--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月26日 (木) | Edit |
熊本駅ニシコーフードサービス「九州 うまか赤鶏弁当」です。

熊本といえば加藤清正公熊本城、そして「馬肉」・・・
地鶏のイメージはなかったんですが、よく考えてみれば九州全域で「としめし」「かしわめし」の系統は楽しめるので、熊本にもあるんでしょうね。
ここで使われている「赤鶏」というのは「肥後の赤鶏」のことのようです。
「肥後の赤鶏」というのは熊本地方の自然の中でストレスなく育てられたハーブ地鶏のこと。
本当はもっと細かい基準があるんでしょうけど、シロートに理解できるのはとにかく美味しい地鶏ですってことくらいでしょうか。

九州 うまか赤鶏弁当 01

掛紙には田舎の風景とニワトリが描かれています。
こんな風にそだった地鶏を使っていますというメッセージなんでしょう。
箱は真っ黒で、いたってシンプル。

九州 うまか赤鶏弁当 02

お弁当はご飯の上におかずがのった丼スタイル
九州で鶏系の駅弁とくれば、ご飯はもちろん「とりめし(かしわめし)」
地鶏の出汁で炊き上げたご飯は美味しいですよね~。
メインのおかずは鶏のテリヤキ
錦糸卵がしかれた上にのっています。
いっけんパサついていそうに見える鶏肉ですが、意外なしっとり感柔らかさがあってとっても美味しいです。
大きな塊肉をテリヤキにして切り分けた感じでしょうか?
断面はテリヤキソースの味がついておらずあっさりした味わいになっています。
おかずは他に、シイタケ・ニンジン・レンコンの煮物高菜漬け。
レンコンは辛子レンコンにしてくれたらもっと地域色がでて楽しいんですけどね~。
味付けは煮物も含め全体的にあっさりめ。
とっても美味しかったです!


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年08月17日 (土) | Edit |
博多駅博多駅弁菜加川「彩り弁当 博多づくし」です。

博多駅の中にある駅弁屋さんは、最近では昔に比べてずっと多くの種類の駅弁を売っています。
九州各地のものだけではなく、いわゆる「駅弁マーク」のないものまで様々。

駅弁好きにはたまらない状況で、どれを買うか毎回目移りしてしまいます。

今回は見た目が華やかな「彩り弁当 博多づくし」を購入してみました。

彩り弁当 博多づくし 01

掛紙は赤系の色のグラデーションに梅?の花の模様をあしらったのも。
そこに中身の写真がはっきりと載せられています。

彩り弁当 博多づくし 02

中身は掛紙の写真のとおり、華やかな色合いの幕の内スタイルの駅弁です。
おかずは・・・いろいろ入ってますね~。
レンコン、シイタケ、卵焼き、イカ、五目豆、鯖の野菜巻き、ニンジンやこんにゃくなどの煮物、から揚げなどなど。
種類だけでなく色合いも華やかで楽しいですね~。
ご飯の方も華やかです。
シメジやニンジンの混ぜご飯サツマイモと山菜がのっています。
サツマイモの赤と黄色、山菜の緑。
色合いのバランスもすばらしいですね。

色鮮やかといえば、おかずを小分けにするお弁当内のヒダヒダの容器?も全て異なる色が使われていてとてもカラフル
こんなちょっとした工夫も嬉しいですね。

どのあたりが博多らしいのかは、僕にはいまひとつよく分からないんですが、味付けはあっさり目でとっても美味しかったですよ~。


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年06月12日 (水) | Edit |
宮崎駅宮崎駅弁当(いなだ)「豚丼」です。

宮崎といえば、農業が盛んな地域。
鶏肉、牛肉、豚肉などはいずれも日本有数の生産量を誇っているそうです。
でもいまいち知られていないですよね。
美味しいものをたくさん作っているのに、それを上手に食べさせる方法が発達していない・・・
そんな感じの印象でしょうか。

今回宮崎駅で購入したのは豚肉のお弁当。

豚丼 01

掛紙は黒地に赤の文字で「豚丼」、そして内容物の写真。
さらに、ちょっとびみょ~な絵柄で豚さんが描かれています。
「ブったまげた旨さ!」とも書いてありますねぇ・・・
なんだか懐かしい「駄菓子」のような雰囲気のデザインですね~。
ただ、「宮崎県産 完熟豚ロース使用」との文字も。
これはなんだか美味しそうな響き・・・

容器はコンビ弁当的なプラスチックのもの。
掛紙といい、容器といい、若干やつっけなような・・・

豚丼 02

お弁当はその名のとおり、ご飯の上におかずがのった「丼スタイル」
メインのおかずはもちろん「豚肉」。
完熟っていうのはどういう意味なんでしょうかね~。
東京駅の「こだわりのとんかつ弁当」のときの「熟成チルドポーク」とおんなじような感じなんでしょうか?
このときは熟成に適した低温で冷蔵しながら輸送中に熟成した豚肉っていうことでしたが・・・

このお肉が思ったよりも肉厚で、しかも冷めているのに比較的柔らかく、なかなかの美味しさ
タレは塩ダレ
やや濃い目の味つけがご飯に本当によく合うんです。
となると、当然、「求む!ご飯大盛り!」ですよね~。

おかずは他に赤ピーマン(さすがは宮崎!)やかぼちゃなど。

掛紙や容器の印象とは異なり、とっても美味しい駅弁でした!
(もっともっとガッツリ行きたかったな~)


にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年04月16日 (火) | Edit |
熊本駅ニシコー「くまんどん おてもやん弁当」です。

有名ゆるキャラ「くまもん」で一躍注目を浴びている熊本ですが、この街には昔から「おてもやん」という有名キャラがいます。

民謡に歌われるキャラクターのようで、名前はおそらく「ても」
「お-ても-やん」というのは東京(江戸?)でいえば「お-ても-さん」という意味でしょうね。

その民謡はこんな感じ↓

おてもやん あんたこの頃嫁入りしたではないかいな
嫁入りしたこつぁしたばってん
ご亭どんが ぐじゃっぺだるけん まあだ杯はせんだった
村役 鳶役 肝煎りどん あん人たちのおらすけんで
あとはどうなときゃあなろたい
川端町っつあん きゃあめぐろ 春日ぼうぶらどんたちゃ
尻ひっぴゃあて 花盛り 花盛り ピーチクパーチク雲雀の子 
げんぱく茄子のいがいがどん


正直いって意味はさっぱりわかりませんが、なんだか陽気なメロディーなんですよね。

福島県の「小原庄助さん」と似たような位置づけでしょうか?
こちらも郡山駅に駅弁ありましたし・・・


今回の駅弁は、そんな元祖熊本の名物キャラ「おてもやん」の名前を冠したお弁当です。

くまんどん おてもやん弁当 01

パッケージの箱にはほっぺの赤い素朴な町娘的なイラストが描かれています。
これが当然「おてもやん」なんでしょうね。
「嫁入りした」っていっているので「町娘」っていう表現は変ですかね?

くまんどん おてもやん弁当 02

中身はいろいろなおかずが入っている幕の内スタイル。
まず目立つのは、ご飯の上にドンっとのったお魚。
これは鮎の甘露煮
頭からかぶりつけてなかなか美味しいです。
熊本県内には鮎料理が名物の地域があるらしいですね。
ほかにもカラシレンコン馬肉のコロッケなど熊本の地域色のあるおかずから、天ぷらや野菜の煮物などいろいろ入っています。
ご飯は九州らしくかしわ飯。
九州の駅弁では定番ですよね。
味のしみたご飯がとっても美味!

いろいろ入っていて楽しく美味しい駅弁でした~。

(*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3 (*^0^) =3

ところで「おてもやん」というと、熊本では学校でこの唄にあわせて踊ったりもするらしいですね。
学生の頃の後輩で、熊本市出身の女の子がそういっていました。
僕の中ではこの女の子がなんとなく「おてもやん」イメージなんですが・・・
もちろん本人には言えませんが σ(^_^;)

・・・で、「くまんどん」はどういう意味なんでしょうか? 「熊本人」?















にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ
2013年02月24日 (日) | Edit |
熊本駅ニシコー「鰻せいろ蒸し」です。

ニシコーの「~蒸し」といえば、熊本駅で温かまま販売されている駅弁。
前回(数年前ですが・・・)は「穴子せいろ蒸し」を購入したんですが、なんと掛紙なしというちょっとビックリした駅弁でした(詳しくは、穴子せいろ蒸し -熊本駅- で!)。

今回はやっぱり「鰻」のほうを選択。

鰻せいろ蒸し 01

念願の?掛紙は木版画調のデザインで「味一番 うなぎのセイロむし」と書いてあります。
「むし」の「し」がうなぎの図柄になっていますね~。
容器は木製のいわゆる「わっぱせいろ」というんでしょうか。
容器の上(掛紙の下)からラップにくるんだ状態になっているので、しっとり感はきっちりとキープされています。

鰻せいろ蒸し 02

お弁当は、ご飯の上におかずがのった丼スタイル
メインのおかずはもちろん「うなぎ」
甘辛いタレにつけた蒲焼的なうなぎが錦糸玉子が敷かれたごはんの上に乗っています。
おかずは他にゴボウとお漬物。
シンプルですね。
まあ、「うな丼」の一種でしょう。
温かいまま売っているので、鰻も柔らかくて美味しいですよ(僕が食べ始めた時にはちょっと冷めかかっていましたが、充分に美味しかったです)。
ご飯にはたっぷりとタレが染みていて、こちらもとっても美味ですよ。

買ってから温めるのではなく、温かいまま売られている駅弁というのは珍しいですよね。
もちろん温かいまま食べるためには買ってすぐに食べなければなりませんが、「穴子せいろ蒸し」とともにおススメの駅弁です!

にほんブログ村 グルメブログ 駅弁・空弁・速弁へ
にほんブログ村



テーマ:駅弁
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。