2014年06月29日 (日) | Edit |
約1ヶ月ぶりに「生しらす」を食べました。
我が家では初夏の肴の定番。
5月~6月の旬の肴といえば生しらす、そら豆、桜えび、カツオ・・・このあたりでしょうか。
美味しいもの目白押しです。

生しらす

「しらす」とはウナギ、アユ、イワシ、イカナゴなどの稚魚の総称。
イワシやカタクチイワシの稚魚が一般的のようです。
日本各地でとれるようですが、我が家の近所では相模湾、駿河湾が有名。
江ノ島辺りでは「生しらす」が名物として定着しつつあります。
1月1日~3月10日が禁漁期間とのことですので、結構長い期間食べられるようですね。
とはいえ、「生」が横浜市南部エリアのスーパーで購入できるのはだいたい4月下旬~7月上旬。
この時期のお楽しみです。
残念ながら今年は不漁ぎみのようで、店頭に並ぶ回数も少なめでした。

今回のは駿河湾でとれたもの。
小ネギを刻んで、たっぷりショウガをおろして、美味しい醤油を小皿に注いで準備完了!
軽く冷やした日本酒を酒器に満たして、こちらも準備完了!
(今日のお酒は新潟の「上善如水 純米吟醸」。癖のないスッキリした味わい。)
美味しくいただきました。(*^0^) =3






にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
2013年05月01日 (水) | Edit |
すっかりソラマメの季節です。

酒の肴としてビールにも日本酒にもよくあう初夏のお楽しみです。

鞘から出して湯がく、鞘ごと焼くといった簡単料理が定番ですかね?
あまり手間をかけずささっとできるところがいいんですよね。

でもたまにはひと手間かけて、掻き揚げというのはいかがでしょうか?

ソラマメのかき揚げ

今回はシンプルにソラマメ、ニンジン、タマネギのかき揚げにしてみました(してもらいました)。

シラスや桜海老、小柱なんかと一緒でも美味しいですよね、きっと。

そらまめは高温で調理すると、ちょっとトロっとした舌触りになってほんとうに美味しいんですよね~。

酒の肴にも、ご飯のおかずにも、うどんやそばと一緒にも、いろいろ楽しめますね。(*^0^) =3



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
2013年01月13日 (日) | Edit |
お正月にお雑煮を食べました。

我が家のお雑煮はうちの奥様の故郷の味、京都風です。

僕は横浜の人だし、僕の母は東京の人なので、かつお出汁に醤油とお酒、焼いた角餅と鶏肉・人参・里芋・椎茸などの入った関東風のお雑煮で育ったんですが、京都風もとっても美味しいですよ。

お雑煮(京都風)

京都風のお雑煮は丸餅白みそ仕立て。
お餅は焼かずに入れます。
具はサトイモ金時人参大根
そして最後に削り節を散らしてできあがり。

まったりとクリーミーで、やや甘みを感じさせる白みそがたまりませんよ~。



京都風や関東風だけでなく、北海道から沖縄まで全国のお雑煮を食べてみたいな~と毎年お正月に思います・・・

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村









テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
2012年04月24日 (火) | Edit |
おうちで明太子スパゲッティーを作って食べました。
「スパゲッティ・明太子ソース」といった方がかっこいいかな?

そもそも辛子明太子が好きなんですが、スーパーなどで売っているものはあまり美味しくないものもあるので購入には注意が必要。
そこでいつも利用するのは有名店のいわゆる「切れ子」というやつです。

辛子明太子 福さ屋 切れ子

形が崩れていたり、切れちゃって正規の商品にならないものです。
もちろん味には全く問題ないので、贈答用に使うのでなければ基本的に問題はないもの。
値段が安かったり、たくさん入っていたりしてお買い得なんですよ。
我が家では近くのデパ地下などで「福さ屋」さんの「切れ子」を買うのが定番です。

明太子はお酒の肴になったり熱々のご飯と一緒に食べたりと、いろいろ楽しめすが、我が家では残り半分くらいになったらのお楽しみが「明太子スパゲッティ」です。

明太子スパゲッティ

作り方はとても簡単。
1)明太子を袋から扱き出し、その半分ほどをバターとともにボウルの中へ(残りの半分はあとで使います)。
2)茹でたスパゲッティをボウルに入れ、バター・明太子と和えます。
3)2)をお皿に盛り付け、残り半分の明太子をのせ、お好みで細切りにした大葉(青紫蘇)、きざみのりををかけます。

これがとっても美味しいんですよ。
明太子は加熱すると辛味が弱まるようなので、半分は後乗せにするのがポイント!
明太子の量はいつも適当ですが、たっぷり使ったほうが美味しいですよ。
是非お試しください。





【福岡みやげ】福さ屋 辛子めんたい【115g】

【福岡みやげ】福さ屋 辛子めんたい【115g】
価格:1,260円(税込、送料別)



にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ
2012年02月25日 (土) | Edit |
「永楽のタンメン」を食べました。

これは我が家の定番メニューのひとつ。
月に1回は食卓にのぼります。

「永楽」というのは中華街の老舗製麺所「永楽製麺所」のこと。
ハマっ子にはお馴染みです。
中華街だけでなく、市内のラーメン屋(中華料理屋ではなくて)でも、「永楽製麺所で特注」的な言葉が店内に掲げられていたりするほどなんですよ。

ここの「スープ付き生めん」がとっても美味しいんです。

永楽のタンメン 01

タンメンというのは、豚肉野菜炒めののったトリガラスープの塩ラーメン的なもの。
そもそも老舗製麺所の商品なんで麺は絶品。
中太の平打ち麺?なのかな?
コシがあってのど越しもよくてとっても美味!
スープにもコクがあってもうたまりません。(*^0^) =3

つくり方はとても簡単。
豚肉野菜炒めをつくり、麺を茹で、液体スープをお湯で薄め、丼に盛りつける。
あたりまえですが・・・
(肉野菜炒めはごま油を使うとか、キクラゲを入れるとか、いろいろあるみたいですが、ディテールは皆さんで美味しく工夫してみてくださいね。)

出来上がりはこんな感じ↓。
永楽のタンメン 02

永楽製麺所の商品は中華街の本店(横浜市山下町92-3)の他、横浜そごう、横浜高島屋、上大岡京急百貨店などでも購入できます。
タンメン以外にもいろいろな麺を売っていますよ。

そして永楽製麺所のウェブサイトにて通販もやっているみたいです。
遠方のかたも是非食べてみて下さい。
おススメです!


大きな地図で見る

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ