--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年04月17日 (金) | Edit |
長崎空港長崎空港商事「桜ずし」です。

長崎空港は、長崎県にある大村湾という大きな内海に作られた世界初の海上空港
長崎市ではなく、大村市というところにあります。
長崎市まで約50分、佐世保市まで約70分といったところ。
正直なところあまり便利な空港ではないですね~。
でも長崎空港から佐世保に向かうバスや電車の車窓から眺める大村湾の風景はとても美しく、天気のいい日はほんとうに気持ちがいいものです。

この空弁は、大村市の郷土料理「大村寿司」をベースに作られたお弁当です。
「大村寿司」というのは、今から約500年程前の大村領主、大村純伊が領地を奪回したとき、喜んだ領民たちご飯の上に魚の切り身や野菜のみじん切りなどをのせた押し寿司を作って領主や将兵の食事として出したのが起源とのこと。将兵達はこれを脇差しで5cm角に切って食べたそうです。
そして、大村市の花であるオオムラザクラという国の天然記念物の桜のイメージで再構成した・・・そんな感じでしょうかね?

桜ずし 01

掛紙には桜の花の図柄がピンクと白で表現されています。
容器はサンドイッチでも入っていそうな小ぶりな紙の箱。
箱字体にも桜の図柄が描かれています。

桜ずし 02

中身はまるでチラシ寿司のように色鮮やかな押し寿司です。
酢飯にかまぼこ、かんぴょう、しいたけを混ぜこみ、その上に錦糸玉子が敷詰められています。
なかなか美しい感じでいいですね~。
桜花の塩漬けがちょこんとのせられているのもアクセントになっています。
押し寿司の一角が四角く切り取られており、ショウガが入っています。
四角く切られたようになっているのは脇差で切り分けたという故事?にちなんでいるのでしょうね。
味の方はシンプルなチラシ寿司といったところ。
特別なことはありませんが、華やかで美味しい空弁でした。
ただし、この空弁はもう10年近く前に食べたもの。
今でもあるんでしょうかね~。






にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2014年04月09日 (水) | Edit |
新千歳空港石狩鮨本舗(佐藤水産)「鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり」です。

新千歳空港で買う海鮮系お土産の定番、佐藤水産の空弁?ブランド、石狩鮨本舗。
当ブログでも何度か登場しているおなじみさんです。
地産地消や天然素材にこだわった素敵なお弁当(その他水産加工品)を多数製造販売しています。

今回は「鮭(ルイベ漬)」という、関東人には聞きなれない言葉の入った空弁を買ってみました。

そもそも「ルイベ」とはアイヌの方々の伝統的な食べ方で雪中に冷凍状態で保存した鮭などを火で炙って解凍しながら食べる食べ方のようです。
冷凍状態にすることで保存性をたかめつつ、アニサキスなどの寄生虫を死滅させ、かつ解凍時に水分と脂分が抜けおちることで風味も増すとか・・・
すばらしい!

で、今回の空弁の「鮭(ルイベ漬)」も同様のもののようです。
そもそも佐藤水産の製品に鮭ルイベ漬というのがあるそうでう。
鮭から作った魚醤でつけた鮭が-18℃以下で保存されているそうなんで、まさにルイベですね~。
この空弁の「鮭(ルイベ漬)」もおんなじものなんでしょうね、きっと。

鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり 01

パッケージはほぼ箱型の紙にお弁当名と中身の写真がかかれたシンプルなもの。
シンプルなのでちょっとごっちゃりした見た目なのは、お弁当の中身の色彩が多様だからかな?

鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり 02

蓋をあけると、おかずだけがのった透明のプラスチックトレイが登場。
ご飯におかず味がしみ込んでしまわないよう、コンビに弁当の丼ものなんかで使われるスタイル。
食べる直前にご飯の上にあけるんですよね。
おかずは、メインとなるのが鮭ルイベ漬イクラの醤油漬
この他に、鮭のフレーク昆布とさか生姜です。

鮭(ルイベ漬)といくらの親子丼ぶり 03

ご飯は酢飯
プラスチックトレーのおかずをそ~っとご飯の上に。
鮭ルイベ漬とイクラの朱色、橙色が優しい色合いでとても美味しそう。
味のほうもトロッとした舌触りに柔らかな味わい
漬ながら醤油の味がほどよく馴染んで主張しないのは、同じ鮭から造る魚醤が使われているからでしょうか?

空弁とはいえ、飛行機の中ではちょっと食べにくいかな~という気もしますが、とっても美味しかったです。
(僕は家に持ち帰ってたべましたが・・・)




にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年07月16日 (火) | Edit |
羽田空港日本橋たいめいけん「三代目たいめいけん メンチかつサンド」です。

「日本橋たいめいけん」といえば、東京を代表する老舗の洋食店ですよね~。

ちょっとあこがれているんですが、お値段が高めなので今のところ行ったことがありません。

そんな「たいめいけん」ブランドの空弁が羽田空港にあったので購入してみました。

例によって出張に旅立つ早朝の空港。
予算もボリュームも少なめで・・・ということでハーフサイズです。

メンチかつサンド 01

容器は紙の箱で、江戸っぽい?感じのフォントで「三代目たいめいけん」と書いてあります。
「たいめいけん」は現在三代目が継いでいるんでしょうかね。

メンチかつサンド 02

中身はメンチカツサンドのみ。
なかなか肉厚でしっとりと美味しいサンドウィッチです。
でも僕の好み的にはもっと玉ねぎの歯ごたえと風味のあるタイプのメンチカツのほうがいいな~と思いました。
サンドウィッチの具にするには玉ねぎ少なめで型崩れしにくいほうがいいのかもしれませんね。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村












テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年03月09日 (土) | Edit |
羽田空港とんかつ和幸「ひれかつサンド(ハーフサイズ)」です。

久しぶりの空弁です。
今回は羽田空港のもの。
空弁もすっかり定着してきましたよね。
羽田空港はさすがに販売されている空弁の種類も豊富。
いろいろ目移りしてしまいます。

・・・が!、横浜在住のため羽田空港を使うのは、ほとんどの場合は早朝(帰りは夜遅く・・・)。
朝食として内容的にも予算的にも豪華な空弁は選びにくいもの。

ということで、今回は有名とんかつ屋チェーンのサンドウィッチを選んでみました。

ひれかつサンド 01

パッケージは紙製の箱型。
空弁には多いタイプの形式です。
クリーム色の地にかわいらしいブタさんのイラスト。
ふたを閉じているシールには飛行機の絵が描かれています。
空弁はデザイン的に一般的な駅弁よりも「垢抜けて」いるような気がしますね。

ひれかつサンド

中身はもちろんひれかつサンド。
ビニール袋に封をされた状態で入っているため衛生的にも安心です。
今回購入したのは「ハーフサイズ」のため「4つのサンドウィッチを真ん中でざっくり切った左側だけ」入っているような感じです。
さすがに量は少なめですが、この時はまだ朝の6時台だったため、大盛り好きなpecopecoといえどこの量で十分満足できました。
味の方はシンプルなかつサンドでとっても美味しいです。
ひれかつなので、脂っこくなくて朝食にはちょうどいい感じです。
さすがにとんかつ屋さんの空弁だけのことはありますね。

しかも、この空弁は安いんですよ~。
なんと330円!コンビニのサンドウィッチとあまり変わらない値段設定なのが嬉しいですね。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

「とんかつ和幸」といえば、東京駅の「こだわりのとんかつ弁当」でも書きましたが、昔、新横浜から新幹線に乗るときにいつもこのお店の「ヒレカツ弁当」を買ったものでした。
キャベツの千切りがたっぷりとビニール袋に入った状態でお弁当の中に入っていて、シャキシャキのまんま楽しめる、すばらしいお弁当だったんです。
新横浜駅がすっかり改装されてしまって最近のことはわかりませんが、今も売っているんでしょうかね~。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2009年09月20日 (日) | Edit |
宮崎空港宮崎空港ビル「宮崎ふるさと弁当」です。

宮崎といえばチキン南蛮や宮崎牛のイメージが強いですが、
今回はレトロ系のお弁当を選んでみました。

レトロ系といえば、これまでにも博多駅の「驛舎竹籠辨當」
松山駅の「汽車辨當」などをご紹介しましたが、今回のものは
もっと昔の・・・江戸時代とかそのあたりまで遡ってしまいそうな
感じです。

宮崎ふるさと弁当 01

掛紙には墨で書いたようなデザインで、
「むかしなつかしい おふくろの味」と書かれています。
そしてお釜で炊いたご飯とシャモジ、おにぎりを握る
おばあさんの絵。
おばあさんは和服の上に割烹着を着て、頭にはほっかむりを
しています。
確かに「おふくろ」っていう感じですね~。
また、赤い文字で「鶏そぼろおにぎり」「黒米おにぎり」
「高菜おにぎり」
と書かれており、3種類のおにぎりが
入っていることが分かります。

宮崎ふるさと弁当 02

おにぎりが3つも入っている割には薄っぺらい印象ですが、
竹の皮を開けてびっくり!おにぎりのおかずがギッシリ
ご飯は掛紙に書いてあるとおりの3種類。
「鶏そぼろおにぎり」は鶏飯ではなく、あくまでも「鶏そぼろ」が
混ぜ込まれているおにぎり。
「黒米おにぎり」は古代米なんでしょうか?歯ごたえのあるお米は
やや癖のある味ながらとっても美味しいです。
「高菜おにぎり」は高菜が巻かれたおにぎりです。
そのまんまですね、どれも・・・
おかずはタケノコ、椎茸、つわぶき、ニンジン、ごぼう、ぜんまい、
コンニャクの煮物、煮玉子、大学いも、生姜味噌漬け、大根味噌漬け
です。
味はどれも濃い目にしっかりとつけてあります。

この煮物とおにぎりという取り合わせといい、濃い味付けといい、
竹の皮の入れ物といい、本当にレトロ感一杯です。
歩いて旅をしていた時代に、早立ちをするからと、旅籠に頼んで
作ってもらったような感じですね。
竹の水筒に入れたお水がほしくなっちゃいますよ。

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村

テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。