2006年12月27日 (水) | Edit |
小田原駅東華軒「金目鯛炙り寿司」です。

伊豆半島の周辺は美味しい金目鯛がとれることで知られて
いるそうです。
伊豆半島の東側に位置する小田原の辺りでも美味しい金目鯛の
干物やお刺身を食べることができます。
小田原名物の一つですね~。とても美味しいです。
金目鯛炙り寿司 パッケージ

この駅弁はパッケージによると・・・
「脂ののった新鮮な金目鯛を押し寿司にしました。
塩でひき締めた身を、しっかりと酢につけ込み、
最後に皮を丁寧にあぶって香ばしく仕上げました。」
読むだけで美味しそうです。
金目鯛炙り寿司

フタを開けると大きめの金目鯛の押し寿司が8つと
紫蘇のお寿司が1つ現れます。
淡いピンクの金目鯛がとっても美味しそうですよね~。
薬味はワサビとショウガの両方が入っており、お好みで
食べられます。
僕としてはショウガがお勧め。
さらに紫蘇のお寿司もアクセントになって最後まで
飽きずに美味しく食べられました。
9貫も入っているのでボリュームもかなりのもの。
味も量も大満足の駅弁でした。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2006年12月17日 (日) | Edit |
大分駅梅乃家「豊後さば寿司」です。

大分といえば、別府由布院に代表される温泉と、
豊後水道の海の幸、いわゆる「関さば」「関あじ」
思い出します。

この駅弁は残念ながら「関さば」を使っているわけでは
ないようですが、とても美味しいさば寿司でした。

豊後さば寿司 01


パッケージはシンプルで味のあるデザイン。
竹の皮のデザインですね。

豊後さば寿司 02


これを開けると箱型に組まれた紙の容器が出現。
裏は銀紙です。

豊後さば寿司 03


そしてさば寿司登場!

豊後さば寿司 ズーム


このさばの厚みをみてください。
お寿司のまん中辺りまで達しようかというほどの厚み。
もちろん脂が乗っていて美味!
昆布も酢めしの味も舌触りも申し分ありません。
棒寿司なのでご飯のボリュームもたっぷりです!

駅弁でこれだけやってくれれば、「関さば」じゃなくても
大満足!っていう感じでした~。(*^0^) =3

「さば寿司」は近年人気がありますよね。
わが家でもさば寿司の人気はとても高いです。
今後も「さば寿司シリーズ」として取り上げていく
ことも多いと思います。
今回は「さば寿司シリーズ 第1弾」をお届けしました。



にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2006年12月10日 (日) | Edit |
米沢駅新きねや「牛肉どまん中」です。

山形新幹線の開業(1992年)時に発売されたということなので、
著名な駅弁の中では比較的新しいものですね。
テレビの旅モノでもよく取り上げられていますよね。
僕もとても楽しみにしていました。

牛肉どまん中 01

パッケージはシンプルな中にも高級感を感じさせるデザイン。
銀色の楕円形部分には米沢駅でしょうか、洋館の図柄と、
米沢牛の名を広めたイギリス人教師C・H・ダグラスの
顔が描かれています。

牛肉どまん中 02

パッケージをはずし、ふたを開けると・・・
そこにはぎっしりと敷き詰められた牛肉が!
しかも1/3がそぼろ、2/3がしぐれ煮になっており、
飽きさせない工夫がされています。
この牛肉、冷たくなっているにもかかわらず、やわらかくて
美味しい
んです。
これは米沢牛なんでしょうか?
パッケージには米沢牛が使われているとははっきり書かれて
おらず、新きねやのウェブサイトでも「牛肉」としか書かれて
いません。
ただ、「米沢牛のれん会」のウェブサイトでは米沢牛を使った
駅弁として紹介されているので、米沢牛なんでしょうね~。
美味しいですしね。
その美味しい牛肉の下には、もう一つの主役、「白ごはん」が!
このご飯が山形県の誇るブランド米「どまんなか」がぎっしり!
「白ごはん」まで目玉になるなんて、さすがに米どころの駅弁
だけのことはありますよね!
これ以外にも甘い玉子焼き、ニンジン、椎茸、サトイモの煮物が
付いています。この煮物も鰹節の味が効いていて美味です。

味付けは東北の味らしく全体的に濃い目ですが、しつこくなく
とてもとても美味です。

そしてそのボリュームにもびっくり。
分厚い容器の中にご飯がぎっしり詰まっています。
上げ底ではありません!
そのご飯に負けないだけ、牛肉もたっぷり乗っています。
味もボリュームも、とにかく大満足の駅弁でした!

ところでパッケージで面白いのが「BEEF DOMANNAKA」の表記。
「どまん中」はお米の名前だから英語表記だとこうなるんですね。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2006年12月03日 (日) | Edit |
掛川駅自笑亭「一豊御膳」です。

一豊とはもちろん戦国武将の「山内一豊」
2006年のNHK大河ドラマ「功名が辻」の主人公です。
土佐に行く前は、掛川にいたことがあるんですね。
掛川城を近世城郭として整備したのはこの人だったんですね。

お弁当の外観は、ピンク色に松葉の柄がデザインされた薄紙に
包まれています。パッケージに透けるような薄紙が使われて
いると、なんとなく高級感がでますよね~。
一豊御膳 包装

包み紙の中には掛川城の写真と一豊と千代の「夫婦愛」についての
「説明書」が・・・『隠し味は「妻の愛」』だそうです。
一豊御膳 容器

肝心の中身はというと・・・
まずは、梅の花に模られたご飯が2つ。
おかずは、大きめの海老天、枝豆、
それから生麩、高野豆腐、にんじん、椎茸などの煮物。
駅弁定番のおかずたちですが、美味しいですよ~。(*^0^) =3
安心して食べられる感じですね。
それ以外にも静岡定番のわさび漬けやデザートの葛饅頭も美味でした。
一豊御膳

ただし、この梅の花型のご飯が気になります。
この隙間!ぎっしりご飯で埋めてください!(peco pecoこころの叫び)
こういう駅弁は大河ドラマが終わっても存続するんでしょうかね?
残るといいんですが・・・

掛川駅は、チョット地味な存在ですが、東海道新幹線の駅です。
そして掛川といえば、僕としては山内一豊よりも久保嘉晴です。
掛川市を舞台にした「シュート!」というサッカー漫画の
登場人物です。この漫画はテレビアニメにもなったし、
SMAP主演で映画にもなったんですよね。
僕は久保嘉晴の死の話を読んだところで、なんだかとても
つらくて読むのをやめてしまたので、話自体はよく覚えて
いないんですが・・・(テレビと映画は残念ながら見ていません)
ということで「掛川市」といえば「シュート!」の街です。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ