2006年11月25日 (土) | Edit |
新神戸駅淡路屋「神戸長田名物 ぼっかけ牛飯どんとこい」です。

「ぼっかけ」っは聞きなれない言葉ですが、この駅弁のパッケージによると
「牛スジとコンニャクを甘辛く煮込んだもので、『ぶっかける』が語源と
いわれて」いるとのこと。
神戸の下町の味だそうです。

神戸長田名物 ぼっかけ牛飯どんとこい

中身はというと、ごろごろした牛丼みたいな感じ。
白ご飯の上に、「ぼっかけ」が文字通りたっぷりと
ぶっかけられています。
その他にしし唐や漬物が添えられていますが、
ほぼ牛肉とコンニャクが全てといってもいいでしょう。豪快です。(^O^)

クニクニした歯ごたえが新鮮で楽しいです。
味は見た目から想像できる通り、甘辛濃厚
当然ご飯が進むんです。
したがって、ご飯がもっと欲しくなるんです。
ご飯大盛だったらもっといいんですが・・・

ビールにもよく合うんで、出張帰りの新幹線なんかには
ぴったりかもしれませんね。

味も歯ごたえも、まさに下町って感じでした~。(*^0^) =3

下町の味といえば、この「ぼっかけ」というのは、
同じ神戸の「そばめし」や長崎の「トルコライス」、新潟の
「イタリアン」、などのような「ご当地B級グルメ」の一つと
いったところなんでしょうかね。
東京の「もんじゃ焼き」や我が横浜の「サンマーメン」も
仲間かも。
こういうのも旅の楽しみですよね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2006年11月18日 (土) | Edit |
小樽駅小樽駅構内立売商会「おたる 海の輝き」です。

おたる 海の輝き パッケージ

見るからに美しく豪華なこの駅弁。
全国でもトップクラスの人気のある駅弁のようで知名度も
高いみたいです。
それに一日限定5食!(らしい)というのも購買意欲をそそります。

おたる 海の輝き

ご飯はすし飯なので「海鮮ちらし寿司弁当」ですね。
メインはたっぷりとのせられたイクラウニ
お弁当全体にバランスよく配置され、色合いも美しいです。
その他にはツブツブしたシシャモの卵玉子焼きシイタケ
レンコンなど。

ウニの量も、イクラの量も文句なし!って感じです。

ウニの味が利いているせいか、味はとても濃厚
ウニ好きにはたまらない味でしょうね~。
とっても美味でした。大満足!(*^0^) =3

この駅弁は「一日限定5食」ということなので
買えるかどうか心配していたのですが、その日は
平日だったせいか午後4時ごろでもまだ2つ残っていました。
観光シーズンや休日だったらそうはいかないのかもしれません。

ただ、小樽といえば新鮮な海産物が名物。
お寿司海鮮丼が有名ですよね。
地元の人以外は小樽に行けば食事はお寿司や海鮮丼を
食べる場合が多いのではないでしょうか?
とすると帰りにまた海鮮駅弁を買う人は意外に少ないかも!
ということで、人気・知名度・少数限定の割には
買える確率は高めなんじゃないかな~と思いました。

でも確実に入手するためには要予約です!

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2006年11月11日 (土) | Edit |
長野駅ナカジマ会館「信州おばあちゃんのきのこめし」です。
信州おばあちゃんのきのこめし


パッケージはとてもシンプルな紙の箱型で、
日本昔話を連想させるような山村の風景おばあちゃんの絵の
図柄です。
箱の中のプラスチック容器はきのこの形の一体成型。
全体的には「お子様ランチ」を連想させるかわいらしい作り
(チョット地味ではありますが・・・)。

ところが味は本格的というか、とてもしっかりした駅弁なんです。
ご飯はその名のとおり「きのこめし」、しめじや椎茸などが
ほどよい加減の醤油味で炊き込まれていて、とても美味
おかずにもエリンギのフライが入っていて、きのこを強調!
それ以外のおかずはバラエティに富んでいますよ。
信州名物の野沢菜や鶏肉の照り焼き、玉子焼き(ベーコンが巻いてあります)、
ごぼうやほうれん草の胡麻和えなどなど。
そしてチョット変わっているのがデザートの「おはぎ」
「おばあちゃん」って感じですよね~。

見た目のかわいらしさからは想像できない本格派。
とっても美味でした~。(*^0^) =3

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2006年11月05日 (日) | Edit |
那覇空港「板さんの作った らふてぃ寿司」です。
製造者は不明です(ごめんなさい)が、確かANAのショップで購入したと記憶しています。

「らふてぃ」というのは沖縄風の豚の角煮のことです。
「ラフテー」って書く場合が多いようですね。
豚の角煮は家庭料理として食べたり、中華料理屋さんで食べたり
しますが、ラフテーの特徴は味付けに泡盛を使うところでしょうか。
ちなみに和食の場合は日本酒、中華なら紹興酒などを使うようですよ。

この空弁のパッケージは硬めの紙でできた箱です。
サンドイッチが入ってそうな感じでしょうか?
空弁は飛行機の中で食べることが前提となっているので、
駅弁に比べて、より安定感があって、コンパクトに
まとまっている感じがします。
らふてぃ寿司

内容は・・・
紅ショウガゴマを混ぜたすし飯の上に「らふてぃ」
乗っています。
さらに薄く焼いた卵で包んでいます。
「らふてぃ」は豚の角煮なだけに、濃厚な味を想像して
いたんですが、意外にあっさりした美味しさです。
すし飯の中の紅ショウガとゴマがアクセントでした。
また、付け合せのゴーヤの漬物(ピクルス?)が沖縄をアピール
しています。これもいい感じでした。(*^0^) =3

ご飯の部分をアップにするとこんな感じです。↓
らふてぃ寿司 アップ


「らふてぃ」は寿司ではなく、白米のお弁当でも間違いなく
美味しいでしょうね~。

この空弁のお供にはもちろんオリオンビール
せっかくの沖縄ですしね。

空弁はコンパクトなだけにちょっと量が少ないんですよね~。
この駅弁もあと2切れくらい入っていると嬉しいのですが・・・。

沖縄には今のところ鉄道がないので、駅弁もありません。
(モノレールはありますが・・・)
那覇空港でいろいろな空弁ができたことで旅の楽しみが
増えましたね!

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ