料理の代表格です。
今回はそんな京料理のイメージを備えた駅弁をご紹介します。

ハトヤフーズはそもそも京都の仕出料理屋さん「京・胡蝶庵」
経営する会社だそうです。
ハトヤフーズの属するハトヤ観光グループというのは、京都の有名な
寺社の会館での仕出やデパートなどでの弁当販売を行ってきた
会社ということなので、京風のお弁当はまさにお手の物というところでしょうね~。

京の二段弁当 01

掛紙はなく、全体が千代紙で包まれたようなデザインになっています。
容器自体がパッケージ替りといったところでしょうか。

京の二段弁当 02

お弁当は名前のとおり二段になっていて、上段も下段もとても色彩豊か
美しく、食べてしまうのがもったいない感じです。
下段には、京風のチラシ寿司。敷き詰められた錦糸玉子が色鮮やかです。
他には漬物なすの田楽が入っています。田楽はまろやかな味わいで
とっても美味です。
上段は玉子焼きがんも・なす・ニンジン・花麩の炊き合せ鰆幽庵焼
紅白なますひじき豆さつまいも天、海老五色あられ青唐天など、
バリエーション豊かなおかずが入っています。
(一部のおかずの名前が分からなかったのでハトヤフーズのWEBサイトで確認しました。)
料理屋さんで食べるとまではいきませんが、「京料理」のという言葉の
イメージどおりの、華やかで楽しい駅弁でした。
ただ・・・おかずのバリエーションに比べてご飯の量が上品過ぎる
ような気がします。
「京料理」と「大盛り」・・・なんだかかけ離れた存在ですが・・・
やっぱり、求むご飯大盛り!です。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2008年08月11日 (月) | Edit |
下関駅下関駅弁当「長州ファイブ」です。

「長州ファイブ」・・・
全く駅弁の名前らしくない、この響き。
まるで戦隊ヒーローもののような名前ですよね。
僕はまったく知らなかったのですが、幕末の長州藩からヨーロッパに
派遣された5人の長州藩士のことで、ロンドン大学に「Choshu Five」
石碑があるそうです(日本語では「長州五傑」と訳すらしいです)。
最近映画にもなったそうなんで、有名なんでしょうね~。
ちなみにその長州ファイブとは・・・
伊藤博文:初代内閣総理大臣
井上馨:初代外務大臣
井上勝 :鉄道長官
遠藤謹助:造幣局長
山尾庸三:工部卿
の5人のことだそうです。

長州ファイブ 01

パッケージには長州ファイブの面々の写真と、お弁当の中身の写真。
名前からは中身の想像がつかない駅弁なだけに、中身の
写真は必須かもしれませんね。
「ホット弁当」と書かれており、温めるタイプの駅弁であることが
わかります。

長州ファイブ 02

中身は釜飯のようなタイプで大きな具がごろごろとのっています。
おかずのラインナップは、シロサバフグ煮クジラの竜田揚げ
アンコウの唐揚焼明太子帆立ウニ焼エビの具足煮錦糸玉子
かまぼこなどです。
本当に豪華ですよね~。
クジラとかアンコウなんかは、駅弁ではなかなか
お目にかかれない素材ですよね。
おかずの下のご飯が全く見えないくらいのっていますよ。
しっかりとした味付けで、どれもとっても美味しいです。
ちなみに
伊藤博文・・・フグ
井上馨・・・・・クジラ
井上勝・・・・・アンコウ
遠藤謹助・・・明太子
山尾庸三・・・ウニ

と、それぞれなぞらえているそうです。
なぞらえるって・・・・σ(^_^;
尾頭付きの大きなエビは脇役なんですね。贅沢。

ボリュームは結構ありますが、おかずがたくさんあるだけに、
もっともっとご飯があってもよかったかも!
やっぱり大盛り求む!です。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

この駅弁を買ってパッケージをじっくりみるまで、長州ファイブというのは
桂小五郎高杉晋作久坂玄瑞山縣有朋伊藤博文あたりの
維新のスターたちのことだと思い込んでいました。
(伊藤博文だけあたりでしたが・・・)失礼しました。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2008年08月05日 (火) | Edit |
青森駅ウェルネス伯養軒「帆立釜めし」です。

下北半島と、津軽半島に囲まれた陸奥湾。
その陸奥湾の奥に位置するのが青森市、そして青森駅です。

帆立釜めし 01

掛紙は赤い帯状で版画のようなデザインで「帆立釜めし」と書かれた
素朴なものです。
そして「むつ湾産」文字。もちろん帆立が陸奥湾産であることを示して
いるんでしょう。
陸奥湾は帆立の養殖が盛んなところですからね~。

帆立釜めし 02

中身をみてまず驚くのが帆立の量。
ご飯の3分の2くらいに帆立が敷き詰められています。
やや小ぶりな帆立ですが、12~13個は入っているのではないでしょうか。
いわゆるボイルホタテでしょうか、味が濃くてとても美味しいです。
帆立の他には姫竹煮山くらげとびこ(のような魚卵)錦糸玉子
のっています。
ご飯は茶飯で、量はもう少しあってもいいかな~という印象。
大盛り求む!です。

容器が焼き物ではなくプラスチックなのがちょっと残念。
釜飯は焼き物の器の方が雰囲気でますよね。
まぁ、プラスチック容器は軽くて運びやすいというメリットが
ありますけどね~。

(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3(*^0^) =3

ところで青森駅は港に隣接した駅なんですよね。
「津軽海峡・冬景色」に歌われているように、かつては青函連絡船
乗り継ぎ駅だったのでしょうから、あたりまえのことなんでしょうけれど、
今回訪れるまで僕にとっては「雪」のイメージばかりが強くて「港」の
イメージのない街でした。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。