2016年09月11日 (日) | Edit |
京都駅淡路屋「旅の幕ノ内」です。

関西の三都、京都、大阪、神戸をテーマにした幕の内弁当です。

あれ?どっかできいた(書いた)な~と思って過去の記事を見てみたら、同じ淡路屋の「関西味めぐり」という駅弁がありました。
これは新大阪で購入した駅弁でしたが、関西の三都をテーマにした幕の内弁当というコンセプトはほぼ一緒ですね。

今回の「旅の幕ノ内」は京都駅で購入したものですが、おそらく大阪や神戸でも売っていることでしょう。

旅の幕ノ内 01

パッケージは正方形の箱型。
関西の有名な観光名所が描かれています。
左上から縦に、
「明石海峡大橋」・・・神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋とを結ぶ世界最長の吊り橋。
「メリケンパーク」・・・神戸港湾部の巨大な商業エリア。
「伏見稲荷大社」・・・京都市伏見区にある千本鳥居で有名なお稲荷さん。全国に30,000社のお稲荷さんの総本社。
「   ?    」・・・なんだろう?青いタイルのモザイク画? 神戸のMOSAICなのかな?
右上から縦に、
「五重塔」・・・京都の東寺かな?醍醐寺かな? どちらの五重塔も国宝ですね。
「神戸ポートタワー」・・・メリケンパークにあるタワー。
「大阪城」・・・大阪の街の象徴の一つかな?現在の天守は鉄筋コンクリート製ながら国の登録有形文化財。
「風見鶏の館」・・・神戸北野の異人館を代表する建物の一つ。
こんな感じでしょうか?
三都とはいえ、やや神戸寄りのデザインですかね。

旅の幕ノ内 01

中身は幕の内弁当なので、ご飯と様々なおかずがバランスよく入っています。
ご飯は白ご飯、タコめし、栗ののったお赤飯の3種類。
おかずは、牛肉煮、里芋・昆布・カボチャの煮物、えび串団子、出し巻玉子、たこ旨煮、鮭塩焼き、かまぼこ、お漬物などなど。
いろいろなおかずが入っていてとっても楽しいのですが、あまり関西らしさは感じませんねぇ。
しいて言えばタコめし(神戸(明石?)っぽさ)くらいかな。
もう少しローカル色を出してほしいところ。
煮物に湯葉とか、じゃこと唐辛子の炊き合わせとか(京都っぽさ)、バッテラとか串カツとか(大阪っぽさ)、どうでしょう?


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2016年03月03日 (木) | Edit |
新大阪駅ジェイアール東海パッセンジャーズ「なにわ満載」です。

JR大阪駅を含む梅田エリアの再開発が大幅に進んだこともあって、これと比較してなんとなく老朽化した施設のような感じがする新大阪駅。
ですが、新大阪駅も少しずつ、着々とリニューアルが進んでいるようです。
新幹線から御堂筋線の方はまだイマイチな感じですが、在来線のコンコースはすっかりきれいになってますよね。

なにわ満載 01

さて、今回は新大阪駅で購入した駅弁です。
パッケージは正八角形。
通天閣を中心に新世界の様子が描かれています。
そして「ソース焼きそば」「芋・たこ・南瓜」「牛串かつ ソース漬け」「かやくご飯」「たこやき」の文字。
少なくともこれが入っているということですね。

なにわ満載 02

お弁当のタイプとしては幕の内
ご飯は白ご飯かやくご飯の2種類。
そしておかずは卵焼き、シイタケやカボチャ・ごぼう・ニンジン・昆布・たこなどの煮物、牛串かつ、ソース焼きそば、たこやき、デザートにみたらしだんご
ソース焼きそば、たこやきをおかずといっていいのかどうかわかりませんが・・・
炭水化物系が盛りだくさんで食いしん坊には嬉しい限り。
関東の人間から見てではありますが、確かに大阪らしいおかずがたっぷりの美味しい駅弁、楽しめました~。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2015年12月09日 (水) | Edit |
京都駅ハトヤフーズ「京田舎弁当」です。

ハトヤフーズさんは当ブログでは2回目の登場。
京都の仕出料理屋さん「京・胡蝶庵」を経営する会社です。
以前ご紹介した「京の二段弁当」もそうでしたが、華やかなお弁当を作る駅弁屋さんです。

京田舎弁当

掛紙は千代紙的なデザイン。
山や茅葺の田舎屋、樹や花、雲などがデザインされていますが、右下にお魚・・・
素人目にはやや唐突な登場に見えますが、どうでしょう?

駅弁名の「京田舎」はどういう意味ですかね~?
京都の田舎をイメージした駅弁ということかな?
京都の田舎といえば、市内なら大原や嵯峨野、南の方なら京田辺とか木津の方、北なら亀岡、さらには丹波、丹後・・・
京都市内は雅な都会のイメージですが、一歩出ると途端に鄙びた田舎のイメージになりますね。

京田舎弁当

ごはんは俵型おにぎりが3つ。
それぞれ味が異なります。
梅、葉物野菜の漬物巻き(わさび菜か広島菜のようです)、山菜ですかね。
赤、緑、黄。
このあたりの色使いの上手さが華やかに見えるポイントですね。
おかずは海老、南瓜などの天ぷら、鰆の焼いたやつ、高野豆腐、しいたけなどの煮物、卵焼きなどなど。
種類豊富でいいですね。
こちらも海老天が赤い衣を着ているなど、色合いが華やかです。
・・・が、着色料関係もたくさん使用している様子。
そんなに色をつけなくても充分美味しそうに見えるんじゃないかと思いますが・・・
味の方は仕出料理屋さんらしい感じ。
法事のあとなんかに食べますよね。
特に天ぷらの食感がそんな感じでした。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2015年08月25日 (火) | Edit |
京都駅淡路屋「京都牛膳」です。

神戸老舗駅弁屋「淡路屋」さんの京都駅弁です。
神戸とはまた違う淡路屋駅弁がならんでいるところをみると、本格的に京都に進出してきたんですかね?
前からでしたっけ?

京都牛膳 01

パッケージには夕焼け空を背景に五重塔なだらかな山シルエット
いかにも京都~っていう感じですよね~。
もっとも「奈良牛膳」という名前の駅弁だったら「いかにも奈良っていう感じ」なのかもしれませんが・・・
駅弁名は筆で書いたようなデザイン。
そのほかに「登録商標 黒七味 祇園 原了郭」と書いてあります。
京都の有名な黒七味が入っていて、それをかけて食べるようです。

京都牛膳 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
牛肉は時雨煮かな?
ちょっと生姜の風味があってややピリッとした感じでとっても美味しいです。
ご飯は炊き込みご飯
やや濃い目の味付けで上にのった牛肉とも非常によくあいますね~。
ご飯と牛肉の間には錦糸卵
ここで錦糸卵が入っているところが京都っぽい感じもします。
普通はご飯に直接染みこむタレとあぶらとがっつり牛肉・・・になりがちですもんね。
黒七味をかけるとまた美味しい!
黒七味は山椒と黒ゴマの風味がやや強い、上品な辛さでした。
お漬物には「すぐき漬」
千枚漬芝漬と並ぶ京都を代表するお漬物ですね。
ちなみに「すぐき」というのはカブの一種だそうです。

丼スタイル牛肉系駅弁にもかかわらず、意外なほど上品な美味しさの駅弁でした~。








にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年11月22日 (土) | Edit |
姫路駅まねき食品「豚蒲重」です。

「豚蒲」というのは豚肉の蒲焼のことですね。
蒲焼というと「うなぎ」を思い浮かべますよね。
もちろん「うなぎの蒲焼」が蒲焼の代表格なんですが、串刺しにしてタレをつけて焼いた料理のこと。
語源は魚を丸ごと串に刺して焼いた形が「蒲の穂」に似ていたからとかなんとか(諸説あるようですが)・・・
一般的には魚ですが、豚肉でもいいんですね。

豚蒲重 01

パッケージはがっつり系
エンジをベースに網の上で焼かれている美味しそうな豚肉の写真。
ジュウジュウ聞こえてきそうな写真です。

豚蒲重 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
今回は「お重」スタイルかな?
出汁の効いたご飯(見た目は白ご飯ぽいですが、味がついてます)の上にキンピラゴボウが敷かれ、豚の蒲焼がのっています。
肉厚で大きな豚肉は香ばしいタレの味!
やや硬めではありますが、なかなか美味しいです。
おかずは他に菜の花の胡麻和えポテトサラダしば漬け
とにかく豚肉!っていう感じのお弁当ですね~。
「レンジで温めてさらに美味しくお召し上がりください。」と書いてあるので、電子レンジのある環境で食べるなら、柔らかい豚肉を味わえそうですね。

ちなみにここで使われている豚の蒲焼は「ぶたかば専門店 かばくろ」のもの。
タイアップ?コラボ?ってことなんでしょうか?






にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ