2007年02月24日 (土) | Edit |
福岡空港八丁へ「博多 鯛めし」です。

「八丁へ」とは、博多の料理屋さんで、
「はっちょうべい」と読むそうです。
なんと江戸時代から400年の歴史を持つ老舗とのこと。
博多では有名なお店のようですね。

そんな老舗料理屋さんのお弁当ですからね。
しかも、空港での販売は1日50個限定だとか!
(売っているおばさんが他のお客さんと話しているのを
小耳に挟んだだけなので、あまり自信ありませんが・・・)
当然期待大です。
博多鯛めし01

パッケージは落ち着いた色使いでが描かれています。
「八丁へ」の印がちょっと高級感を感じさせてくれます。
容器はいわゆる「わっぱ」です。福岡周辺では多い
スタイルですよね。
博多鯛めし02

フタを開けると、目に付くのはまん中の焼き魚
もちろんです。
駅弁の「鯛めし」というとほぐした鯛の身が乗せられた
ものが多いので、ちょっと意外な感じがしました。
焼き色の付き方がいかにも美味しそうです。
お店で食べる「鯛めし」は食べる直前に鯛の身を
ほぐすので、これに近い感じでしょうか。
他におかずは、明太子、レンコン、シイタケ、玉子焼きなど。
この玉子焼きがとても美味しいんです!
さすが老舗の味って印象。
ご飯は鯛の出汁のきいた茶飯。
品の良い味付けで、もちろんとっても美味ですよ~。

お店の方でも「鯛めし」は名物料理のようです。
美味しくて当たり前ですね~。
期待通り、大満足の空弁でした。(*^0^) =3

ちなみに「八丁へ」の「へ」は「屁」だとか・・・(〇o〇;)!!
詳しくはお店のウェブサイトに載っていますよ。↓
『博多八丁へ』 http://www.hachobei.com/

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2007年02月18日 (日) | Edit |
大阪駅水了軒「浪花名物 大阪すし」です。

大阪寿司とは、箱寿司(押し寿司)、太巻きや
ちらし寿司のこと。
特に箱寿司(押し寿司)のことをさす場合が
多いようです(たぶん・・・)。
東京(江戸)の握り寿司と並ぶ代表的なお寿司
ですよね~。

大阪寿司の特徴は、なんと言っても見た目の美しさ
「二寸六分の懐石」といわれるようです。
確かに寿司職人さんたちが手間ひまかけて
作り上げる美しさは江戸前の握り寿司には
ないものです。
浪花名物 大阪すし

この駅弁も、シックなデザインのフタを開けると、
華やかな色合いの大阪すしが現れます。
伊達巻のお寿司や海老、穴子、鱒、とろろ昆布のお寿司。
そしてバッテラ。美味です。
どれもしっかりとした味付けで酢飯によく合います。
太巻き寿司も4つ入っていて、箱の大きさの割には
ボリュームもたっぷり
十分満足できますよ~。(*^0^) =3

押し寿司の駅弁は、関東各地でもよく見かけます。
僕の住む横浜周辺でも大船駅の「鯵の押寿司」
小田原駅の「金目鯛炙り寿司」などがあります。
どれもとても美味しいですが、華やかさにおいては
どうしても大阪寿司にはかないませんね~。

いづれにしても各地で美味しい押し寿司が食べられる
ということは、お寿司好きにはも~たまりません!
(^∇、^ ) ジュル

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2007年02月10日 (土) | Edit |
山形駅森弁当部「紅花の里」です。

山形の紅花はかつては有名だったようです。
江戸時代の中ごろ明治時代までは山形周辺で盛んに
栽培されていたそうです。
ちなみに紅花の別名は「末摘花」
源氏物語の登場人物の名前(あだ名)として
知られていますよね。
こちらは鼻の頭が赤いことから、
「紅鼻」→「紅花」=「末摘花」の洒落です。
紅花の里01

パッケージは薄桃色のとてもシンプルなデザイン。
紅花が描かれています。
紅花は黄色い花ですが、紅花染めのイメージでしょうか、
赤い「紅花」が描かれています。
紅花の里02

この駅弁は基本的には幕の内弁当です。
ご飯は梅型にかたどられた白米にゴマと梅干の定番スタイル。
おかずは、鱒の塩焼き、紫蘇を巻いた海老天、イカ天、
タケノコ・ニンジン・ヒラタケ・玉コンニャクなどの煮物、
肉団子、玉子焼き、煮豆などが入っています。
玉コンニャクは山形の名物みたいですよ。
山形駅新幹線ホームの売店では熱々のを串刺しで
売っていました。
どのおかずも細部まで手抜きなく作っている感じがして、
とっても美味ですよ~。(*^0^) =3
しかも、おかずのボリュームは相当なもの。
2人前くらいあるんじゃないかっていうくらい入っています。
タケノコ、イカ天、肉団子、コンニャクは、なぜか2つずつ!
だからやっぱりご飯がもっと入っていたら、もっと嬉しいと
思いませんか?
求む、ご飯大盛り


山形駅前の霞城公園(山形城址)は桜の名所として有名ですよね。
満開の頃には横を通過するローカル線では車内アナウンスで
紹介すると共に、スピードを落としてじっくり見せてくれました。
車窓いっぱいに咲き誇るは圧倒的な美しさでした。
↓こんな感じです(車窓からの撮影ではありませんが・・・)。
霞城公園の桜


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2007年02月04日 (日) | Edit |
折尾駅東筑軒「折尾名物 かしわめし」です。

大正10年に折尾駅で筑紫軒として創業された東筑軒の
看板駅弁として長い間親しまれてきた、日本でも有数の
伝統を誇る駅弁です。

かしわめし 01


パッケージは折尾駅を中心に置いた北九州の地図の絵柄。
新幹線も描かれているし、"伝統"を感じさせるような
デザインでありませんが、各地の名所などが書き込まれており、
かわいらしい印象です。

かしわめし 02


ご飯はまさに「かしわめし」です。
東筑軒のウェブサイトによると「鶏のスープの炊き込みご飯」
と書いてあります。
味がしっかりとしみ込んだご飯は本当に美味しいです。
おかずが何もなくても問題ないくらい。

このようなかしわめしは北九州では一般的なんでしょうか?
横浜出身の僕にはとても新鮮です。
横浜辺りでかしわめしで連想するのは「鶏肉と~の炊き込みご飯」
じゃないですかね。「~」はしめじとかニンジンとか・・・

ご飯の上には鶏肉ノリが敷き詰められた三色弁当の
ようになっています。
第一印象は「鶏肉が少ない・・・」でしたが、ご飯にしっかり
鶏の味がしみているので、食べてみるとこれくらいが
ちょうどいいことがよく分かりました。

これ以外に、昆布の佃煮、甘い豆、奈良漬のような漬物が
入っています。

この駅弁はサイズがいくつかあって、今回購入したのはまん中の
大きさのもの。これでもご飯がたっぷりなのでお腹一杯
なりますよ。

折尾駅の駅弁といえば現在でも立売が行われていることで有名
です。今回は残念ながら駅の売店で購入したものですが、
立売のおじさんは何回か見かけたことがあります。
やっぱり独特の雰囲気があっていいものですね~。

折尾駅は駅のつくりが入り組んでいて、旅人にはちょっと
分かりにくいところです。
JR鹿児島本線からJR筑豊本線に乗り換えるのには
改札を出て歩道橋とか横断歩道を渡って150メートルくらい
移動しなければならなかったりします。
同じJRの、同じ駅の中での乗り換えなのに、ですよ!
数年前に初めて行ったときは右往左往してしまいました。
その時、乗り換え方法を教えてくれたのが立売のおじさんでした。
「改札出てあっちに行くんだよ、走らないと間に合わないよ!
早く早く!」
といって急かされました。
本当はその場で「かしわめし」を買いたかったんですが・・・
その時はダッシュで乗り換え。ギリギリ間に合いました。
ありがとう、おじさん!

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ