2008年04月27日 (日) | Edit |
盛岡駅伯養軒「南部 蔵しっくかしわ飯」です。

「蔵しっく」=「クラシック」というのはすぐに分かりますが、
なんで「蔵」?というのが第一印象。
パッケージに書いてあるのですぐに判明しました。
「岩手県二戸市・南部杜氏の酒粕」つまり酒粕を使った
駅弁なので「酒蔵」のイメージなんですね。

南部 蔵しっくかしわ飯 01


そのパッケージは馬仙峡の夫婦岩を描いた水彩画風のデザイン。
そして、「南部杜氏秘伝の練り酒粕を隠し味に使った味わい深い
健康鳥の味噌焼弁当をどうぞご賞味ください。」との一文。
う~ん、美味しそうですね~。

南部 蔵しっくかしわ飯 02


おかずは岩手県産の食材をふんだんにつかったものです。
メインはなんといっても、鶏の酒粕味噌漬け焼
ほのかな酒粕の香りが口に入れると豊かな風味が広がります。
酒粕といっても味噌と合わせてあるので日本酒の味が苦手な
人も美味しく食べられると思いますよ。
鶏肉もただものではありません。
「みちのく鶏」という銘柄鶏。岩手県自慢の一品。
冷たい駅弁でもやわらかさを失っていませんでした。
鶏肉以外にも五穀コンニャクの煎り煮舞茸とシイタケの旨煮
銀杏にオクラなどが入っています。
ちょっと濃い目の東北地方らしい味付けで、とっても美味
デザートにはりんごの純米吟醸煮です。
どのおかずも盛岡の食材を活かした郷土料理といった趣です。
ご飯は雑穀入り炊き込み茶飯。
おかずにぴったりの素朴な味わいで、こちらも美味でした。

この駅弁で使われている酒粕は、あの有名な地酒「南部美人」
蔵元のものだそうです。
酒粕には美肌促進老化防止の効果があるとか!
南部美人を飲みながら食べると、もっと美味しく食べられるかも
しれませんね~。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2008年04月20日 (日) | Edit |
西明石駅淡路屋「海峡弁当」です。

明石といえばやっぱり明石海峡
美味しい海産物で有名です。
明石の名のつく有名な海産物といえば、「明石鯛」「明石蛸」
蛸の方は同じ淡路屋の「ひっぱりだこ飯」でとても有名ですよね。

海峡弁当01


ほぼ正方形のパッケージは明石海峡の新名物「明石海峡大橋」
のイラスト(この駅弁を買ったのは数年前なので、現在のものとは
デザインが少し違うようですね)。
明石海峡大橋は世界最長のつり橋らしいですね。

海峡弁当02


中は大きく二つ、ご飯パートとおかずパートに分けられています。
ご飯は菜飯っていうのでしょうか?白ご飯に刻んだ菜っ葉のような
ものが混ぜ込んであります。
これにくわえてお稲荷さんが一つ。
タコが入っていますよ。
おかずのほうにもやっぱりタコが入っています。
大きいのと小さいのが入っています。
タコの他には玉子焼き、ししとう、野菜の煮物、ゴボウ、
お魚、膾などなどが入っています。
おかずの種類が多いのはうれしいですよね。
さらに明石焼が入っているのが特徴でしょうか。

何にしても、明石といえばやっぱりタコ!の印象が
強くなる駅弁でした。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ