--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年04月29日 (日) | Edit |
札幌駅札幌駅立売商会「ジンギスカンあったか弁当」です。

ジンギスカンと言えば北海道の郷土料理として近年
人気が高まっていますよね。

ジンギスカンには肉の種類や、肉の状態によっていくつかの
種類に分かれるようです。
肉の種類は、「ラム(仔羊肉)」「マトン(成羊肉)」か。
肉の状態は、「味付き」「生(味付けなし)」か。

この駅弁はおそらく「マトン」+「味付き」なんでは
ないかと思います・・・が、どうでしょう?
ジンギスカンあったか弁当01

パッケージは赤を基調に、ジンギスカンの写真を使ったものです。
駅弁のパッケージに写真というのは以外に少ないのでは
ないですかね~。見ているだけで食欲をそそられます。

この駅弁は温めて食べるタイプ。
冷えると硬くなるマトンなので、温めるのは必須ですよね。

紐を引くと「シュー」という音がして加熱が始まります。
空腹に耐え、よだれを拭いつつ約8分待つと完成です。
駅弁を前にして8分という時間は長く感じますよ~。
ジンギスカンあったか弁当02

フタを開けるとホカホカのご飯とジンギスカンが登場!
味付き肉なので、臭みは感じませんよ。とても美味です。
マトンの他にもタマネギ、ピーマン、ニンジン、
カボチャが入っており彩りも栄養バランスもバッチリです!

北海道でジンギスカンを食べ損なった方はにはお勧めです。

(*^0^) =3

僕がお店で食べたことのあるジンギスカンは札幌の「だるま」
いう老舗のもの。もくもくの煙のなかで食べる炭焼きの
ジンギスカンはとっても美味でしたよ。
ここのジンギスカンは「マトン」+「生」なので、
クセも臭いもありますが、それがまた美味しいんですよね。
ビールにもご飯にもよく合いますよ。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2007年04月22日 (日) | Edit |
高崎駅高崎弁当「とりめし」です。

高崎と言えば「だるま弁当」が有名ですが、
この「とりめし」も同じ高崎弁当さんの看板駅弁です。
発売は昭和9年!まさに伝統の味ですね~。
とりめし01

パッケージも伝統を感じさせるレトロなデザイン。
「とり」の字が難しくて読めませんでした。(×_×;)
とりめし02

フタを開けると3つの味の鶏肉が登場!
そぼろ照り焼きコールドチキンです。
養鶏の盛んな群馬県の駅弁ですからね~、
「とりめし」の名前にふさわしくたっぷりと
美味しい鶏肉が使われています。
醤油味の茶飯との愛称も抜群で、とっても美味です!

おかずは他にも紅玉こんにゃく、舞茸入肉団子、
栗、梅、きゅうりのお漬物、のりが入っています。
長い間愛されてきた駅弁だけあって、ちょっと地味
ながらしっかりした味付けで、どれも美味でした~。
(*^0^) =3

高崎弁当の先代が九州の出身ということで、
九州の「かしわめし」の伝統と群馬の美味しい鶏肉の
合わさって完成した駅弁っていう感じですかね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2007年04月15日 (日) | Edit |
小倉駅北九州駅弁当「うにめし」です。

「うにめし」というのはうにの炊き込みご飯のこと。
『クッキングパパ 26巻』によると、昆布、醤油、酒と
ともに生うにを入れてご飯を炊くようですね。
僕はウニとご飯と言えば、ウニ丼しか見たことがなかったんですが、
九州では「うにめし」が一般的な料理なんでしょうかね~?

うにめし 01

パッケージはウニが描かれたシンプルな箱です。
色がオレンジなのはやっぱりウニの色なんでしょうね。
うにめし 02

フタを開けるとオレンジ色のご飯が目に飛び込んできます。
この色はもちろんウニ!
炊いた後につぶつぶのウニを混ぜ加えたんでしょうかね~、
刻んだ海苔と合わせて食べると磯の香りが広がるようです。
塩加減も絶妙でとっても美味!
炊き込みご飯なので、ごはんだけで充分に美味しくいただけます。

ところがこの駅弁は、おかずもたっぷり!
鰆味噌焼き、海老の塩焼き、レンコンの煮物、肉団子、
玉子焼き、貝柱フライ、うぐいす豆、長板蒲鉾、
子持ちイカなどなど。
さらに練りウニまで入ってます!
どれも美味ですよ~。

おかずというよりは酒の肴って感じのラインナップかも
しれませんね。

ボリュームもたっぷりで大満足の駅弁でした。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2007年04月08日 (日) | Edit |
すっかり春爛漫な今日この頃。
春といえばやっぱりということで、今回の「ちょい旅」は僕の地元、桜の季節横浜をご紹介します。
マリンタワーと桜

横浜には京都の円山公園や東京の上野公園ような全国的に有名な桜のスポットはありません(たぶん・・・)。
そこで「お花見をする」というよりは「桜のある風景を散策する」という感じで元町・山手をちょい旅しました。

元町へは、JR根岸線(京浜東北線)の石川町駅か、みなとみらい線の終着、元町・中華街駅から。

元町といえば1970年代~1980年代初頭にかけて流行した「ハマトラ」の発信地として有名ですよね。
「フクゾー」「ミハマ」「キタムラ」などは、もちろん今でも健在。
今でも流行に左右されない元町独特の雰囲気を作り出しています。

元町で目を引くのは、厳島神社の桜。
お店が立ち並ぶ一角にありながら、ここだけひっそりしています。
元町 厳島神社


元町通り置いてあるベンチはちょっと休憩にもってこい。
元町通り 休憩


元町通りに平行する元町仲通り元町河岸通りにもいろいろなショップやレストランが隠れています。
店構えや看板もいろいろ。ぶらぶら見て歩くだけでも十分楽しめますよ。
元町の風景04


シブイ看板・・・(・_・。)
元町の風景05


元町から山手方面へ向かうと、有名な「外人墓地」の並びに「元町公園」があります。
ここがお勧めの桜スポット。

斜面を利用して作られた公園に沢山の桜が植えられています。
坂と桜の組み合わせは定番ですが美しいです。
元町公園01


元町公園03


斜面を登りきると、山手通りに出ます。
この辺りは外人墓地、港の見える丘公園、山手イタリア山庭園、ブリキのおもちゃ博物館などの観光スポットが目白押しですよ。
元町公園02


ちょっと一休みにお勧めなのが、元町公園すぐ側(山手通り沿い)の「えの木てい」です。
古い洋館の喫茶店で、ケーキやクッキーがとても美味。
天気の良い日はテラスも気持ちいいですよ。
えの木てい


このお店の看板メニューが「チェリーサンド」
ダークチェリーとフレッシュバタークリームをクッキーで挟んだ洋菓子です。
チェリーサンド

甘さ控えめでとっても美味
横浜土産にも最適なのではないかと思います。
僕もよくお土産に使いますが、とても好評ですよ。
チェリーサンド 6個入り

写真は6個入の箱。デザインもかわいいですよね。
もちろん1個単位でも購入できますよ。

(*^0^) =3

元町・山手の桜は散策をしながら楽しむタイプ。

花見はやっぱり宴会で!という人には「根岸森林公園」をお勧めします。
根岸森林公園01

競馬場跡を利用した公園敷地内の丘一面に桜の林
本当に圧倒されます。
桜の周りは広大な芝生が広がっています。
皆さんシートを敷いて宴会を楽しんでいます。

一方で桜の林の中は、むしろ散策向きの落ち着いた雰囲気。
桜の花びらがひらひらと舞い散る中を散策するのは最高の贅沢です。
根岸森林公園02


根岸森林公園に隣接する「馬の博物館」敷地内も桜の名所。
森林公園と合わせて楽しみたいところです。
馬の博物館


根岸森林公園・馬の博物館へはJR根岸駅から徒歩20~30分、JR桜木町駅からバスで20分くらいです。
近くにはユーミンの「海を見ていた午後」に歌われている
レストラン「ドルフィン」もありますよ。
やっぱりソーダ水を飲みたいですよね。

今回ご紹介したスポットは僕が毎年桜を見に行くところ。
横浜の桜は京都や奈良のような情緒も、東京のような賑やかさもありませんが、日常に溶け込んだような独特の雰囲気があって、美しいものです。(^-^)
是非遊びに来てみてくださいね~。

【送料無料】横浜おでかけガイドブック

【送料無料】横浜おでかけガイドブック
価格:2,079円(税込、送料別)



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。